room(部屋・余地)の使い方

room

TOEICや受験などでもよく出題されますがroom(ルーム)には一般的な部屋と、余地・機会などの意味があります。

この違いは有名すぎる感じもしますが、いちおう例文を用意してみました。大半は部屋なのか? 余地なのか? は文脈で判断できるものだとは思います。

room(可算名詞)

room(ルーム)
1つ、2つと数えて複数形になるのは一般的な「部屋」の意味です。ごく普通の使い方で、当然のように部屋が2つあればroomsと複数形になります。

They went into another room for a private talk.
彼らはプライベートな話のために別の部屋に入った。

We decorated the room for the birthday party.
私たちは誕生日パーティーのために部屋を飾った。

There are five rooms in my house.
うちには5つの部屋がある。

room(不可算名詞)

数えられない名詞の場合は「機会、余地、可能性」になります。spaceと言い換えることができます。

I moved the couch so there would be more room to move.
=I moved the couch so there would be more space to move.
長椅子を移動させたので、より動ける余地ができた。

Can you move over? I need more room.
=Can you move over? I need more space.
つめてもらえますか? 空間が必要なので。

There is a lot of room in my house.
私の家には多くの余地(空いている空間)がある。

特に最後の例文など部屋を指しているならばroomsと複数形になるはずですが、なっていないので不可算名詞の「余地、空間」の意味で使われていることになります。

make room

「場所を作る、席を譲る、道を開ける」などの意味で使われ、これは「make space」よりもよく使われる言葉です。どちらも間違いではありません。

◎ Make room for your bother on the bench.
ベンチにあなたの兄弟のための場所を作って。

○ Make space for your brother on the bench.

またroomは物理的、空間的なものだけでなく、時間的なものや比喩表現に近いものでも使えます。

I can’t study any more today, there’s no more room in my brain.
今日はこれ以上は勉強できない。もう脳の中に場所がない。

Between work and his family, he doesn’t have any room in his life for a hobby.
仕事と家族の間で、彼の生活には趣味のための余地がない。

新幹線の喫煙スペースにて

たまたま新幹線の喫煙ルームに「部屋」の意味と「スペース・余地」の意味が同時に使われている張り紙がありました。

roomの張り紙

上の文章が「ドアを閉めて”部屋”をお使いください」で下の文章が「タバコを吸うのを待っている乗客のために”空間”を作ってね」といった意味です。

新幹線の喫煙ルームは3人ぐらいしか入れませんが、ポジショニングが悪いと2人でも狭いです。

上の文章は加算名詞なので「the」などがいるのでは? と気になったのでスティーブに確認してみると、この場合は「張り紙」なのでどちらでもOKだそうです。

映画や歌のタイトル、ニュースの見出しなども同じですが、ポスターや張り紙もわかりやすいメッセージにするため省略はよく行われることです。

LDKの表記

部屋に関連してですが日本では「LDK」の表記がよく使われますが、英語圏ではよくベッドルームの数で規模を表現します。LDK表記はほぼ見かけません。

家の場合だと、部屋の数やお風呂・トイレの数でその規模を説明するのが一般的です。

I rented a two-bedroom apartment in Toronto.
私はトロントで2つのベッドルームの部屋を借りた。

We bought a three-bedroom, two-bathroom house in the suburbs.
郊外に3つの寝室、2つのバスルームがある家を買った。

She lives in a bachelor apartment downtown.
=She lives in a studio apartment downtown.
彼女は繁華街で単身者用アパートに住んでいる。

bachelor apartmentは独身用の日本でいうキッチンや寝室が一緒になった「ワンルームマンション」にあたるものです。ベッドルームがないタイプの部屋です。

studio apartmentも同じく「ワンルームマンション」ですが規模が大きいものに使われます。

厳密に境界線はなくWikipediaでも同じページに統一されています。

studio-apartment

studio-apartment

bachelor apartment

bachelor apartment

こういった部屋に関するとらえ方が違います。どっちにしろ日本のワンルームマンションよりかなり豪華ですね。

住宅に関連した記事がいくつかあるのであわせてご覧ください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. headline / headliner

    英単語の意味と使い方

    headline / headlinerの意味と使い方

    headlineはニュースなどの「見出し」の意味でよく使われますが、音…

  2. burner(バーナー)とstove(ストーブ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    burner(バーナー)とstove(ストーブ)の意味と使い方

    burner(バーナー)もstove(ストーブ)もカタカナでイメージす…

  3. look-to

    英単語の意味と使い方

    look to / look into / look inの意味と使い方

    look toは「何かに対して目を向ける、~のほうを見る」の意味ですが…

  4. emblazon

    英単語の意味と使い方

    emblazon(emblazoned)の意味と使い方

    emblazonは「~を飾る」の意味で辞書に掲載があります。何らかの印…

  5. big-deals

    英単語の意味と使い方

    big deal / great dealの意味と使い方

    dealそのものは名詞で「取引・契約」といった意味ですが、big de…

  6. operate / operation / operatorの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    operate / operation / operatorの意味と使い方

    名詞のoperation(オペレーション)や動詞のoperate(オペ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. all-you-can-eat
  3. 日本人と無神論
  4. 〇〇風
  5. 眼鏡




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. ride(ライド・乗る)の意味と使い方
  2. ridiculous / ridiculeの意味と使い方
  3. stir(混ぜる、ステア)の意味と使い方
  4. setting(セッティング)の意味と使い方
  5. relevant / irrelevantの意味と使い方
  6. fail / failure / failing / fail toの意味と使い方の違い
  7. dwell(住む、居住する)の意味と使い方
PAGE TOP