phrase / sentence / words / termの違い

センテンス

文章などの関連する用語でそれぞれ似たような言葉ですが、ちょっと意味も違うので例文を交えて掘り下げてみます。

中にはほぼおなじ意味のものがありますが、文脈によっては適切なものがあります。

Sentence(センテンス)

大文字で始まる先頭からピリオドで終わるまでが1つのセンテンスです。センテンスは主に教育などに関連する状況や、何かの文章、スピーチなどに言及する場合によく用いられます。

Could you repeat that last sentence?
(最後のセンテンスをもう一度繰り返してくれませんか?)

There was a mistake in the second sentence.
(第二センテンスに間違いがあった。)

他にも裁判における「判決」「判決をくだす」などの意味も存在しています。以前にベッキーさんの「センテンススプリング」問題を無駄に掘り下げた記事があります。

Phrase(フレーズ)

カタカナでも広く知られた言葉ですが、フレーズはより日常的な状況、場面で使われる傾向があります。

また必ずしも大文字で始まりピリオドで終わる文章である必要はありませんが、1単語以上のものに対して使われます。

He likes phrases such as “just do it” and “think different.”
(彼は「just do it」や「think different.」のようなフレーズが好きだ。)

上はそれぞれNikeとAppleのキャッチコピーです。これに関しても復習用サイトで掘り下げたものがあります。

The English phrases “so as to” and “in order to” have the same meaning.
(英語のフレーズの「so as to」と「in order to」は同じ意味だ。)

This book has many useful phrases like, “Where can I find the bathroom?”
(この本は多くの使えるフレーズがある。「どこでトイレみつけられますか?」のように。)

Term(ターム)

タームはたいてい単一の言葉か、いくつかの言葉の組み合わせになります。日本語では「用語」といった感じで訳されるケースが多いです。

“Handicapped” is considered an outdated term by some people.
(「ハンディキャップド」は何人かの人々には時代遅れな用語だとみなされている。)

The doctor used a lot of medical terms that I couldn’t understand.
(その医者は私が理解できない多くの医療用語を使った。)

“Down Under” is a term sometimes used for Australia.
(「Down Under」はときどき、オーストラリアに対して使われる用語だ。)

実際にオーストラリアのことをDown Underと呼ぶそうです。もともと地図でオーストラリアは下側にあるからです。

1980年代にオーストラリアのバンド「メン・アット・ワーク」が『Down Under』という曲を出しアメリカで大ヒットしたことで広まりました。

この曲もあって1980年代ぐらいにアメリカでちょっとしたオーストラリアブームのようなものが起こっています。飄々とした声と自分達の国を「ずっと下の方」と表現するユーモアがウケたようです。

Words(ワーズ)

Wordsと表記されると、それは何か知性的で重要な発言であることが多いです。たまに書き言葉、文章に対しても使われます。

「言葉」でもいいと思います。日本では「格言、名言、贈る言葉、伝えたいこと」あたりも雰囲気が近いですね。

I will never forget my father’s words when I graduated college.
(大学を卒業したときの、父親の言葉を私は忘れないないだろう。)

The president’s words didn’t match his actions.
(大統領の言葉は彼の行動と合っていなかった。)

I have a few words to say about the bride, if you don’t mind.
(もしよろしれば、花嫁にいくつかの言葉があります。)

最後の例文などはスピーチの冒頭をイメージしてもらえればわかりやすいかもしれません。

wordには多くの意味があるので、ワーディング(wording)などの使い方もふくめてまとめた記事があります。

line

lineにも映画のセリフや文章などの一節をさして使うことができます。特に日本語でいう名言や有名な映画のセリフを指して使う場合はlineがベストではないかと感じるときがあります。

多くの意味があるlineですが以下の記事に文章、言葉としてのlineをまとめています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. nevertheless

    英単語の意味と使い方

    nevertheless(nonetheless)の意味と使い方について

    neverthelessは「にもかかわらず」の意味でよく知られています…

  2. ユニーク

    カタカナビジネス英語

    unique(ユニーク)とuniquelyの意味と使い方

    カタカナでもおなじみの「unique (ユニーク)」ですが、英語では大…

  3. サービス

    カタカナビジネス英語

    service(サービス)の英語での意味と使い方

    英語で「service(サービス)」といった場合には動詞と名詞での使い…

  4. on / along the way

    イディオム・熟語・慣用句

    on the way / along the wayの違い

    on the wayとalong the wayはどちらも「~の途中で…

  5. giant(ジャイアント)とgiganticの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    giant(ジャイアント)とgiganticの意味と使い方

    giant(ジャイアント)は名詞で「巨人」の意味ですがニュース報道では…

  6. fame

    英単語の意味と使い方

    fameの意味、famedとfamousの違い

    fameは名詞で「名声・有名なこと」を意味する単語です。動詞ではないの…

おすすめ記事

  1. 匂い
  2. 英語の先生
  3. 外国人
  4. ツイッター
  5. fix / repair / mend




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. lead(リード)の意味と使い方
  2. payの意味と使い方(例文付き)
  3. unknownの意味と使い方
  4. conspiracy(陰謀)の意味と使い方
  5. convert(コンバート)の意味と使い方
  6. contract(契約・医療・小さくなる)の意味と使い方
  7. hint(ヒント)の意味と使い方
  8. 「転売する」「転売屋」を英語でどういうか?




PAGE TOP