身体への攻撃は前置詞「in」を使う

叩く

身体の部位(顔、頭、足、手など)に対しての攻撃の表現には前置詞の「in」が用いられます。

これは前置詞の「in」の持つ一般的なイメージからは外れるような感じがしますが習慣的に「in」が使われています。

パンチ、キック、叩くだけでなく銃などの道具を使った攻撃、さらにパイ投げやデコピンのようなものまでやはり「in」が使われます。

攻撃に関する表現

攻撃する単語を使って「どこの部分を」「何で」といった状況を表す場合には前置詞が必要になります。例えば以下の様な言葉が代表的な攻撃方法です。

代表的な攻撃方法

hit(たたく)

punch(殴る)

kick(蹴る)

shoot(撃つ)

stab(刺す)

slash(切りつける)

slap(ひっぱたく)

この場合、攻撃を受けた箇所を指すときに身体のどの部分であっても「in」が使われるのが不思議な感じがします。

これは道具を使っているかどうかは関係ありません。

前置詞の使い方

基本的には以下のような形で使われます。

使う前置詞

in (身体の部分)

with(武器・道具)

by (人・攻撃者)

したがって以下のような文章になります。直接、人を指す場合(himやmeなど)は前置詞がいりませんが、「顔を叩いた」「足を蹴った」「胸を撃った」など身体の部分になると必要になります。

例文

He hit me.

彼は私を叩いた。

例文

He hit me in the face.

彼は私の顔を叩いた。

例文

He hit me with a bat.

彼はバットで私を叩いた。

例文

He hit me in the face with a bat.

彼はバットで私の顔を叩いた。

例文

I was shot in the arm by the police.

私は警察官に腕を撃たれた。

例文

I was slashed in the leg with a sword.

私は足を剣で切られた。

例文

He was shot in the arm.

彼は腕を撃たれた。

例文

She kicked him in the leg.

彼女は彼の足を蹴った。

例文

I got hit in the chest with a ball.

胸にボールが当たった。

デコピンやパイ投げもin

日本語だと攻撃に感じないようなデコピンやパイ投げも「in」を使って表現されます。

これは実際にあったニュースからです。

例文

Protester Sean Thompson was sent to jail on charges of assault after hitting Mayor Kevin Johnson of Sacrmento in the face with a coconut cream pie during a charity event.

抗議活動者のシーン・トンプソンは、チャリティーイベントの際に、サクラメント市長ケビン・ジョンソンの顔面にココナッツクリームパイを投げつけたことで暴行の罪で刑務所に送られた。

「デコピン」について書きましたがデコピンも「flick 人 in the forehead」となります。

この場合は明らかにおでこという表面を感じさせるので「on」のような感じもしますが「in」を使います。

my legとthe leg

これはどちらでもOKで、身体の部分には「my , his , her」などが付く場合が多いですが、文脈で明らかな場合はtheがつくこともあります。

以下の文章はともにOKです。

例文

I was kicked in my leg.

I was kicked in the leg.

結局のところ「in」を使う理由が何かあるのかよくわかりませんが、このようなルールになっています。しかし負った怪我(injury)についてはon(表面の怪我)とin(内部の怪我)で使い分けがされます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護者

    日本語から英語へ

    「保護者」を英語でどういうか?

    英語で子供などの「保護者」を意味する言葉にはguardianやcare…

  2. ユニーク

    和製英語とカタカナ英語

    unique(ユニーク)とuniquelyの意味と使い方

    カタカナでもおなじみの「unique (ユニーク)」ですが、英語では大…

  3. 最近・この頃

    英単語の意味と使い方

    recently, lately, these days, nowadaysの違い

    どれも「最近は、近頃は、この頃は」などの意味ですが少しニュアンスが異な…

  4. adversary / opponent / enemy / villainの違い
  5. New Year's resolution

    日本語から英語へ

    「新年の抱負」を英語でなんというか?

    結論から先に書くと「新年の抱負」は英語ではNew Year's res…

  6. life(ライフ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    life(ライフ)の意味と使い方

    life(ライフ)という言葉そのものはカタカナのイメージに近く大きく分…

おすすめ記事

  1. fix / repair / mend
  2. 支持する
  3. middle finger
  4. タクシー
  5. 保証する




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. outlaw(アウトロー)の意味と使い方
  2. dining(ダイニング)とdineの意味と使い方
  3. tailorの意味と使い方、オーダーメイドとの違い
  4. demonstration(デモンストレーション)の意味と使い方
  5. live(ライブ:形容詞)の意味と使い方
  6. volunteerの意味と使い方、ボランティアは無償なのか?
  7. life(ライフ)の意味と使い方
  8. seed(シード・種)とseedyの意味と使い方




  1. protect / protection / protectiveの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    protect / protection / protectiveの意味と使い方…
  2. 色を塗る

    英単語の意味と使い方

    pale, light, deep, vividなどの色の表現の違い
  3. 眼鏡

    英文法とライティング

    メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形
  4. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる
  5. risk

    英単語の意味と使い方

    risk(リスク)の動詞での使い方
PAGE TOP