トイレ

トイレを英語でどう言うか?(toilet, bathroom, WCの違い)

英語で「トイレ」を指す言葉は多くあり、日本語・カタカナとも感覚が違うので、あらためて考えると迷う時があります。今回はネイティブの意見を整理して、トイレに関係する用語を整理しました。

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど国によって地域差も見られます。今回は北米(アメリカ・カナダ)の表現を中心にまとめています。

核心部分を先に書くとカタカナの「トイレ(toilet)」は北米の英語では便器のことです。

toilet(トイレ)の意味は?

北米の英語では「toilet」とは便器のことを指しています。発音は【tɔ́ilət】なのでトイレットゥぐらいです。

「トイレ使っていい?」「トイレはどこですか?」というと、便器を指すことになるので表現としてはちょっと変です。

しかし、まったく間違いではなく意味は十分に伝わりますが、友達の家やショッピングセンターで「便器はどこにありますか?」と質問する奇妙さに似ています。

したがって以下のような使い方は可能です。

例文

My toilet is broken.

便器が壊れている。

また英会話でもよく取り上げられますが日本語に引きずられて「借りる(borrow)」というのは間違いで英語では「use(使う)」です。

例文

May I use the bathroom?

Can I use the restroom?

トイレを使っても(借りても)いいですか?

アメリカでトイレを借りようとして日本語の発想のまま言って驚かれた笑い話が英会話で登場します。

例文

Can I borrow the toilet?

(便器を剥がして持って)借りていっていいですか?

作り話っぽいけど、実際に言った人はいるんでしょうか?

「私をタクシーと呼んで!(Call me taxi.)」と同じぐらいベタベタな英会話小咄として非常に有名なエピソードです。

そろそろ日本人に変な英語で聞かれて便器を貸したらウォシュレットになって返ってきやがった!みたいなアメリカンジョークが生まれてもおかしくなさそうですね。

bathroom(バスルーム)はトイレか?風呂か?

bathroom

では一般的に北米の英語でトイレを指す言葉は何かといえば「bathroom(バスルーム)」です。

bathroomがトイレなのか? 風呂なのか? ややこしいですが北米の英語では基本的には「両方」です。

西洋圏はお風呂とトイレが同じ空間にある(ユニットバスに近いもの)タイプが主流で、日本のように「お風呂場」と「トイレ」が別の部屋になっていないタイプが多い住宅構造の差が存在します。

トイレとお風呂、洗面台がある空間、日本でいう浴室、洗面所、水まわりに近いものを総称して「bathroom」と呼びます。

例文

①I’m going to the bathroom.

それでも①の例文の表現をすればネイティブスピーカーは普通は「トイレに行く」と解釈します。この意味では北米ではトイレを表す一般的な言葉は「bathroom(バスルーム)」で間違いありません。

もし明確にお風呂を使うことを伝えるならば以下の表現が混乱しません。

例文

②I’m going to take a bath.

(お風呂に入るの意味)

②のようにtake a bathで表現するのがより明確です。

トイレを意味する英語

結局のところトイレを表すにはbathroom(バスルーム)で解決できますが、トイレを表す英語は無数にあるので、代表的なものをご紹介すると共に、googleの画像検索の結果をはるのでイメージを掴みとってください。

おおっぴらに言うことではなく、はばかられるものなので婉曲表現・スラングが生まれやすいのではないでしょうか。

グーグルで画像検索されたものを見ると、だいたいこういうものを指しているんだなとわかりますね。

bath(バス)

bathだけでは世界遺産に登録されているイギリス南西部の都市バースの景色が多いです。あんまり関係ないですね。

bath

Google Image : bath

bath tub(バスタブ)

bath tubは私達のイメージする「バスタブ」と同じで、風呂桶のことを指しているのがわかります。

bath tub

Google Image : bath tub

bathroom(バスルーム)

bathroomの検索結果をみても、トイレとお風呂の空間全体を写しているものが多いのがわかります。この意味では「みずまわり」みたいな意味が近いのかもしれません。

bathroom

Google Image : bathroom

lavatory(ラバトリー)

lavatoryは辞書には「洗面所、化粧室、お手洗い」といった記載があり、この画像検索から判断するに「洗面台」の意味合いが強いのだとわかります。

lavatory

Google Image : lavatory

日本語でも「お手洗い」は文字通り手を洗う場所、洗面台を指していますが、これが婉曲的に「トイレ」を指すことになります。

このあたりのラバトリーの感覚は日本語のお手洗いに近いのではないでしょうか。関係ないですが研究室を表す単語は「laboratory 」です。

restroom(レストルーム)

restroomとはデパートや映画館にあるトイレのことで、休憩室ではありません。画像検索を見ると男女のマークがたくさん表示されますが、これは不特定多数の人がつかうトイレとしてのサイン、つまり家のトイレを指しているわけではないのがわかります。

restroom

Google Image : restroom

powder room(パウダールーム)

