名前

英語における山田太郎のような名前

日本における「山田太郎」のような、どこにでもいそうな名前を意味するのが英語圏ではJohn Smith(ジョン・スミス)となります。

ジョンもスミスも非常にありふれた名前と苗字なので、映画やドラマでジョン・スミスが登場すると暗に偽名であることを示唆している場合が多いです。

このジョン・スミスはいくつかの映画や漫画でも見つけることができます。

アメリカの古いテレビドラマ『特攻野郎Aチーム』でリーダー通称ハンニバルはジョン・スミス大佐と名乗りますが、これも変装の名人であることなども含めて偽名である可能性を示唆しています。

日本の作品ですが『涼宮ハルヒの憂鬱』でもこの名前が重要な鍵になっていました。

しかし日本でも探せば山田太郎さんがいるように、実際にジョン・スミスさんも大勢いると思います。

他にも探してみると名前記入のサンプル欄には「Joe Bloggs」「Fred Bloggs」などもあるようです。

オーストラリアでは典型的な男性の名前が「ブルース」女性が「シーラ」になる話は『オーストラリアのジョーク』で触れています。

ある男が、ある女が

日常会話や物語で誰かの話をする場合に、その男が誰であるかは重要でない時があります。

名前も重要ではない、ごく平均的などこにでもいるありふれた男、女といった意味です。そこから何かに巻き込まれて話が展開する可能性はありますが、その前では普通の人です。

これを北米ではaverage Joeまたはordinary Joeといったりします。女性の場合はplain Janeという言葉が存在しています。

キリンビールで「普通の人が夢をかなえる企画」がありました。

ロケットニュース24の記事としてスティーブが書いたタイトルは以下のようなものです。

カンフー映画に憧れるサラリーマンが、ジュッキー・チェンと共演してカンフー映画のお約束を演技していく企画です。

残念ながら映像はもう見れなくなっていましたが、客演として中川翔子さんも出演していました。

Ordinary Joe’s dream of acting with Jackie Chan realized in Kirin beer’s latest epic commercial
(どこにでもいる男がジャッキー・チェンと共演する夢をキリンビールの最新の素晴らしいコマーシャルで実現)
from RocketNews24 English

generic name(一般名・普通名称)

generic nameとは「属名、総称、一般名、普通名称、同種の商品などに一般に使われる呼称」のことです。

Taylor Swift(テイラー・スィフト)さんが有名アイドルと名前が一緒なことが原因でメールアドレスを変更したどうでもいいニュースを流したことがあります。

Taylor Swiftさんも、なんら特殊な名前ではなく、わりとありふれた名前にはなるそうです。

ほかにもMichael Jacksonなども同様で、日本語でいえば漢字は別としても「きむらたくや」「さとうたける」のように、友達にいてもなんら不思議ではないのがgeneric nameです。

「generic」で「ノーブランドの、無印の、総称の、市販の、パッケージの、全体的な」といった意味があります。

unisex name(中性的な名前)

同じくTaylorは男性、女性ともに使える男女の区別がない名前になります。

英語圏での男女ともに使える名前をピックアップしてもらうと以下のようなものです。

Chris, Pat, Alex, Dana, Hunter, Jamie, Morgan, Robin, Ronnie, Shannon, Terry, Tracey

英語人名は普段は短縮形が使われることも多いです。アダ名やニックネームとも性質が違い、短縮形も本名と同様、より公的に扱われています。

正式名はマイケル (Michael) がマイク (Mike)、マイキー (Mikey)、ミッキー (Micky)、ミック (Mick)などです。

Chrisの場合は男性がChristopher(クリストファー)、女性はChristine(クリスティーン)だったりしますが、短縮すると共にChrisとなり中性的な名前になります。

nickname(ニックネーム)

上にあげたような短縮形の名前でいえば、スティーブの本名はスティーブンで「スティーブなの? スティーブンなの?」とよく質問されています。

これはどっちも正解で、省略しているだけです。

Steve is short for Steven.
(スティーブはスティーブンの短縮だ)

Rob is short for Robert.
(ロブはロバートの省略だ)

先に紹介したようにアレキサンダーがアレックスだったり、マイケルがマイクだったりします。

しかし、こういうのは「ニックネーム」とは呼ばないそうです。

世の中にはいろんなマイクやスティーブがいるので省略形ではあるけれど、ニックネームではありません。もっとその人個人につけられる名前で、ニックネームのほうが本名より長くなることもあります。

Eric Clapton’s nickname is Slowhand.
(エリック・クラプトンのニックネームは「スローハンド」だ)

Matsui’s nickname is Godzilla.
(松井のニックネームはゴジラだ)

アーティストと本名を切り分けている人には「stage name」といった言葉もあります。

これは日本語でいう「芸名」に近いものです。

Eminem is Marshal Mathers’ stage name.
(エミネムはマーシャル・マザーズのステージネームだ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  2. Fuck(fucking)についての考え
  3. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  4. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  5. 英会話スクールの講師になる方法

関連記事

  1. ブレーク

    イディオム・熟語・慣用句

    break up / down / off / in の違い

    breakは後ろにoff, up, downなどをともなって様々な意味…

  2. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム

    アプリの中で配信したニュースに、washをつかった別々の表現がたまたま…

  3. 葬式

    英単語の使い方と単語比較

    葬式など死に関連するセレモニーの英語

    英語圏の国といってもさまざまあり、地域・宗教・宗派によって多くの種類の…

  4. オルタナティブ

    英単語の使い方と単語比較

    オルタナティブ(alternative)の意味は?

    ニュースなどでもたまに「alternative(オルタナティブ)」とい…

  5. スナップ

    英単語の使い方と単語比較

    スナップ写真のsnapはどういう意味か?

    カタカナでも「スナップ写真」などのように使われているsnapですが、英…

  6. カタカナ英語

    和製英語

    カタカナビジネス用語は英語として本当に使えるのか?

    最近に始まったことではありませんが、聞き慣れないカタカナ語がビジネスシ…

おすすめ記事

  1. カタカナ英語
  2. パン
  3. フリーティー
  4. はてぶ
  5. センテンススプリング
  6. 失恋
  7. ツイッター
  8. asas
  9. 都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. カタカナ英語
  2. compensation
  3. qualify
  4. スパイ
  5. 寛容
  6. ホームとハウス
  7. 決心する
  8. ダイエット
  9. 刺激する
  10. 祝う
  1. feather in the cap

    イディオム・熟語・慣用句

    feather in the cap(羽の付いた帽子)
  2. 辞書

    スラング

    ICYMI、TMI、hellaなど1400の新語が辞書に登録
  3. タッチ

    英単語の使い方と単語比較

    touch(タッチ)は性的な意味で受け止められる
  4. element

    英単語の使い方と単語比較

    英語のelement(エレメント)が意味するものは?
  5. news

    英文法とライティング

    英語ニュースの見出しの文法とルール
PAGE TOP