contain

例文で見るcontainとincludeの違い

なかなか違いがわかりにくい言葉ですが共に「~を含んでいる」といった意味があります。

明確に役割として違いがありますが、両方いけるケースもあるので、実際の例文・事例をとりあげながら比較してみるので、感覚として掴み取ってください。

このケースはinclude、このケースはcontainとスパッと境界線を引きにくい、どっちにもとれるケースも多いので、悩む・迷うのもしかたない部分かもしれません。

このページはカナダ人のスティーブにヒアリングを行いまとめています。

containとincludeの使い分け

containは物体として中に含んでいる物を指します。上の写真にあるコンテナ(container)入れ物・容器とその中身や、アンパンとあんこの関係など、物理的に含んでいる感覚が近いです。

contain
= have inside
(中に含んでいる、入れ物、容器)

includeは構成要素の1つ、追加要素の1つを意味します。

例えばあなたへの誕生日プレゼントが「ハンドバッグ」「メッセージカード」「花束」だったとしたら、メッセージカードは誕生日プレゼントにinclude(含まれている)しているといえます。

include
= have extra
(追加要素、構成要素の1つとして含んでいる)

お子様セットの場合

以下はそれぞれの例文を比較しながら、いけるかいけないかを判定してもらいました。

おもちゃがついてくるお子様用の「Happy meal」という食べ物がありました。

This happy meal contains a toy.

This happy meal includes a toy.

この場合はincludeが適切です。

mealが食べ物である以上は、containを使うと、ハンバーガーの中におもちゃが埋め込まれている、旗の立ったチキンライスの中におもちゃがうまっているイメージになります。

happy mealという商品には、おまけの要素としておもちゃが横についてくるという意味ではincludeが適切ですね。

ドリンクチケットの場合

入場チケットにドリンク1杯が無料でついてくるようなライブのチケットがあった場合を考えてみます。

The ticket contains a free drink.

The ticket includes a free drink.

containを使うと意味はわからないでもないといった感じですが、やはり変なのはチケットという物体の中に無料の飲み物が入っているわけではないからです。

この場合もincludeが正しく、入場できる権利とおまけ・追加要素として無料の飲み物がついているといった感じになります。

containを使えるケース

先のHappy mealはmealとついている以上は食べ物です。ドリンクのチケットも紙のチケットを指しています。だからcontainを使えません。

しかし、これをhappy setやドリンクチケットをserviceなどに置き換えるとcontainでも可能にはなります。

The service contains a free drink.

This happy set contains a toy.

決して良い文章ではないそうですが、意味はより通るそうです。物体に含まれているのではなく、セットやサービスにならばcontainと考えてもいいのではないかといった意見です。

甘いケーキの場合

甘いケーキの場合を考えてみると、基本的にはどちらでもOKにはなりますがcontainが適切だそうです。

A cake contains sugar.

A cake includes sugar.

containが適切なのは実際にケーキという物体の中に砂糖という物質が含まれているからです。

includeはダメではありませんが、ケーキにおける砂糖は主要な成分であって、含んでいるというよりも、砂糖がメインのようなものだから少し違和感があるみたいです。

例えばホテルを予約をした場合などに「この予約は朝食を含んでいる」という表現はありですが「この予約は部屋での宿泊を含んでいる」とはなかなかいいません。予約は宿泊がメインだからです。

理屈を考えると決して「宿泊を含んでいる」は間違いではないのですが、includeはメインのものを指さない点があります。

桃のケーキの場合

This cake contains peaches.

This cake includes peaches.

ともに自然な文章です。甘いケーキとの違いですが、桃はあくまでケーキの構成要素の1つである、一般的なケーキにおける主役ではないのでincludeが使えます。

アレルギー表示

パッケージやラベルにおけるアレルギー表示には一般的にはcontainが使われます。

This food contains peanuts.
(この食べ物はピーナッツを含みます)

モノとして食べ物の中に含まれているのでイメージしやすいのではないでしょうか。

ただ一般的に多く見られる言い回しは以下のようなものです。

This food may contain traces of peanuts.

mayを使って表現を丁寧、断定を避けてtrace(痕跡)を使い、含みをもたせています。食品そのものにはピーナッツは入っていなくとも、工場でピーナッツを使っているなど混入、残滓などにも言及した言い回しになります。

直接は関係ありませんがアメリカでピーナッツアレルギーが問題になっている点を取り上げたことがあります。

ソフトやアプリの場合

何かのソフトやアプリにおける拡張機能である「プラグイン」についてです。

Vocaloid 4 will include extra plugins.

