homeとhouseの違い

house

とても基本的な違いですがhomeは自分が住む場所を指し、houseは建物の形(一軒家)を指しています。

house(ハウス)は「一軒家」のことです。マンションやアパートに住んでいる人はそこをhouseと言うことはできません。

一方でhomeは家や生活の拠点になっているような場所、家庭、ふるさと、帰る場所、心の拠り所のようなものを指します。また建物としての家、住宅、家屋を指すこともできます。

ホームカントリーやホームタウンなどの言葉は、自分にとって身近な拠点となっているような国や町を指します。

マンションやアパートに住んでいる人はそこを「home」ということはできます。

このような違いを踏まえてもう少し掘り下げてみます。

homeとhouseの違い

house = a building
home = the place you live

ハウスは建物の形のことですね。アパートやマンションに住んでいる人が「This is my house」というと「いや、ハウスじゃないだろ」といわれると思います。

Are you going to your house?
家/一軒家に帰るの?

この質問は一軒家に住んでいる人ならば成立しますが普通は以下のように質問します。homeは家の形態を問わず自分が住む場所に使えます。

Are you going home?
家に帰るの?

また自宅にいるようにくつろいでね、という意味で以下のような表現も可能です。

Feel at home.
心休まる、くつろいだ気持ちでいてね。

この場合は「Feel at house」とはいいません。

主婦(housewife)

しかし、最近はhousemakerの言い方が少し主流になりつつありますが、主婦のことをhousewifeと表現するのは可能です。

この場合、アパートでもマンションに住んでいてもhousewifeになります。

副詞のhome

homeには「家で、家に」といった意味もあります。

副詞なので扱いとしてはthere, somewhere, quicklyなどの仲間になります。

名詞のみしか認識していないと以下のような間違いをよくしてしまいます。

◯ I go to Shibuya.
× I go to home.

それを踏まえたうえでネイティブ、カナダ人のスティーブに聞いてみました。

①I’m coming home.
②I’m coming to my home.
③I’m coming my home.
④I’m coming to home.

①は「家に向かってるよ、もうすぐ家だよ」を表す自然で一般的な表現です。

②はこれも問題ないと思うといっていましたが、わざわざこの表現をする理由もないみたいな感じです。

③は明らかに表現としても文法的にもおかしい。

④はOKな気がするけど、野球をやってるみたいな感じがするそうです。

housesとhousingの違い

カタカナでも「ハウジング」は聞きますが英語では「住環境」のことを指して使われます。家の状態や配置なども含めた総称です。

一方のhouseは「建物」そのものに対して使います。

The earthquake destroyed ten houses in the area.
The earthquake destroyed housing in the area.
地震がその地区の住宅/住環境を破壊した。

どちらもOKですが、下の場合は全体としての環境について語っているので、1軒、2軒という数え方ができません。

Johnny Depp owns several houses.
▲ Johnny Depp owns much housing.
ジョニー・デップはいくつかの家を持っている。

下は「ジョニー・デップは住環境を持っている」となり、意味がよくわかりません。

The mayor promised to provide low-cost housing in the city.
△ The mayor promised to provide low-cost houses in the city.
市長は街に低価格の住環境を提供すると約束した。

どちらも英文としては間違いではありませんが、文章として不動産屋・建築屋でもないのに「市長が低価格の家を供給する」のは事実として変です。

住みやすい街という意味での「住環境」を提供するのが一般的な市長の役目です。

My house is very old.
△ My housing is very old.
私の家はとても古い。

1軒の家について話しているならば住環境について語る必要はありません。

houseを動詞で使う

houseは動詞で「人を泊まらせる、宿を提供する、人に家を提供する、物を収容する」などの意味があります。動詞になると発音が「háuz(ハウズ)」となります。

The building houses 100 people.
その建物は100人に宿を提供する。

The military base houses 18 helicopters.
その軍用基地は18機のヘリコプターを収容する。

また建物に使うと「内側に持っている」といった意味にもなります。

The stadium houses a football field and shopping center.
そのスタジアムはサッカー場とショッピングセンターを持っている。

動物などに使えば、飼っているといった意味に近くなります。住まわせている、家の中で飼っているといった意味になります。

I house two dogs.
=There are two dogs living in my home.
犬を二匹飼っている。

household

householdは「家庭、家族の」といった意味があり、ニュースではこの意味です。

このほかにどこの家庭にもあるようなという意味で「ありふれた、お馴染みの」としても使われます。

「ありふれた」と書くとネガティブな印象も受けますが、基本的には知名度が突出していてポジティブな意味です。household nameといった形で「誰でも知っているぐらい有名な名前」になります。

Pepsi is a household name.
ペプシは誰しもがしる名前だ。

Michael Jordan is a household name.
マイケル・ジョーダンは誰でも知っている名前だ。

バスケットボールを知らない人ですらも「マイケル・ジョーダン」の名前は知っているぐらいに浸透していることを意味しています。

住宅やアパートなどに関連した記事があるのであわせて読んでみてください。カタカナ用語になっている感じがあります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. whereabouts

    英単語の意味と使い方

    whereaboutsの意味と使い方

    whereaboutsはだいたいの居場所、おおまかな所在などを意味する…

  2. pressure(プレッシャー)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    pressure(プレッシャー)の意味と使い方

    pressure(プレッシャー)は大きくわけると気圧や血圧のように物理…

  3. call-off

    イディオム・熟語・慣用句

    call offの意味と使い方

    call offは大きくわけると2つの使い方があり、1つはイベントなど…

  4. 西暦

    英文法とライティング

    英語で西暦(年代)の読み方

    西暦の読み方・発音については習慣的なルールがありますが、人によって読み…

  5. complex

    和製英語とカタカナ英語

    「複雑」のcomplexとcomplicatedの違い

    complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で…

  6. dunk12

    和製英語とカタカナ英語

    ダンクシュートは和製英語!dunk(ダンク)の意味について考える

    英単語としてのdunkの意味を考える場合には、一般動詞としてのdunk…

おすすめ記事

  1. ハンバーグ
  2. rich / wealthy
  3. 眼鏡
  4. ゆるキャラ
  5. middle finger




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. appearの意味と使い方
  2. average(アベレージ・平均)の意味と使い方
  3. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方
  4. formula(フォーミュラ)の意味と使い方
  5. clear(クリアー)の意味と使い方
  6. boot(ブート)の意味と使い方
  7. physical(フィジカル)の意味と使い方
  8. plot(プロット)の意味と使い方




PAGE TOP