タバコ(tobacco)とシガレット(cigarette)の違い

タバコ(tobacco)とシガレット(cigarette)の違い

タバコ(tobacco)とは英語では植物のことであり、葉っぱを指して使われます。その葉っぱを使って紙で巻いたものがコンビニで売っているシガレット(cigarette)となります。

日本ではほぼ「たばこ/タバコ」の名称が使われており、あまり「シガレット」を使う機会がありませんが、英語では区別されています。ほかにもタバコの葉を使った製品には葉巻・シガー(cigar)があります。

cigarは昔はお祝いや褒美に使われたこともありイディオムとして名残が見られます。ここで煙草に関係する表現をまとめています。

タバコ(tobacco)とシガレット(cigarette)の違い

タバコ(tobacco)とシガレット(cigarette)の違い

言葉の定義・本来の意味としてはタバコ・煙草(tobacco)とは原料となるタバコの葉っぱ、植物を指します。

そのタバコの葉っぱを紙でくるくると巻いた製品「紙巻きたばこ」を英語ではシガレット(cigarette)と呼びます。コンビニなどで販売されているメビウスやマルボロなどのことです。

例文

This cigarette uses high quality tobacco.

このシガレットは高品質なタバコの葉を使っている。

お金持ちやマフィアなどが吸っている葉巻(cigar)は、タバコの葉を使っていますが紙巻たばこ・シガレット(cigarette)ではありません。

したがって英語では以下の例文のように言葉を使います。

例文

I bought some cigarettes from a tobacco shop.

シガレットをタバコショップで買った。

例文

I bought some cigarettes from a cigarette shop.

シガレットをシガレットショップで買った。

例文

Give me a cigarette.

シガレットをください。

上の表現はともに問題ありません。ただ日本語的な感覚での以下の表現は、意味するのは葉っぱのことになります。

例文

I bought some tobacco from a shop.

タバコの葉をお店から買った。

例文

Give me some tobacco.

タバコ(タバコの葉)をください。

ロンドンに留学していた知人は現地はシガレットが高いので、自分で葉っぱ(たばこ)を買って自分で巻いて節約していました。

smoke(カナダ)

たとえばカナダではタバコのことをsmokeといったりするそうです。

例文

Give me a smoke.

タバコをください。

例文

I bought some smokes.

タバコを買った。

日本人はあまりシガレットとたばこを区別しませんが、英語の定義では原則的にはたばことは葉っぱを指します。

しかし、英会話でシガレットをたばこといっても意味は伝わるだろうし、世界的にどこまで区別されているのかは不明です。

産業などを指す場合にはTobaccoがより一般的な表現です。

例文

◎ Tobacco companies cannot advertise at sporting events.

〇 Cigarette companies cannot advertise at sporting events.

たばこ会社はスポーツイベントで宣伝ができない。

他にもlightに「たばこに火をつける」といった意味があったり、take a dragで「たばこを1くち吸う」の意味になります。

cigar(シガー)の意味と使い方

cigar(シガー)の意味と使い方

tobacco(植物)を使っているけれどcigarette(シガレット)ではないものの代表としてはcigar(シガー/葉巻)があります。

cigarはマフィアなどが吸っている感じの葉巻です。キューバなどが産地としても有名です。

例文

Cuban cigars are banned in the USA.

キューバ産の葉巻はアメリカでは禁じられている。

例文

His boss handed him a cigar to congratulate him.

彼のボスは彼を祝うために葉巻をあげた。

(close but) no cigar

上の例文のようにかつては葉巻・シガーは高かったので、昇進や子供の誕生のお祝いのギフトや賞品として使われていました。

この葉巻をあげる習慣はもう廃れていますが、表現に残っています。

「近い、おしいけれど、葉巻ではない」みたいな感じです。

例文

A:What is the capital of Canada?

カナダの首都は?

B:Toronto?

トロント?

A:Close but no cigar. It’s Ottawa.

おしいけれど間違い。オタワです。

例文

A:How did you do in the lottery?

ロトはどうだった?

B:Close but no cigar. I got five out of six numbers.

おしいけど違う。6個中5つが正解だった。

ほかにもtobacco(植物)を使った製品や楽しみ方にはシャーロックホームズが吸っているようなパイプやキセル、水タバコや嗅ぎタバコなども存在しています。

電子たばこを英語でどういうか?

電子たばこを英語でどういうか?

海外ではベース液に香料をまぜた「フレーバーリキッド」に電気で熱を加えて、その蒸気を吸うベイプ(vape)、ベイプペン(vape pen)とよばれる電子たばこが人気です。

これらは比較的、新しい言葉です。以前はこういった機器は「e-cigarettes(電子たばこ)」とも呼ばれていました。

この言葉の元になっているのが「vapor」で、物理の用語で蒸気を意味します。

例文

The doctor recommended a medicated vapor for my cold.

医者は風邪に医療用の蒸気を薦めた。

例文

There was a cloud of vapor after the machine exploded.

機械が爆発した後に蒸気の雲ができた。

厳密には液体の蒸気を吸うベイプ(vape)と「iQOS」のような加熱式たばこは区別されるものだと思います。

ニオイ、煙量を抑えたiQOSに比べて、VAPEは「爆煙(ばくえん)」を売りにするほど煙(蒸気)の量が多く、また「フレーバーリキッド」はフルーツやスイーツといった甘い香りのするものが人気で、見た目、ニオイともにタバコ以上に目立ちます。

このあたり電子たばこをどう呼ぶか? については名称がまだ定まっていない感じがあります。また電子たばこではなく電気たばこではないのかといった指摘も英語としてあるので以下のelectricのページをご覧ください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護者

    日本語から英語へ

    「保護者」を英語でどういうか?

    英語で子供などの「保護者」を意味する言葉にはguardianやcare…

  2. fly

    英単語の意味と使い方

    flyの過去形と過去分詞は?

    「飛ぶ」の意味で知られる基本単語のflyですが、想像はつくけど意外な意…

  3. tollの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    tollの意味と使い方

    tollは道路などの「通行料金」の意味で使われるほかにニュースでは「負…

  4. parlor(パーラー)

    英単語の意味と使い方

    英語でパーラー(parlor)の意味は?

    アメリカ英語ではparlor、イギリスではparlourと書かれ、カタ…

  5. produce(プロデュース)とproducer(プロデューサー)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    produce(プロデュース)とproducer(プロデューサー)の意味と使い方

    produce(プロデュース)の意味を考える場合には、音楽業界と映画業…

  6. answer-to

    イディオム・熟語・慣用句

    answer toの使い方

    辞書で調べても掲載がなく、調べてみるとけっこう奥深い表現で「answe…

おすすめ記事

  1. select
  2. ハンバーグ
  3. ifと仮定法
  4. 倍
  5. 眼鏡




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP