rock(ロック)とrocky(ロッキー)の意味と使い方

rock(ロック)とrocky(ロッキー)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2023.04.20

rock(ロック)は大きく2つの系統にわけて考えることができます。まずは「岩」としての大きな意味があり、ここから「岩っぽい、岩場の」「(岩がいっぱいあるかのように)困難な、難しい」といった使い方に広がります。

もう1つが「揺り動かす」「振動する」といった意味で使われる動詞で、ここから揺さぶるような音楽としてのロックミュージックの意味につながっていきます。

古くからスラングとしても使われる言葉で、廃れていったものも含めればいろんな使い方ができる言葉だといえます。ここではrock(ロック)とrocky(ロッキー)の使い方をご紹介します。

rock(名詞:岩)での使い方

rock(名詞:岩)での使い方

名詞では単純に「岩・ロック」のことを指しています。「鍵」はlockなので字が違います。ロッククライミング(Rock climbing)などのロックです。

ロックミュージックのロックは次に紹介する「揺り動かす」から来ているとされるので、「岩」とは関係がありません。

rock【rɑ́k】

lock【lɑ́k】

例文

I used to collect rocks when I was a kid.

子供の頃にはよく岩を集めていた。

例文

There was a big rock in the road, so I had to go another way.

道に大きな岩があったので、私は別の道を行かなければならなかった。

rockとstoneの違い

ロックとストーンは基本的には物質としては同じですが、イメージさせるものが違います。

例文

Rioters threw rocks at the police.

Rioters threw stones at the police.

暴徒は警察に石を投げた。

大きさなどに関係なく同じものとして使えますが、rockを使ったほうが危険なものを投げている感じがします。この意味ではrockのほうがゴツゴツしたイメージがあります。

また以下の場合は連想させるものがちょっと違います。

例文

We walked along a rocky road.

(岩だらけの道)

例文

We walked along a stony road.

(ヨーロッパにあるような石畳の道)

動詞でのrockの使い方(揺り動かす)

動詞でのrockの使い方(揺り動かす)

rockを動詞で使うと「揺り動かす」や「揺れ動く、振動する」といった意味になります。これは揺れる椅子の「ロッキングチェア」みたいな意味につながっています。

また音楽のロックミュージックは揺れ動くような激しい音楽という意味から来ていますが、そもそも1950年代に入って登場した音楽なので歴史としては浅いです。

例文

I rocked the baby to sleep.

赤ちゃんを寝かせるために揺り動かした。

例文

The boat rocked on the waves.

ボートが波の上で揺れ動いた。

うまい / 上手である

あまり一般的ではありませんがスラングとしてrockで「うまい、得意」といった意味もあります。品詞は動詞です。

例文

I rock at basketball.

私はバスケがうまい。

例文

She really rocks at fixing bikes.

彼女は自転車の修理が本当にうまい。

例文

He rocks with computers.

彼はコンピューターが得意だ。

rock outの意味

rock outの意味

rock outは文字通り音楽のロックを演奏するか、もしくはロックの音楽を必死に聞くこと、盛り上がることです。

辞書には「バカ騒ぎする」みたいな意味もありますが、基本的には音楽のロックを聴く、または演奏することに使います。

例文

I walked in on my husband while he was rocking out to X Japan.

夫がX JAPANでノリノリのところに出くわしてしまった。

例文

The band rocked out for four hours at last night’s concert.

そのバンドは昨夜のコンサートで4時間、ロックを演奏した。

例文

A police officer saw me while I was rocking out to that song in my car.

私が車であの歌で盛り上がっているときに、警察官は私を見た。

turn over rocks and stones

いろんな表現のバリエーションがあり決まった形がありませんが、おおよそ「岩や石をひっくり返して裏側を調べるぐらいに(徹底的に何かを探す)」という意味です。

「徹底的に探す!」を言い表しており、実際に岩や石をひっくり返すわけではありません。

everyやallが入ったり、いろんなバリエーションがあります。

以下は直訳していますが、そこを「徹底的に探す」の意味で置き換えてみてください。

例文

To solve this mystery, we need to turn over every rock.

この謎を解決するためには、我々はすべての石をひっくり返す必要があります。

例文

The detective was determined to turn over every stone to catch the criminal.

