later onとlaterの違い

later onとlaterの違い
 

公開日: 最終更新日:2020.06.2

later onとlaterはどちらも同じ意味で「あとで、のちに」ですが、later onのほうがカジュアルな表現になります。場面によっては少し使い分けてもいいかもしれません。

また類似の表現に「at a later date」「at a later time」もありますが、これはlaterよりもフォーマルな堅い表現になります。場合によっては冷たく聞こえるかもしれません。

完全に置き換え可能でもなく、thanを使った比較の表現ではlater onが使えないといった違いもあります。例文に使い方をまとめています。

later on / later / at a later dateの違い

「later」「later on」「at a later date」は意味としてはどれも同じですが、ニュアンスや伝わり方が違うだけです。基本的にはフォーマルかカジュアルかという差が生まれます。

later onが最もカジュアルで、laterが普通の表現、at a later dateがフォーマルな表現になります。

日本語の感覚に置き換えるならlater on(あとでね)、later(あとで、のちに)、at a later date(後日)ぐらいの差でしょうか。

例文

I’ll do that later on.

I’ll do that later.

I’ll do that at a later date.

後でやります。

上の例文のように意味は同じです。しかし、イントネーションや言い方にも左右されますが、伝わり方が少し変わる場面があります。

以下は同じ質問に3パターンで答えた時の感じ方の違いです。

例文

A:When will you read my report?

A:いつ私のレポートを読むんですか?

例文

B:Later.

(いらだっている、怒っている感じもする)

例文

B:Later on.

(フレンドリーで落ち着いている感じもする)

例文

B:At a later date.

(フォーマルで少し冷たい感じもする)

もちろん表情や相手との関係、相手の受け止め方にもよるので、絶対にこれらの感覚やニュアンスになるわけではありませんが、基本的な違いとしては使い分けが可能です。

比較表現での違い

完全に置き換えが可能なわけではなくthan(〜よりも)を使って誰か、何かより遅い場合には「later on」が使えません。

しかし「later」「at a later date」はthanを使った表現でも用いることができます。

例文

She arrived later than me.

She arrived at a later date than me.

彼女は私よりも遅くに到着した。

例文

She arrived later on than me.

(この使い方が変です)

at a later date / at a later timeの意味と使い方

at a later dateはもちろん文字通りの意味では「後日」であり少なくとも日付が変わった1日以上は後になることを意味しています。このあたりは「後日」といって当日にやっても問題ありませんが感覚的には日本語の「後日」と同じです。

そこで「at a later time」という表現もよく使われます。これもフォーマルな表現です。

例文

We will talk about that at a later date.

私たちは後日に話し合います。

例文

We will talk about that at a later time.

私たちは後に話し合います。

これらは到着の時刻の違いなど同じ日に2人が到着した場面や、日付の違いが重要になる局面では気を使ってもいい違いだと思います。

例文

She arrived later than me.

= She arrived at a later time than me.

彼女は私よりも後で到着した。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える

    英語に関する読み物

    「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の意味を考える

    引退してしまった安室奈美恵さんの名曲で、結婚式でも広く歌われる『CAN…

  2. associate(アソシエイト)とassociation(アソシエーション)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    associate(アソシエイト)とassociation(アソシエーション)の意味と使い方

    associate(アソシエイト)は何かと何かを関連づけることや、関係…

  3. overcome

    英単語の意味と使い方

    overcomeの意味と使い方、get overとの違い

    overcomeは「克服する、打ち勝つ」といった意味で登場します。ほか…

  4. 英単語の意味と使い方

    ahead of / in front of / beforeの意味と使い方の違い

    「ahead of」「before」「in front of」はどれで…

  5. implement / implementationの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    implement / implementationの意味と使い方

    implementが動詞で「実行する」であり、名詞がimplement…

  6. 英単語の意味と使い方

    English(イングランドの、イングランド人、英語)の使い方

    English(イングリッシュ)といえば言語としての「英語」を指して使…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. アメリカ
  2. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  3. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  4. shithole
  5. capital-letter




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 邪魔する、妨げるのdisturb / interfere / interrupt / disruptの違い
  2. glow(グロー)の意味と使い方
  3. lost(形容詞)の意味と使い方
  4. gut(ガッツ、腸、はらわた)の意味と使い方
  5. 「stay at home」と「stay home」の違い
  6. background (バックグラウンド)の意味と使い方
  7. riddle(なぞなぞ・謎)の意味と使い方
  8. population / populateの意味と使い方
PAGE TOP