circumvent(回避する)の意味と使い方、avoidとの違い

circumvent(回避する)の意味と使い方、avoidとの違い
 

公開日: 最終更新日:2020.05.22

circumventは「~を避ける、~を回避する」の意味ですが、日本語の解釈としては場合によっては「脱法」や「出し抜く」あたりも含まれてきます。言葉のイメージとしては、相手の弱点やスキをついて自分に影響を受けなくするような行為を指します。

ここではよく違いが比較される「avoid」との違いも含めて例文にまとめてみました。使い方の参考にしてください。

circumvent(回避する)の意味と使い方

circumvent(回避する)の意味と使い方

障害物や規制などを「避ける、回避する」といった意味です。

circumvent【sə̀rkəmvε’nt / sə́rkəmvε`nt 】

circum-はラテン語で「around」にあたる言葉だそうで、語源としてはグルっと回ってやってくるような意味です。circumstance(周囲の状況・環境)とも仲間のような言葉で円・サークルのイメージがあります。

以下の例文のように使うことができます。

例文

The burglar circumvented the alarm system.

強盗はアラームシステムを回避した。

例文

He has an idea to circumvent the law.

彼は法律を回避できるアイデアがある。

例文

Pachinko has been able to circumvent gambling restrictions.

パチンコはギャンブル規制を回避することができている。

circumventとavoidの違い

circumventは「avoid(避ける)」や「disable(無効にする、無力化する)」とも意味が近い単語ですが、ちょっとニュアンスが違います。

circumventは弱点などをついて影響をなくすような手段を選ぶことです。いくつか同じ文章で受ける印象やイメージの違いを比較してみます。

例文

The burglar avoided the alarm system.

強盗はアラームシステムを避けた。

avoidは解釈が広いですが、これだとスパイ映画にあるようなレーザー光線が張り巡らされた金庫を、身体をくねくねさせ避けながら進んだ感じもします。

例文

The burglar disabled the alarm system.

強盗はアラームシステムを無力化した。

これも少し曖昧ですが「disable」を機械に使うと、おそらく電力を切ったり作動しないようにしたことになります。この場合は警報システムそのものが作動しないようにしています。

例文

The burglar circumvented the alarm system.

強盗はアラームシステムを回避した。

circumventを使っても「弱点・抜け穴をついて影響を受けないようにする」ぐらいの意味であって、具体的にはわかりません。

たとえばレーザー光線の張り巡らされた金庫なら鏡を置いてレーザーをカットしたりです。機械は作動しています。身体をくねくねさせて避けてもいません。けれど自分が影響を受けないように何か弱点をついています。

circumventとavoidの例文による比較

もう1つ例文を出して検証してみます。

パチンコ屋はいわゆる「三点方式」のようなやり方、違法性を問われにくい形でパチンコ玉を現金化できます。

三点方式は簡単にいえば、パチンコで勝った場合にパチンコ屋から直接勝った分の現金をもらうのではなく、パチンコ店で勝った時にもらった特殊な景品をたまたま営業している横の古物商が買い取ってくれた、という体裁をとることです。

例文

Pachinko has been able to disable gambling restrictions.

パチンコ店はギャンブル規制を無効化できている。

これだと政府を説得して、法律が適用されないように、法律がないようにしているといった感じの意味になります。

例文

Pachinko has been able to avoid gambling restrictions.

パチンコ店はギャンブル規制を避けることができている。

この書き方だと、おそらく裏スロット、アングラパチンコのような、秘密で運営されているような印象を受けます。規制・法律は存在していますが、それを避けているので違法なことです。

例文

Pachinko has been able to circumvent gambling restrictions.

パチンコ店はギャンブル規制を回避できている。

実態の描写としてはあっており、規制・法律はあります。ただし、それを三点方式という仕組みで相手の弱点・スキをうまく利用して回避することで自分が影響を受けないようにしています。言葉としては「出し抜く」「脱法」あたりも近いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  2. ソウルフード
  3. 「stay at home」と「stay home」の違い
  4. ファックについて
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

最近の記事

  1. moan / groan / grunt (うなり声、うめき声)の意味の違い
  2. swirl(渦巻・ぐるぐる)とwhirlpoolの意味と使い方
  3. 「issue」と「problem」の意味の違い
  4. fight off(撃退する、追い払う)の意味と使い方
  5. subsidy(補助金・助成金・給付金)とsubside(弱まる)の意味と使い方
  6. alligator(アリゲーター)とcrocodile(クロコダイル)の違い
  7. piggyback(おんぶ)の意味と使い方
PAGE TOP