エレクトリック

electric, electrical, electronicの違い

どれも電気(electricity)に関連する言葉ですが、微妙に細かい違いがあったりなかったりして少しややこしいです。

基本的には上の3つの言葉でいえば「electric」「electrical」は同じような意味で、残りの「electronic」だけ少し意味が異なります。

しかしながら上の3つの言葉の使い分けは、科学分野を専門にしている人は別としても、普通のネイティブスピーカーであっても、すごく漠然としています。あまり厳密に使い分けていないゆるいものです。

今回も例文を交えながらご紹介していきます。

発音

微妙に発音もややこしいので音声ファイルをおいておきます。

electric【iléktrik】(エレクトリック)

electrical【iléktrikl】(エレクトリカル)

electronic【ilèktrɑ́nik】(エレクトロニック)

多くの辞書にはカタカナで書くと「イレクトリック」で最初に掲載がありますが「ɛlɛk-(エレク)」でも掲載があるので「エレクトリック」が間違いではありません。どちらでも大丈夫です。

electricとelectricalの違い

electric(エレクトリック)とelectrical(エレクトリカル)の境界はあってないようなもので、電気に関するもの全般に使うことができます。辞書でも同じ項目に転送されていたりするので、ほぼ同じ意味になります。

electricは電気で動く、電動のといった意味です。electricalは電気に関連するもの全般に使えるので幅としては広い感じもありますが非常にあいまいです。

I bought an electric(electrical) fan for my bedroom.
電気式の扇風機を寝室に買った。

I use an electric(electrical) stove to cook.
電気コンロを調理に使う。

上のようなケースではどちらを使っても同じで、誰もこの差があるのかあまり意識していません。スティーブにどちらかのみが使えて置き換えが不可能なケースがあるのかと確認してみましたが、ぱっとそういうケースが思い浮かばないそうです。この意味でもどちらを使ってもOKです。

しかし、科学の専門用語などで「electric field(電界、電場)」といった言葉がありますが、このような専門用語において「electrical field」と呼び変えることが可能かどうかは不明です。

たとえば「電気信号」を意味する言葉に対して現代アメリカ英語のコーパス(データベースのようなもの)をカールが調べてくれましたが、65%の割合でElectrical signalが使われていました。

Electric signal(10%)
Electrical signal(65%)
Electronic signal(25%)

Electrical signalが最も多いけど、他の言葉も使われています。日常英会話を越えて専門性の高い学術的な領域における言葉の定義や入れ替えについては別途ご確認ください。

electronicとelectricの違い

electronic(エレクトロニック)は「電子の、電子的な」といった意味でコンピューターのようなパーツを使っているもの、コンピューター関係(ネット、バーチャルリアリティ)の用語として使います。

I have an electronic compass.
電子コンパスを持っている。

基本的には複雑な電子パーツ、プログラムや人工知能のようなものが入っているものに使うのであって、電動歯ブラシや扇風機みたいなものには使いません。

This is an electric toothbrush.

This is an electrical toothbrush.

× This is an electronic toothbrush.

電動歯ブラシは「electric(electrical) toothbrush」と呼ぶことはできます。実際に電気で動いてぶるぶるとした振動で歯を磨いてくれます。

electronic toothbrushになるともっと複雑な仕組みで、例えば歯を磨くと虫歯の予兆を察知してお知らせしてくれたり、口臭のレベルを判定して警告してくれたりと、そういったものを「電子歯ブラシ」と呼ぶことは可能です。実際にあるのかどうかは知りません。

しかし「電子辞書」のようにどの言葉をとっても使えるケースもあります。このあたりの判定も個人によってわかれる曖昧なものです。

This is an electronic dictionary.

This is an electrical dictionary.

This is an electric dictionary.

electronics(電子機器)

electronicsのように複数形の名詞で「電子機器」として用いられることも多いです。

He uses many electronic gadgets like smartphones and VR headsets.
= He uses many electronics like smartphones and VR headsets.
彼はスマホやVRヘッドセットなど多くの電子機器を使う。

中国人が爆買いで買っていたようなものを指しますが、では炊飯器は電子機器なのかなどラインは特にありません。パソコンを電子機器と考えるか電気製品と考えるかなど日本語でも曖昧なように、どこまでという明確なラインはありませんが、いちおうelectronicな商品全般を指しています。

e-〇〇の話

e-mail、e-books、e-commerceなどに代表される言葉はelectronicの略です。

I use an e-banking account.
=I use an electronic banking account.
電子銀行(Eバンク)の口座を持っている。

最近、e-cigarettes(電子たばこ)などの言葉がありますが、あれはどちらかといえばelectric cigarettes(電気たばこ)のほうが正しい使い方です。

しかしelectronic cigarettes(e-cigarettes)としているのは、e-bookなどが現代風の名前になっているので、それを連想させる形でモダンな感じのする「電子たばこ」となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  2. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  5. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ

関連記事

  1. goledn

    英単語の意味と使い方

    gold(ゴールド)とgolden(ゴールデン)の違い

    英単語のgoldとgoldenの違いについてネイティブの意見と例文を交…

  2. buyとpurchase

    英単語の意味と使い方

    buyとpurchaseの違い

    buyもpurchaseも共に「買う」を表現する基本的な英単語です。…

  3. 性別不明

    英文法とライティング

    性別不明の場合の三人称は何を選ぶ?

    ニュースに限りませんが、相手の性別がわからない状態で、三人称で表現する…

  4. クレーム

    和製英語とカタカナ英語

    クレーム(苦情・不満を言う)とclaimの関係

    英語に興味を持つと日本語の「苦情を言う」に相当する「クレーム(clai…

  5. whereas

    英文法とライティング

    whereasとbutの違い

    接続詞の「whereas」は「~の一方で、~に対して、しかし」といった…

  6. alike

    英単語の意味と使い方

    alike / similar / sameの違い

    簡単なように見えて聞きなれない感じもする「alike」がニュースに登場…

おすすめ記事

  1. ハック
  2. lay-lie
  3. adjective(形容詞)
  4. ツイッター
  5. ifと仮定法
  6. カタカナ
  7. ファックについて
  8. manager
  9. hatena
  10. ミッションインポッシブル

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. out-of
  2. 日焼け
  3. made-of-made-from
  4. cool(クール)
  5. vary
  6. as if / as though
  7. コーナー
  8. grind
  9. wipe
  10. practical
  1. ハンバーグ

    アメリカ

    英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  2. デコピン

    スラング

    海外のデコピン事情とパンチバギー
  3. 仮予約

    日本語から英語へ

    仮予約を英語でどう言うか?(言う必要はあるのか?)
  4. bound

    英単語の意味と使い方

    bound for / 〇〇-boundの使い方
  5. マーティン・シャリ

    英語圏のカルチャー

    2015年、ネット上で最も嫌われた人達
PAGE TOP