outstanding(未払い・目立った)の意味と使い方

outstanding

outstandingは「未払い」と「目立った」の意味があるため、取り違えると文章を大きく読み違える可能性があります。

イメージとしてはいろいろなものがある中で「外側(out)に立っている(stand)」といった、他のものと比べて目立っている様子を表しています。

このイメージがそのまま期限の外側にあるといったイメージにもつながっています。

目立った、人目に付く

まず「目立った、人目に付く」といった意味があります。これは良い意味、悪い意味どちらでも使えとにかく目立つこと、際立っていることです。

He has an outstanding mole on his face.
彼は顔に目立つほくろがある。

The movie is known for its outstanding violence.
その映画は目立った暴力(のシーン)で有名だ。

ずばぬけた、傑出した、突出した

そこから目立つことはすごいこと、ずばぬけた、傑出したといった良い意味で使われます。

He is an outstanding basketball player.
彼はずばぬけたバスケ選手だ。

Your work has been outstanding this week.
今週の君の働きはずば抜けている。

He is an outstanding guitarist.
彼は傑出したギタリストだ。

動詞で使う場合にはstand outが一般的です。これでも同じような意味になります。

He stands out as a guitarist.
彼はギタリストとして突出している。

辞書には「outstand(目立つ)」といった動詞が掲載されていますがあまり使わないみたいです。

未払いの(金融・会計)

未払い

もう1つ意味があり「未払いの、未決着の」といった使われ方をします。この意味でもTOEICなどの試験によく登場します。

この意味で使う場合にはpayment(支払い)やdebt(借金)、fine(罰金)などがよく組み合わさります。一種の金融・会計用語だと思ってもいいと思います。

「期限内だけど単に払っていない」の可能性はあるものの、金銭関連に用いる場合は期限・期日を過ぎていることを強くニュアンスとして含みます。

I have an outstanding debt with you.
私はあなたに未払いの借金がある。

He has an outstanding parking fine.
彼は未払いの駐車違反の罰金がある。

You have an outstanding payment on your credit card.
あなたは未払いのクレジットカードの支払いがあります。

これも由来としては不明ですがネイティブスピーカーの感覚として「in」を期限内だとすると、期限の外側(out)に立つもの、あるものだからだという意見でした。また払ってないと目立つからといった感覚でもわりと合理的に納得できるそうです。

未執行の(法律・犯罪)

また金融用語以外にも犯罪などの令状などが執行・実行されていないものを指すケースがあります。

He has an outstanding warrant for his arrest.
彼は未実行の逮捕令状を持っている。

彼に対して令状が出されており、警察は逮捕できる権限があるけど、まだ実行されていないことを意味します。

He has a warrant for his arrest.

上の例文はおそらく新規に出された礼状で殺人などわりと深刻な犯罪で逮捕に急ぐようなものです。

He has an outstanding warrant for his arrest.

このように書くと、おそらく前に出された礼状であり、逮捕が急がないような、わりと小さな犯罪であるニュアンスになります。

ただしニュアンスのレベルなので事実がどうであるか、はっきりしたことは不明です。

standとの組み合わせでいえばstand byで「支持する」といった表現を以下の記事にまとめています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. テスト・試験の結果を伝える英会話

    英単語の意味と使い方

    テスト・試験の結果を伝える英会話

    人生の中ではさまざまな試験やテストを受けますが、その結果について話すこ…

  2. value

    カタカナビジネス英語

    value(バリュー)の動詞・名詞での使い方

    value(バリュー)もカタカナとして定着していますが、あらためていく…

  3. 色を塗る

    英単語の意味と使い方

    pale, light, deep, vividなどの色の表現の違い

    現在の日本では色鉛筆、クレヨンなどに「肌色(はだいろ)」の名称が使われ…

  4. tear(破る・引き裂く)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    tear(破る・引き裂く・涙)の意味と使い方

    tearという単語そのものは、過去形がtore、過去分詞がtornと不…

  5. profile

    カタカナビジネス英語

    profile(プロフィール)の動詞・名詞での意味について

    カタカナでは「プロフィール」になっていますが、英語での読み方は【pró…

  6. 指示・命令

    カタカナビジネス英語

    「命令する」のcommand / order / demand / directの違い

    「命令、指令、指示」を表す英語はcommand / order / d…

おすすめ記事

  1. capital-letter
  2. ミッションインポッシブル
  3. ハンバーグ
  4. ifと仮定法
  5. bread




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. a bit ofの使い方
  2. bandwagon(バンドワゴン)の意味と使い方
  3. spontaneous / spontaneouslyの意味と使い方
  4. 放出する・排出するの「emit」「give off」「radiate」の使い方の違い
  5. rage(レイジ・激怒・怒り)の意味と使い方
  6. pure / purify / purityの意味と使い方
  7. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  8. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方




PAGE TOP