transform

transformの意味と使い方、changeとの違い

transformは動詞で「変わる、変える」ですがchangeとの比較でいえば「劇的に変わる、すっかり変わる」のように程度の差が大きいニュアンスが出ます。

したがって多くの場合にchangeと置き換えても、程度の差を無視すれば成立するケースがほとんどだといえます。

名詞で使った場合やいくつか意味が完全に変わってしまう表現もあるのであわせてご紹介しています。

transformとchange

transformは大きな変化を作ること、「一変させる、すっかり変える」を意味します。

change(変化させる、変える)と同じ意味ですが変化の程度に差があるので例文で確認してください。すべて可能な表現ですがそれぞれニュアンスが少し異なります。

The house is completely changed!
The house is completely transformed!
その家は完全に変えられた!

どちらも似た意味ですがchangeはあらゆる変化、ちょっとした変化も含むのに対して、transformはより強い表現になります。おそらくすっかり変わってしまった様子を表します。

In the play, she changes into a swan.
In the play, she transforms into a swan.
その劇の中で、彼女は白鳥に変わる。

何かに変わる場合にはintoがよく使われます。この例文もtransformはおそらくより強い表現になります。しかし話し手の主観でもあるので、どこからtransformが使えるといった境界線はありません。

She changed her hairstyle.
She transformed her hairstyle.
彼女は髪型を変えた/一変した。

これもtransformはとても大きな変化を指し、印象がガラリと変わるような髪型の変化を感じさせます。例えばロングヘアーをばっさり切ったり、坊主頭になったり劇的な変化を表します。

He changed into a nice man.
He transformed into a nice man.
彼は素敵な男性に変わった。

changeは単により素敵になったことを意味しますが、transformは大きな変化であり、おそらく以前の彼はとても意地悪な人だったんだろうといったニュアンスを含みます。

このようにニュアンスの差、程度の差を無視してしまえば、どちらも間違った文章にはならず置き換えが可能な言葉だといえます。

服を変える場合

外見や性格など、とにかく何かを変える場合、transformはchangeの意味で使うことができますが、服を着替える場合には置き換えることができません。

○ I changed my shirt.
シャツを変えた/着替えた。

× I transformed my shirt.

服に対してchangeを使うと普通は「着替える」の意味で受け止められ、この場合はtransformを使えません。

しかし、めったにない意味での解釈にはなりますが、シャツの色を変えたりポケットを付け加えたりなどの意味での「劇的に変える」であればtransformを用いることも可能です。

△ I changed my shirt.
○ I transformed my shirt.
シャツを変えた/変化させた。

transformation

名詞のtransformationも動詞のイメージそのままで「大きな変化」を表します。

The business’ transformation was complete.
ビジネスの変化・変革が完了した。

His transformation from an actor to a director happened in his old age.
彼の役者から監督への変身は彼が歳をとった時にあった。

A caterpillar uses a cocoon for its transformation into a butterfly.
いも虫は繭を蝶になる変化の時に使う。

言葉としては漠然としている部分もあり「大きな変化」ぐらいの意味しかありません。蝶になるような生物学的な変化・変態は「metamorphosis」という専門の言葉があります。

A caterpillar uses a cocoon for its metamorphosis into a butterfly.
いも虫は繭を蝶になる変態の時に使う。

フランツ・カフカの有名な小説『変身』の英語版タイトルは『The Metamorphosis』です。

alter, modify, varyとの違い

英語には「〇〇を変える」や「〇〇が変わる」といった表現が多いので以下の記事に個別にまとめています。changeはカタカナになっているように非常に一般的なので、changeと比較してみることで個々の言葉の意味が明確になります。

alterは「部分的に変える」の意味があり、modifyは「改善する」のように良い変化を表す言葉です。

varyは「異なる」といった意味で多様性を表す際などに使うことができます。

場合によっては「~になる」も変わると考えることができます。地位に就くことや怒ったりすること、魔法でお姫様へ変身することなどもそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 倍(2倍、3倍~)の英語表現
  2. fuck(fucking)の意味と使い方
  3. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  4. 「should you choose to accept it」とifの省略
  5. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ

関連記事

  1. mansplaining(マンスプレイニング)

    スラング

    mansplaining(マンスプレイニング)の意味と使い方

    mansplaining(マンスプレイニング)は近年になって登場した新…

  2. スマート

    和製英語とカタカナ英語

    smart(スマート)の英語の意味を考える

    カタカナ独自の意味で使われている言葉の1つに「smart(スマート)」…

  3. ignore

    英単語の意味と使い方

    「無視する」のignoreとdisregardの違い

    ignoreとdisregardはともに「無視をする」といった意味にな…

  4. adopt

    英単語の意味と使い方

    adopt / adapt / adeptの違い

    基本的にぜんぜん違う言葉ですが、1字違いで似ているのでややこしい単語だ…

  5. free

    英単語の意味と使い方

    freeとfreelyの違い

    freeとfreelyの違いについてニュースに登場したので取り上げてみ…

  6. risk

    英単語の意味と使い方

    risk(リスク)の動詞での使い方

    riskはカタカナの「リスク」とほぼ同じで危険性や恐れといった意味にな…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. 影響を与える
  2. ハンバーグ
  3. hatena
  4. ジブリ
  5. カタカナ
  6. manager
  7. お客さん
  8. 仕事
  9. yera-old
  10. ゆるキャラ

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. used-to

    イディオム・熟語・慣用句

    「used to」と「be used to」の意味の違いと使い方
  2. ハーフ

    文化と体験

    外国人のhalf(ハーフ)について
  3. drink-drunk

    英文法とライティング

    drinkの過去形と過去分詞は何か?
  4. 会う

    日本語から英語へ

    「偶然に」「たまたま~する」を英語でどう表現するか?
  5. パックとパッケージ

    英単語の意味と使い方

    pack / packet / package / packaging / pa…
PAGE TOP