trademark(トレードマーク・商標)の意味と使い方

trademark(トレードマーク・商標)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2022.07.30

英語のニュースでtrademark(トレードマーク)といえば、意匠や名前などを登録した「商標」の意味で用いられることが多いです。ただし、カタカナ的なその人の特徴になっているようなトレードマークの使い方も英語でも可能です。ここではtrademarkという単語を整理して例文にまとめてあります。

trademark(トレードマーク)の意味と使い方

trademark(トレードマーク)の意味と使い方

trademark(トレードマーク)は「商標」のことで、勝手に使われないように登録したデザイン、文字列などを指します。

アメリカでは商標登録されているものは「TM」のマーク、日本では「R」の記号で表記されています。

例文

Disney claimed that the cartoon was a violation of its trademark.

ディズニーはその漫画は商標の侵害だと主張した。

例文

The person who made the video game never trademarked it, so many people copied it.

そのビデオゲームを作った人は一度も商標登録をしなかった。だから多くの人がコピーした。

トレードマーク

カタカナ的な「トレードマーク」の使い方もできます。その人や団体を象徴するようなものです。

例文

Wearing bright yellow ties is his trademark.

明るい黄色のネクタイをつけるのが彼のトレードマークだ。

例文

The comedian went on stage and did one of his trademark pratfalls.

コメディアンはステージにあがり、彼の持ちネタのしりもちをついた。

吉本新喜劇的なものをイメージすればわかりやすいかもしれません。ここは「持ちネタ」と訳してみます。

trademarked(商標登録されている)

trademarkedが形容詞で、商標登録されているものを指す言葉です。

例文

The designer was accused of copying a trademarked logo.

そのデザイナーは商標登録されたロゴをまねたとして訴えられた。

例文

The phrase is trademarked, because it’s a company’s slogan.

そのフレーズは会社のスローガンなので商標登録されている。

file for a trademark

商標登録を申請するために書類を提出することです。これは「file for」の形でさまざまな役所の手続きに使われるので、必ずしも「trademark」にだけ使われているわけではありません。

例文

The company filed for a trademark but was refused.

その会社は商標登録を申請したが、拒否された。

例文

He never filed for a trademark for his symbol, because he wants everyone to use it freely.

彼は皆に自由に使って欲しいので、これまで彼のシンボルの商標登録を申請したことがなかった。

アップルが「PPAP」に対して商標の取り消しに失敗

ちょっとしたニュースになっていたのでご紹介しておきます。ピコ太郎の「PPAP / ペンパイナッポーアッポーペン」に対しアップル社が商標の取り下げを申請した件です。

ニュース

Apple loses PPAP trademark dispute

America’s Apple sought to revoke the trademark of Pico Taro’s PPAP or Pen Pinapple Apple Pen, but was shot down. Apple had claimed that the song causes confusion with their similar trademarks of “Apple,” “Apple Pay,” and “Apple Pencil,” which could disrupt their ability to do business. It seems that it was judged that the average consumer associates PPAP and Pen Pineapple Apple Pen with Pico Taro, and it would be hard for them to misunderstand Apple’s relationship with it.

米アップル社は、ピコ太郎の「PPAP / ペンパイナッポーアッポーペン」の商標取り消しを求めていたが、アップルの訴えは棄却された。アップルはこの曲はすでに権利を持つ「Apple」「Apple Pay」「Apple Pencil」という類似性のある商標との混同を引き起こし、業務に混乱を招く可能性があると主張していた。一般消費者にとって「PPAP / ペンパイナッポーアッポーペン」はピコ太郎を連想し、米アップル社と関係があると誤認することは難しいと判断されたようだ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. shithole
  2. all-you-can-eat
  3. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  4. America(アメリカ)とUSAの違い
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

最近の記事

  1. electとselectの意味の違い
  2. call out / call inの意味と使い方
  3. cancel(キャンセル) / cancellation / cancelledの意味と使い方
  4. 教育を意味するeducateとeducationの使い方
  5. surcharge(サーチャージ・追加料金)の意味と使い方
  6. startup(スタートアップ)とstart upの意味と使い方
  7. roam(歩き回る、散策する、うろつく)の意味と使い方
  8. sink(沈む・沈める)の意味と使い方
PAGE TOP