「機能」を意味するfeatureとfunctionの違い

function / feature

フィーチャーとファンクションは日本語にするとどちらも「機能」ですが、英語では少し違いがあります。ただその境界線は曖昧でどちらでもいけるケースもあります。

featureには動詞での使い方もあるので動詞については『フィーチャリング(featuring)とフィーチャー(feature)の意味と使い方』をご覧ください。

ここでは主に名詞としての機能についてご紹介しています。また機械などが動作するときにrunを使うか? workを使うか?といった問題にふれています。

featureとfunctionの違い

基本的には以下のような理解ができます。

featureはその製品などが「have」で持っているものです。

functionはその製品などが「do」で、する機能を指します。

しかし、この境界線があいまいなものも多く、人によって見解がかわりそうなものもあります。

One of the most impressive features is the large display.
最も素晴らしい機能の1つが、巨大な画面だ。

They study about the function of the brain.
彼らは脳の機能について研究している。

This speaker has a surround sound function.
このスピーカーはサラウンド機能を持っている。

One feature of this speaker is high-quality sound.
このスピーカーの機能の1つが高音質だ。

スピーカーの高音質は備わっている、持っている機能だけど、サラウンド機能は何か動作する機能だという区分けができます。

しかし、以下のようにどちらでもいけるものがあります。

The TV has a sleep timer feature.
The TV has a sleep timer function.
そのテレビにはおやすみタイマー機能がある。

おやすみタイマーは作動するものなのか? 機能として備わっているか? の違いについては曖昧だといえます。

workingとmoving

workingといえば「働いている」の意味がまずあります。労働していることです。

He is working now.
彼は今、働いている。

もう1つわかりやすいのが「動いている」があります。

My fridge is working now.
冷蔵庫は今、動いている。

I don’t have a working TV.
動くテレビを持っていない。

まず日本語との感覚の差はマシンなどが動いている、作動している際に「moving」は使いません。当たり前のようで不思議な感じですね。

My fridge is moving.
(*この言い方はしない)

冷蔵庫が移動しているならば使えますが、移動する冷蔵庫は普通はないので使いません。

run / work

マシンなどが動いている、稼働している際によく使われるのはworkかrunです。

My fridge is running now.
= My fridge is working now.
(冷蔵庫は今、動いている)

しかし、モノによってはrunが適さない物体があります。

◎My oven doesn’t work.

▲My oven doesn’t run.

◎My pen doesn’t work.

▲My pen doesn’t run.

◎My smartphone is working.

△My smartphone is running.

何にrunが使えるのか? 使えないのか? についてはネイティブスピーカーのスティーブも不思議がっていて「考えたこともなかったけど、たしかに使うと奇妙な場合がある」といっていました。

結論としては動いている、稼働しているときに「run」を使って表現できるのは、歯車など物理的な装置が動いているイメージのもの、だそうです。

スマホも動いてはいますが、歯車のようなものが中で動いているわけではありません。

一方で冷蔵庫やパソコンなどは、空冷のファンやモーターが物理的に回転して稼働している感じがあるのでrunが使えるといった感覚に襲われるといっていました。

これは人によって解釈が変わると思いますがあくまで使い分けの目安にしてください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. material(マテリアル)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    material(マテリアル)の意味と使い方

    material(マテリアル)は日本語でいう「材料・素材」と考えても良…

  2. rotten(腐った)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    rotten(腐った)の意味と使い方

    rottenは「腐った」の意味で食べ物などによく使われますが、日本語と…

  3. Japanese

    日本語から英語へ

    Japaneseは日本語か日本人か? 「Sorry, Japanese only」の意味を考える

    Japaneseは「日本人、日本語、日本の」といった意味で習うと思いま…

  4. 倍

    英単語の意味と使い方

    倍(2倍、3倍~)の英語表現

    英語で「倍」を表現する方法にはいくつかのパターンがあります。ここでは表…

  5. site

    英単語の意味と使い方

    site(サイト)の意味と使い方

    site(サイト)といえば、現代ではwebsiteでの使い方が最も耳に…

  6. defy

    英単語の意味と使い方

    defy / defiance / defiant / defiantlyの意味と使い方

    何かに逆らうことを表す言葉で動詞がdefy、名詞がdefiance、形…

おすすめ記事

  1. accident / incident
  2. hack(ハック)の意味と使い方
  3. middle finger
  4. ゆるキャラ
  5. カタカナ都市名




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. spontaneous / spontaneouslyの意味と使い方
  2. 放出する・排出するの「emit」「give off」「radiate」の使い方の違い
  3. rage(レイジ・激怒・怒り)の意味と使い方
  4. pure / purify / purityの意味と使い方
  5. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  6. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  7. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  8. episode(エピソード)の意味と使い方




PAGE TOP