striking / strikinglyの意味と使い方

striking / strikinglyの意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.12.30

いろんな意味がある「strike(ストライク)」ですが、その1つに「人の心を打つ、印象を与える」といった使い方があります。この意味をベースに品詞が変わったのが「striking」と「strikingly」です。

strikingは「印象的な、目立つ」の意味で、良い意味で目立つケースと悪目立ちしている場合のどちらにも使えます。副詞がstrikinglyで「際立って」の意味です。使い方を例文にまとめました。

strikeの意味と使い方

strikeの意味と使い方

いっぱい意味があるstrike(ストライク)の中に「(人)の心を打つ、(人)を感動させる、(人)に印象を与える」といった使い方があります。

この「心を打つ、人を感動させる」が他の意味のベースになっています。

例文

I was struck by how big the statue was.

像の大きさに心を打たれた。

例文

I’ll tell you all the restaurants around here, and you tell me if something strikes you.

この辺のレストランを全部教えるから、もし何か印象に残るのがあれば教えて。

strikeはほかにも物体にあたるような意味や、災害が襲うといった使い方があります。hitなどとも近いので以下の記事にまとめています。

strikingの使い方

そこから形容詞のstrikingは「印象的な、魅力的な、目立つ」といった意味になります。これは良い悪いどちらでも可能で、悪目立ちするようなケースでもstrikingは使えます。

例文

She wore a striking outfit to the award ceremony.

彼女は授賞式で印象的な服を着ていた。

例文

She gave a striking performance in the film.

彼女は映画で印象的なパフォーマンスをした。

strikinglyの使い方

strikinglyの使い方

そこから副詞になって「際立って、著しく、目立って、ひときわ」です。印象に残るやり方で、印象に残るぐらいの何か、といった意味です。

例文

She was strikingly strong.

彼女は際立って強かった。

例文

The building was strikingly decorated.

その建物は際立って飾られていた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. peace sign
  2. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言
  3. 仮予約
  4. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  5. 国歌斉唱

最近の記事

  1. subsidy(補助金・助成金・給付金)とsubside(弱まる)の意味と使い方
  2. alligator(アリゲーター)とcrocodile(クロコダイル)の違い
  3. piggyback(おんぶ)の意味と使い方
  4. latestとlastの意味の違い
  5. congratulations + on, for, toの使い方
  6. robust / robustnessの意味と使い方
  7. individual / individuallyの意味と使い方、personalとの違い
  8. experiment(動詞・名詞)とexperimentalの意味と使い方
PAGE TOP