future(未来・フューチャー)の意味と使い方

future(未来・フューチャー)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.12.2

すでにカタカナになっていますがfutureは「未来、フューチャー」のことです。もう少し意味を広くとって「先行き、将来(性)」といった使い方もできます。

また英語では形容詞で使うこともでき「将来起こりそうな、未来の」の意味となります。ここでは「in the future」の使い方も含めてまとめています。

よく間違えられるフィーチャー(feature)については『フィーチャリング(featuring)とフィーチャー(feature)の意味と使い方』にまとめてあるのでご覧ください。

未来、将来

未来、将来

名詞では「未来、将来」です。いつの未来といった指定がないので、今より後ならすべてを含みます。

例文

They traveled 15 years into the future.

彼らは15年後の未来を旅した。

例文

She says she can see the future.

彼女は未来を見ることができると言っている。

例文

We need to look to the future to find answers.

私たちは答えを見つけるために未来に目を向ける必要がある。

「機能」や「呼び物にする、扱う」といった意味の「feature」とよく混同される言葉です。

先行き、将来(性)

何かが未来に存在する、もしくは成功するであろうチャンスのことで「先行き、将来(性)」の意味もあります。こちらも名詞です。

例文

The future of karaoke parlors is very uncertain.

カラオケ店の先行きはかなり不確かだ。

例文

Without a proper education, he doesn’t have a future.

適切な教育なしでは、彼に将来はない。

in the futureの意味と使い方

in the futureは「将来は、今後は、これからは」みたいな意味があります。

例文

In the future, we may have flying cars.

将来には、私たちは空飛ぶ車を持つかもしれない。

例文

I hope to be an doctor in the future.

将来、医者になれるといいな。

in the futureも「いつ」という明確な指定がないので「someday(いつか)」あたりと似て曖昧な言葉だといえます。

例文

I will call you in the future.

将来に、電話するよ。

電話するのは明日かもしれないし、20年後かもしれません。上のように書くと「いつか電話はするけれど、待たないでね」みたいな感じもします。

例文

I will call you later.

後で電話します。

日常会話の「後で」ならばlaterぐらいが妥当だと思います。

遠い未来は「far future」で、近い未来は「near future」で表すことができます。

例文

The wedding will happen in the near future.

ウエディングは近い将来にある。

例文

In the far future, space travel will be common.

遠い未来、宇宙旅行は一般的になるだろう。

from now onとの違い

from now onも「今後は」みたいな意味になるので似ています。しかし、ちょっと意味する部分が違います。

例文

We will not accept those requests in the future.

あれらのリクエストは将来は受け入れられません。

上の例文だと今は受け入れてくれることになります。将来には無理です。

例文

We will not accept those requests from now on.

あれらのリクエストは今から受け入れられません。

上の例文だと、このタイミングで出したリクエストが受け入れられるかどうかは曖昧です。最後のリクエストとして通るか、もう無理なのか不明です。

将来起こりそうな、未来の

futureは形容詞で使われると、あとで起こるかもしれないという意味で「将来起こりそうな、未来の」を表します。

例文

They wrote down the story for future generations to remember.

彼らは後世の人々が覚えておけるように、その物語を記録した。

例文

He is preparing for a future job in acting.

彼は俳優業でこれから出てきそうな仕事のための準備をしている。

例文

He is one of the future stars of the movie.

彼は将来の映画スターのひとりだ。

例文

We are taking measures to prevent any future accidents.

我々は将来のいかなる事故をも防ぐ対策をとっている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方

    equipは「装備させる、身に着けさせる」の意味ですが、そのまま使うよ…

  2. カーブ

    英単語の意味と使い方

    「カーブ」のcurb / curve / carve / carbの違い

    カタカナにしてしまうと全部が「カーブ」になってしまう、日本人にとっては…

  3. 子どもっぽい

    英単語の意味と使い方

    「子どもっぽい」のchildish, childlike, immature, juvenileの違…

    英語で「あいつは子供っぽいね」「あの人は子供みたいだね」を意味する英単…

  4. bring on / bring aboutの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    bring on / bring aboutの意味と使い方

    bring onは何かを「起こす、引き起こす」といった意味で使われる言…

  5. 10段階評価は英語では「on a scale of one to ten」

    英単語の意味と使い方

    10段階評価は英語では「on a scale of one to ten」

    「10段階評価」を英語で表すには「on a scale of one …

  6. step up(ステップアップ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    step up(ステップアップ)の意味と使い方

    ステップアップ(step up)も少し英語とカタカナで使われ方が違う言…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. i’m lovin’ it
  2. 赤ちゃん
  3. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  4. peace sign
  5. America(アメリカ)とUSAの違い

最近の記事

  1. bracket(括弧・ブラケット)の意味と使い方
  2. blow out(ブロウアウト)の意味と使い方
  3. moderate / moderation / moderatorの意味と使い方
  4. ground(グラウンド)の意味と使い方
  5. dub(ダブ・吹き替え)の意味と使い方
  6. advocate / advocacyの意味と使い方
  7. sentimental(センチメンタル)とsentiment(センチメント)の意味と使い方
PAGE TOP