アメリカの学校ではピーナッツ類の持ち込み禁止

peanut

アメリカに来て驚いたのがピーナッツアレルギーの多さです。

私が子供の頃は1度も聞いたこともなかったこのアレルギーは、例え微量でも、食べるだけでなく接触や吸入しただけで、じんましん、鼻炎、嘔吐、下痢、ぜんそく、意識喪失、呼吸器困難などの強いアナフィラキシー反応を接触後5-15分以内に起こします。

生死にも関わるので発症したら即病院行きが鉄則のようです。

アメリカでは最も多いアレルギーで、卵、牛乳と同様に3大アレルギーの1つになっていますが、日本ではそれほど怖いアレルゲンとしては認識されていないようです。

しかし年々患者が増加していることから最近は注意が高まっているようです。

アメリカのピーナッツアレルギー問題

PJ
アメリカでは” PJ (peanut jam) sandwich”の名称で親しまれているピーナッツとジャムが塗られたサンドウィッチは、子供の弁当や給食、球場によく出る食べ物で、ピーナッツバターはアメリカの一般家庭では切っても切れない存在に思えます。

Wikipediaによると2002年の統計資料では、平均的なアメリカ人は高校を卒業するまでに平均すると一人あたり1500個を食べるほどの人気だそうです。

ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチ(Wikipedia)

よってピーナッツアレルギー患者は、日常で様々な飲食物に目に見えない形で溶け込んでいるピーナッツにすら気をつけなければならないのは気の毒です。

初めて耳にした当初は知識もないので「肌が痒くなったりするくらいか」や「自分の子が食べるだけで他人にあげなければ良いだろう」くらいの認識でいました。

しかし、アメリカの現地校はもちろんのこと、日系が運営する日本学校ですら「ランチにピーナッツ類の持込禁止」という規則を敷いているのを見て、いかに重症な反応を起こすアレルギーかを思い知らされました。

アメリカで小児科医師をしている知人が、子供が小さい頃からピーナッツを食べさせる方がアレルギーになりにくいと話していました。

中国料理にはピーナッツや他ナッツ類を使うものが多いのにも関わらず、アメリカに比べるとアレルギー患者は絶対的に少ないといわれています。

理由は小さい頃から大量に消費しているというだけでなく、ただローストして食べるアメリカの食べ方と、揚げたりペーストして加熱する中国式の調理法の違いも大きいと見られています。

必要であればお近くの日本国内の医師、または専門の医療機関にご相談ください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自動車

    アメリカの文化

    アメリカの自動車事情

    アメリカに住んでいる私から見ると、日本のようにあらゆる交通機関が構築さ…

  2. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言

    アメリカの文化

    トランプ大統領のツイッターでの英語の特徴・名言

    トランプ大統領はツイッターでさまざまな問題発言や名言、珍言やおもしろい…

  3. ロサンゼルス
  4. クレジットカード

    アメリカの文化

    アメリカのクレジットカード事情とヒストリーの考え方

    デビットカードは日本で言うデビット機能付の銀行キャッシュカードの事です…

  5. ビヨンセ

    アメリカの文化

    2016スーパーボウルのビヨンセの政治的パフォーマンス

    「スーパーボウル」のハーフタイムショーでビヨンセが明らかに政治的なメッ…

  6. アメリカ

    アメリカの文化

    America(アメリカ)とUSAの違い

    カタカナで「アメリカ(America)」といえばアメリカ合衆国を指すケ…

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. 飲み放題
  3. 赤ちゃん
  4. hack(ハック)の意味と使い方
  5. accident / incident




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. 中国でキラキラ・イングリッシュネームが増えている
  2. doping(ドーピング)とdopeの意味を考える
  3. 注射(shot / needle / injection)を打つのは英語でどういうか?
  4. annual(年に一度、年一回)の意味と使い方
  5. comfortable / comfortの意味と使い方
  6. apartの意味と使い方
  7. fall outの意味と使い方
  8. 「nuke(核兵器)」「nuclear(核の・原子力の)」の意味と使い方




PAGE TOP