その探偵は、犯罪者を捕まえるためにすべての石をひっくり返す決意をしていました。

例文

The journalist turned over a lot of rocks to uncover the corruption scandal.

ジャーナリストは、汚職スキャンダルを暴くために多くの石をひっくり返しました。

例文

She left no stone unturned in her search for the truth.

彼女は真実を探すためにひっくり返さなかった石を残さなかった。

(=全部をひっくり返した)

rocky(形容詞)の意味と使い方

rocky(形容詞)の意味と使い方

形容詞でrockyといった場合には大きく3つぐらいの意味にわかれます。

どれも岩からのつながりで、まず本当に岩っぽいもの、岩がいっぱいある状態で「岩っぽい、岩場の」を意味します。

例文

The road was rocky so our car bounced a lot.

道が岩ばかりだったので、私たちの車は何回もバウンドした。

例文

Goats often live in rocky areas.

ヤギはしばしば岩場に住む。

例文

I took my bike down a rocky road.

バイクで岩場の道を下った。

例文

There is a rocky mountain on the edge of the city.

街の端には岩っぽい山がある。

大文字でThe Rocky Mountainsやthe Rockiesと書けば北アメリカ大陸の西側にあるロッキー山脈のことですが、上の文章では単なる岩肌の山です。

困難な、障害のある、問題を抱えた

そこから転じて物事がスムーズにいかないような状況を指すこともできます。トラブルがあって止まってしまうまではいかないけれど、ごたごたしてスムーズでない状態です。

例文

After some rocky negotiations we finally made a deal.

いくつかのごたごたした交渉の後で、私たちはついに取引を行った。

例文

It was a rocky first half, but they won the game 3-2.

前半はかなり難しかったけど、彼らは3対2で勝った。

不安定な、グラグラする

また岩がある不安定な場所のイメージから「グラグラする、不安定な」といった意味になります。言い換えると「shaky」や「unstable」です。

例文

This table is a little rocky.

このテーブルは少し不安定だ。

例文

His future will be rocky if he drops out of school.

もし学校を退学したら、彼の将来は不安定になるだろうね。

rockin’/ rocking(スラング)

「rockin’」「rocking」は70年代頃に流行った言葉で「cool」を意味する単語です。しかし、今ではほとんど使われない言葉です。カタカナの「ナウい」と似たような感じでしょう。

例文

That is a rocking jacket.

あれはイカしたジャケットだ。

例文

This party is rocking.

このパーティーはイカしてる。

アメリカに「Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve」と呼ばれる大みそかのイベントがあります。1974年に始まっており訳すと「ディック・クラークのイカした大晦日」みたいな感じでしょうか。

ラジオパーソナリティのディック・クラークが司会をしていましたが2012年に亡くなっていて、名前だけが残っています。このショーでのマライア・キャリーの口パク騒動がニュースになりました。

細かい話ですがrockingとするよりgがないrockin’のほうがかっこいい感じがしたそうです。

例文

That’s a rockin’ show.

(クールなショーに感じる)

例文

That’s a rocking show.

(あまりクールではない感じのショーになる)

また物によっては意味が異なるケースもあります。

例文

That is a rockin’ chair.

あれはイカした椅子だ。

例文

That is a rocking chair.

あれはロッキングチェア(揺り椅子)だ。

これらの使い方は次第に使われなくなり80年代~になるとbitchinがクールの意味で使われていきますが、それも古臭い言い方になっています。

女性への蔑称であるbitchと、クールの意味については以下の記事に使い方をまとめています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. cultural appropriation
  2. America(アメリカ)とUSAの違い
  3. ソウルフード
  4. 赤ちゃん
  5. 日本人と無神論

最近の記事

  1. ruins(廃虚、遺跡) / ruin(崩壊) の意味と使い方
  2. Mon / Mama / Mother「母親」を表す言葉の違い
  3. slip offとslip onの意味と使い方
  4. reticulated / reticulateの意味と使い方
  5. burn upの意味と使い方
  6. extremist / militant / terroristの意味の違い
  7. extreme(エクストリーム)の意味と使い方
  8. restraint(自制、慎み)とrestrain(拘束する、抑える)の意味と使い方
PAGE TOP