home(ホーム)とhouse(ハウス)の違い

house

基本的な違いとして「home(ホーム)」は自分が住む場所全般や家庭、ふるさと、帰る場所、心の拠り所のようなものを指します。ホームカントリーやホームタウンなどの言葉は、自分にとって身近な拠点となっているような国や町を指します。

一方のhouse(ハウス)は建物の形の1つであり「一軒家」を指すことになります。アパートに住んでいる人はそこをhouse(ハウス)と言うことはできません。

ここではhomeとhouseの違いを中心にhomeの使い方をまとめています。以前に掲載していたhouseの使い方は『house(ハウス)の意味と使い方』にまとめなおしているのであわせてご覧ください。

home(ホーム)とhouse(ハウス)の意味の違い

home(ホーム)とhouse(ハウス)の意味の違い

基本的にhouse(ハウス)は建物の形状を指す言葉であり、日本語でいう「一軒家」の住宅を指します。購入や賃貸は関係なく家の形の話です。

例文

I rent my house.

一軒家を借りている。

一方のhome(ホーム)は帰る場所、心の拠り所、家や生活の拠点になっているような場所を指します。「我が家」「家庭」みたいな感覚です。

カタカナでは一軒家を指して「ついにマイホームを買った」といいますが、英語での「my home」は拠点になっている場所なので、ほとんどの人が持っているものです。当然、houseがそのままhomeになる人もいます。

例文

This apartment is small but it’s my home.

このアパートは小さい。けれどマイホーム(私の拠点となる場所)だ。

例文

I bought a house. It’s my home.

一軒家を買った。それが我が家だ。

したがってアパートやマンションに住んでいる人が「This is my house」というと「いや、ハウスじゃないだろ」といわれると思います。

下の質問は一軒家に住んでいる人ならば成立します。家やマンションの部屋を複数もっている人相手なら成立するかもしれません。

例文

Are you going to your house?

一軒家に帰るの?

「もう家に帰るの?」のような表現は普通はhomeを使って質問します。homeは家の形を問わず自分が住む場所に使えます。

例文

Are you going home?

家に帰るの?

また自宅にいるようにくつろいでね、という意味で以下のような表現も可能です。この場合は「Feel at house」とはいいません。

例文

Feel at home.

心休まる、くつろいだ気持ちでいてね。

homeworkとhouseworkの違い

homeworkとhouseworkの違い

homework(ホームワーク)とは学校などで出される宿題のことです。自宅でやる学習のことです。

例文

She complained about getting too much homework.

彼女はいっぱい宿題が出されることに不満をいった。

例文

I stayed up all night doing my homework.

私は徹夜で宿題をした。

一方のhousework(ハウスワーク)とは「家事」のことです。この場合もアパートに住んでいる人でもhouseworkになります。

例文

I spent all afternoon doing housework.

家事に午後をまるまる費やした。

例文

Technology has helped to make housework easier.

テクノロジーは家事をより簡単にするのを助けてくれている。

homemakerとhousewifeの違い

homemakerとhousewifeの違い

共に「主婦」を意味しますが最近はhomemakerの言い方が少し主流になりつつありますが、主婦のことをhousewifeと表現するのは可能で、おそらくまだ広く使われています。

近年の傾向としてhomemakerのほうが好まれます。housewifeと比べ、homemakerは女性か男性かが示されていないため一般的にはよりポジティブな響きになります。

この場合、アパートでもマンションに住んでいてもhousewifeになります。

例文

She quit her job to be a housewife.

= She quit her job to be a homemaker.

彼女は主婦になるために仕事を辞めた。

男性の場合にはstay-at-home dadといった表現が一般的になります。

例文

He quit his job to be a stay-at-home dad.

= He quit his job to be a homemaker.

彼は主夫になるために仕事を辞めた。

homemakerは実際に家を建てる人とは違うのでご注意ください。

家を建てる人はarchitect(建築家)、builder(建設業者)、real-estate developer(不動産開発業者)などと呼ばれます。

home(ホーム)の意味と使い方

細かく分類するとhomeの使い方はいくつかに分類できます。例えば形容詞では「家の、家庭の」といった意味もあります。

例文

I did some home repairs over the weekend.

週末にかけて自宅の修理をやった。

例文

They sells a lot of home electronics there.

彼らは多くの家電をそこで売っている。

「home electronics(ホームエレクトロニクス)」は自宅で使うような電気製品なので「家電」となります。

他にもhometown(ホームタウン、故郷)やhomeland(自国、母国)のように1単語になっているものも多いです。

例文

This is my hometown.

