alike / similar / resembleの意味と使い方の違い

alike / similar / resembleの意味と使い方の違い
 

公開日: 最終更新日:2020.04.18

「似ている」を表す英語はいくつかあり、このページでは「alike」「similar」「resemble」を使った表現を整理しています。これ以外の単語でも言い表すことはできます。

alikeはいくつかの使い方がありますが形容詞では「よく似ている」といった意味で使われます。similarと同じような意味ですが、使い方が少しややこしい言葉ではあるので、例文に整理しています。

resembleは動詞で「~に似ている」ですが、主に外見の類似に使う言葉なので、あまり音・匂いなどが似ていることには用いられません。

alikeの意味と使い方

alikeの意味と使い方

alikeは「同じ方法で、同じ手法で(= in the same way)」といった意味になります。品詞としては副詞です。

tooは「~もまた」の意味になるので、使い方がちょっと違います。違いについては言葉で説明するより例文を見た方がはやいかもしれません。

例文

Halloween is enjoyed by children and adults alike.

ハロウィンは子どもと(同じ方法で)大人にも楽しまれている。

例文

Halloween is enjoyed by children and adults too.

ハロウィンは子どもと大人にも楽しまれている。

alikeはお菓子をもらったり仮装をしたりといった「同じ方法、同じ手段」で、大人にも子供にも共に楽しまれているといった意味になります。

tooだと「同様に楽しまれている」だけなので、大人はお酒を飲むパーティーで、子どもはお菓子と仮装、といった区別がある可能性があります。

例文

My sister and I talk alike.

私と姉は同じように話す。

例文

My sister and I talk too.

私も姉も話す。

alikeは同じような話し方をする、といった意味です。喋り方の癖やスタイル、声のトーンなどが同じようだという意味になります。

tooだと少し文章の趣旨が曖昧ではありますが、姉と話す関係であるといった感じの意味で解釈する人が多いです。もしくはうがった見方では「話す能力をふたりとも持っている」とも解釈できます。

alikeとsimilarの違い

どちらも形容詞では「似ている、似た」の意味がありますが、alikeは文法・語法上の制約があり、名詞の前に使うのは誤りとされています。

例文

We have similar shoes.

私たちは似た靴を持っている。

例文

He and his similar sister both live in Osaka.

彼と、彼にそっくりな妹は共に大阪に住んでいる。

例文

We have alike shoes.

(この使い方ができない)

例文

He and his alike sister both live in Osaka.

(この使い方ができない)

このようにalikeは名詞の前につけて「似た〇〇、類似した〇〇」を表すことが基本的にはできません。形容詞の限定用法が使えないことになります。

また注意点としてはalikeやsimilarはどれも「外見、見た目」だけの話ではないので「チョコレートが同じように好きな妹」「性格が似ている妹」のようにさまざまな可能性が考えられます。

例文

He and his sister are alike.

He and his sister are similar.

彼と妹は似ている。

上のような例文だと「似ている」しか言っていないので、何が似ているのかははっきりしません。外見が似ている、そっくりの場合は以下のように表現することが可能です。

例文

He and his sister look alike.

He and his sister look similar.

彼と妹は(外見が)似ている。

alikeは名詞の前に置くことはできないと説明しましたが「lookalike」という形容詞があり「よく似た、そっくりな、類似の」の意味があるので、これを使うことは可能です。

例文

He and his lookalike sister both live in Osaka.

彼と彼に外見がよく似た妹は共に大阪に住んでいる。

resembleの使い方

「似ている」を意味するだけならば動詞になりますがresembleがあります。これを使えば同じ内容を表すことができます。resemble toとするのは間違いです。

例文

He resembles his sister.

彼は彼の妹に似ている。

例文

My shoes resemble yours.

私の靴はあなたのものに似ている。

例文

She resembles Taylor Swift.

彼女はテイラー・スウィフトに似ている。

一般的にはresembleは外見に対して使う言葉であって、匂い、味、音などに使うのは間違いではないけれど、あまりおすすめはしないといった意見でした。

例文

△ His music resembles The Beatles.

(あまり一般的ではない使い方)

ほかにも「take after」などが類似の表現になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方

    blackout(ブラックアウト)は1単語で名詞として使われることが多…

  2. go to hell

    英単語の意味と使い方

    go to hellの意味と使い方

    go to hellはそのまま文字通り「地獄へ行け」となり、拒絶や拒否…

  3. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い

    英単語の意味と使い方

    sign + up, in, off, out, over, awayの違い

    動詞のsignは自分の名前を書くこと、署名をすることですが、これに前置…

  4. vow(誓う・誓約)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    vow(誓う・誓約)の意味と使い方

    vowは名詞で「誓い、誓約」、動詞では「~を誓う」の意味ですが、言葉と…

  5. ハートビートの意味

    英単語の意味と使い方

    heartbeat(ハートビート)とheart rateの意味

    heartbeat(ハートビート)はまさに読んだ通りのheart(心臓…

  6. express / expressionの意味

    英単語の意味と使い方

    express / expressionの意味と使い方

    動詞のexpressが「表現する」の意味で、名詞のexpression…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. 国歌斉唱
  3. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  4. middle finger
  5. select

最近の記事

  1. shoot(シュート)とshot(ショット)の違い
  2. burnout(バーンアウト)の意味と使い方
  3. regardless (of) / irregardlessの意味と使い方
  4. velvet(ベルベット)とvelvetyの意味と使い方
  5. complete(コンプリート)の意味と使い方
  6. cover up(カバーアップ)の意味と使い方
  7. danger / dangerous / endangered / endangerの意味の違いと使い方
  8. pinch(ピンチ・つまむ)の意味と使い方
PAGE TOP