Vocaloid 4 will contain extra plugins.

ソフトやアプリの場合は両方が使えます。

プラグインはあくまで追加機能のようなものである点から構成要素としてincludeを使う。

または実際に物体(データ)として中に含んでいると考えてもいいのでcontainもOKだろうという判断です。

しかし、以下の場合はNGです。

× The iPhone contains a 2-year warranty.

このiPhoneは2年の保証が含まれているという意味ですが、物体としてのiPhoneに保証が含まれているわけではありません。また、あくまで保証は追加要素であるのでincludeのほうが適切です。

例文の用法で自然と紹介したものでも、うがった見方をすればいくらでも例外を作ることは可能だと思いますが、あくまで基本的にはこのように使うといった具合で感じ取ってください。

人に対して使う場合

あるグループにある人が含まれている場合などは、文法上はcontainとincludeのどちらも使えますが少し注意点があります。

This group contains two guitarists.
This group includes two guitarists.
(このグループは2人のギタリストを含んでいる)

USA for Africa contained many superstars.
USA for Africa included many superstars.
(USA for Africaには多くのスーパースターが含まれている)

USA for Africaはマイケル・ジャクソンやボブ・デュランなどアメリカを代表するアーティストが多く参加し「We are the world」をうたったチャリティーユニット、グループです。

この場合、上のような表現や以下のような表現は可能といえば可能です。

USA for Africa contained Paul Simon.
USA for Africa included Paul Simon.
(USA for Africaにはポール・サイモンが含まれている)

文法上もまったく問題ないのですが、ちょっと日本語に引きずられた英語で少しぎこちなさ、自然さに欠ける感じがするそうです。間違いではありません。

例えばcontainとincludeを使わずに自然に表現できます。

This group has two guitarists.
(このグループは2人のギタリストを含んでいる)

USA for Africa has Paul Simon in it.
(USA for Africaにはポール・サイモンが含まれている)

Paul Simon was in USA for Africa.
(ポール・サイモンはUSA for Africaにいた)

このようにhaveやbe動詞で普通に表現できるので、わざわざcontainとincludeを使う理由、使わないといけない理由もありません。

この意味でちょっと日本語の「含まれている」という言葉、発想にとらわれた感じがして、発想を変えれば伝えるべき意味をもっと自然な形で表現することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  2. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  3. アメリカと日本の育児方針の違い
  4. Fuck(fucking)についての考え
  5. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?

関連記事

  1. スマッシュ

    和製英語

    スマッシュヒット(smash hit)の意味を考える

    日本の音楽業界用語では「スマッシュヒット」が大ヒットはしていないけど、…

  2. クラッシック

    英単語の使い方と単語比較

    クラシックとクラシカルの違い

    日本人がよくする間違いに「クラシカル(classical)とクラシック…

  3. news

    英文法とライティング

    英語ニュースの見出しの文法とルール

    英語のニュースの見出し・ヘッドライン(Headlines)は独特の表記…

  4. drag

    イディオム・熟語・慣用句

    dragの意味と使い方のまとめ

    2017年4月にユナイテッド航空でオーバーブッキングしたため、乗客がラ…

  5. 人身売買

    英単語の使い方と単語比較

    traffickingの意味(人身売買・交通関係)

    トラフィックといえば「交通や交通量」を意味する言葉で、ラジオの交通渋滞…

  6. after

    英単語の使い方と単語比較

    name after, take afterなど様々なアフターの使い方

    afterは「~の後で、~の後ろに、~の後に」といった基本単語ですが、…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. カタカナ
  4. bread
  5. フリーティー
  6. hatena
  7. センテンススプリング
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. ツイッター
  10. asas

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. dedicated
  2. チャージとリチャージ
  3. charge(チャージ)
  4. ifと仮定法
  5. 影響を与える
  6. gritty
  7. wonder
  8. オープン
  9. ニューオープン
  10. サクセス
  1. 電話

    英単語の使い方と単語比較

    call toとcall forとcallの違い
  2. moist

    文化と体験

    Moistが最悪な英単語の調査でトップ
  3. 幼稚園

    アメリカ

    kindergarten, preschool, elementary scho…
  4. チャレンジ

    和製英語

    和製英語の検証「チャレンジ(Challenge)
  5. コンセント

    和製英語

    和製英語の検証「コンセント(consent)」
PAGE TOP