ここが私のホームタウン(故郷・ふるさと)だ。

例文

She escaped her homeland because of the disaster.

彼女は母国から災害が理由で逃げ出した。

副詞のhomeの使い方

homeには副詞で「家で、家に」といった意味もあります。慣れないと使い方が少し難しく、日本人には混乱する要素です。

例文

I go home every night.

私は夜に帰宅する。

例文

I go to home every night.

(toを入れるのは間違い)

例文

I go to Shibuya every night.

私は毎晩、渋谷に行く。

この副詞のhomeの使い方は「自宅にいる」「自宅で」「自宅に」といった「to」の意味が含まれているので、わざわざtoやatをつける必要がありません。「 I go to home」のような表現は誤りです。

この使い方は「abroad(外国で、海外で)」や「here(ここ)」と同じで、同様の注意が必要になります。

例文

I’m home.

私は自宅にいる(ただいま)

例文

I’m abroad.

私は外国にいる。

例文

I’m here.

私はここにいる。

I’m homeは「ただいま」と訳されることが多く、私は自宅にいるといった直訳です。私自身がホームなわけではありません。

homeを名詞として使う場合にはtoが必要になるのでややこしいです。

例文

I go to my home every night.

私は夜に帰宅する。

ネイティブのhomeの感覚

それを踏まえたうえでネイティブであるカナダ人のスティーブに以下の文章をどう思うか聞いてみました。

例文

① I’m coming home.

② I’m coming to my home.

③ I’m coming my home.

④ I’m coming to home.

①は「家に向かってるよ、もうすぐ家だよ」を表す自然で一般的な表現です。

②は名詞でhomeを使っています。これも問題ないと思うといっていましたが、わざわざこの表現をする理由もないみたいな感じです。

③は明らかに表現としても文法的にもおかしい。明確に誤りです。

④はOKな気がするけど、野球をやってるみたいな感じがするそうです。野球のホームみたいなイメージがわくそうです。

at home(アットホーム)

家の中にいることを意味します。または家にいるかような落ち着いた気軽な感覚です。

例文

He’s just relaxing at home.

彼は家でまさにくつろいでいる。

例文

I spent the entire weekend at home.

私は週末ずっと家で過ごした。

be home to

何かを含むこと、何かの発祥の地であることを意味します。

例文

Niigata is home to many sake brewers.

多くの酒の鋳造業者は新潟県に起源を発する。

例文

The USA is home to the most famous movies in the world.

アメリカ合衆国は世界で最も有名な映画の数々を生み出している。

be home toは建物や町、都市、国など小さくはない場所に対して使われます。

例文

McDonald’s is home to the Big Mac and Egg McMuffin.

マクドナルドにはビッグマックやエッグマフィンがある。

例文

Japan is home to sushi and judo.

寿司や柔道の起源は日本だ。

例文

My cupboard is home to several cups and dishes.

(変な表現です)

「含むこと」ではあるものの、自分の家の食器棚は小さいものなので変です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. beg

    英単語の意味と使い方

    begとI beg your pardonの意味と使い方

    beg(ベグ)は動詞で使った場合には「懇願する、お願いする、乞う」とい…

  2. defy

    英単語の意味と使い方

    defy / defiance / defiant / defiantlyの意味と使い方

    何かに逆らうことを表す言葉で動詞がdefy、名詞がdefiance、形…

  3. relationship

    英単語の意味と使い方

    関係の意味のrelationとrelationshipの違い

    どちらも日本語にすると「関係」みたいな言葉になってしまうので、使い分け…

  4. 保険

    カタカナビジネス英語

    保険(insurance)に関連する用語

    日本語でも同じですが保険業界は独特の英語表現が使われる傾向があるのでま…

  5. destined

    英単語の意味と使い方

    destined to / forの意味と使い方

    destinedは「運命にある、運命づけられた」といった意味で用いられ…

  6. cement(セメント)とconcrete

    英単語の意味と使い方

    cement(セメント)とconcrete(コンクリート)の意味

    cement(セメント)とconcrete(コンクリート)は建築用の資…

おすすめ記事

  1. 花粉症
  2. 〇〇風
  3. fix / repair / mend
  4. Japanese
  5. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. pastの意味と使い方
  2. 「自慢する」のboastとbragの意味の違い
  3. draw(引く・描く・引き分け)の意味と使い方
  4. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  5. sort(ソート)の意味と使い方
  6. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  7. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  8. shoot upとshoot downの意味と使い方




PAGE TOP