パウダールームは特に女性用、ゲスト用のお風呂がないタイプの、洗面台と便器のタイプを指すことが多いようです。検索結果を見ると確かにお客様用といったゴージャス、エレガントな写真が多いです。

powder room

Google Image : powder room

また家ではなく、ホテルや映画館にある公共のトイレを指すこともできます。なんのパウダーなのかよくわかりませんが、化粧室という感覚に近いのかもしれません。

toilet(トイレット)

toiletで検索するとやはり「便器」がメインになった写真が多く出てくるので、やはり便器を指していると思って間違いないと思います。発音は「tɔ́ilət」なので最後にトが入る「トイレット」が近いですね。

しかしイギリス英語でのtoilet(トイレット)の扱いは北米とは少し違うので下にまとめています。

toilet

Google Image : toilet

washroom(ウォッシュルーム)

ウォッシュルームは画像を見る限り、bathroomに近い便器とお風呂のある空間を指していますが、同時にrestroomと同じくデパートなどにある多数の人が使うトイレを指しているもの両方が半々ぐらいあります。

washroom

Google Image : washroom

このwashroomはどうもカナダの英語になっているようです。

そういえばカナダに行った時にホテルで洗濯をしたくてコインランドリーのようなものを探していて、ホテルスタッフとのやり取りの中で「あなたはwashroomを探しているのか?」と質問されました。

洗濯をしたかったので「washroom→洗濯する部屋」だと勝手に思い「そう、washroomに行きたい」と答えました。

それで指定された場所に行ったんですがトイレしか見当たらず、トイレ内に洗濯機のようなものがあるのかとずっと探していた経験があります。

water closet / WC(ウォータークローゼット)

日本でもよく「WC」の表記が見られますが、これはwater closetの省略です。この画像結果を見ると「便器」を指す言葉だというのがわかります。

water closet

Google Image : water closet

その他スラング

スラング的なもの、ほかのものを入れると無数に出てきます。

「men’s room / Ladies’ room」といった言い方は一般的ですが、「little boys’/girls’ room」があったりします。

本来は便器を指すそうですが「the john」という言い方、この「the john」は辞書にも掲載があります。

隠語、派生した言葉が生まれやすいのこともあって、国によって雰囲気が違ったりしますね。

toilet humor

toilet humor(トイレ)という言葉があり、程度の低い下品な笑いを指して使われます。下ネタよりももっと程度の低い子供がするような、排泄物を扱うような下品な笑いです。

例文

The movie was a confusing brew of political criticism and toilet humor.

その映画は政治批判と下品な笑いの混乱する混合物だった。

例文

I don’t like movies that use toilet humor.

下品な笑いを使う映画はあまり好きじゃない。

イギリス英語の場合

イギリス人のダンに確認したところ、イギリスではわりと普通に、日本人と同じ感覚で「toilet」を使う人もいるそうです。

つまり便器としてのtoiletと、部屋としてのtoiletの両方に可能なので、便器のみを指して使う北米の使い方とは違います。

またイギリスでは「the loo」という表現も広く使われており、婉曲表現ではあるのでトイレより上品な感じにはなるようです。

イギリス植民地だった香港の友達も普通に「toilet」といっていました。toiletについては北米とイギリスで使い方に違いが見られる単語だといえます。

あまりきれいな話ではありませんがトイレ関連の記事がいくつかあるのであわせてご覧ください。




トイレに行くことについては「nature calls me」といった有名な表現もありますので詳しくは「nature」の項目をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  2. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  3. 英会話スクールの講師になる方法
  4. 英語のマネージャー(manager)とは何を指すのか?
  5. years oldとyear-oldの違い

関連記事

  1. スマート

    和製英語とカタカナ英語

    smart(スマート)の英語の意味を考える

    カタカナ独自の意味で使われている言葉の1つに「smart(スマート)」…

  2. 英単語の意味と使い方

    XFER, X-large, x-ratedなど「X(エックス)」を感じる言葉

    SFコミックの「X-Men」などに代表されるようにアルファベットの「X…

  3. 英単語の意味と使い方

    correspondの意味と使い方

    correspond(コレスポンド)は「一致する、合致する、対応する、…

  4. gmo
  5. 偽物

    英単語の意味と使い方

    偽物を表すfake / counterfeit / forgery / knock-offの違い

    偽物を意味する英単語はけっこう多いですが、微妙に使い方や意味するところ…

  6. euthanasia

    英単語の意味と使い方

    安楽死を英語でどういうべきか?

    安楽死を辞書で検索すると「euthanasia」で掲載されています。一…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. fix / repair / mend
  2. 眼鏡
  3. deal with
  4. シューズ
  5. 本当は好きじゃなかった
  6. asas
  7. hatena
  8. rich / wealthy
  9. ミッションインポッシブル

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. admission

    英単語の意味と使い方

    admissionの意味と使い方
  2. fill-in-out

    日本語から英語へ

    「記入する」のfill outとfill inの違い
  3. クラシックとクラシカル

    英単語の意味と使い方

    クラシックとクラシカルの違い
  4. answer-to

    イディオム・熟語・慣用句

    answer toの使い方
  5. セブンイレブン

    イギリス英語とアメリカ米語

    911をセブンイレブンといってしまうトランプ氏に見るアメリカ英語の特徴
PAGE TOP