in the name of / go by the name ofの意味と使い方

in-the-name-of

「go by the name of」と「in the name of」は形は似ていますが意味や使い方としては異なります。

go by the name ofが「~という名前を使う」の意味になるのに対して、in the name ofは「~の名の元に」といった原因・理由を表すやや大げさな表現です。

使い方をネイティブスピーカーにヒアリングをして以下の例文にまとめています。あわせて類似の「in one’s name」の使い方もご紹介しています。

go by the name of…

「~という名前を使う」の意味で以下のように使います。本名のほかに別の名前(ニックネーム、異名)などがある場合に使われます。

Her name is June, but she goes by the name of Sunshine.
彼女の名前はジェーンだが、彼女はサンシャインという名を使っている。

本名と別名があるケースにも使えますが、1つしか名称がない場合でも使うことができます。

Toyota’s best selling hybrid car goes by the name of Prius.
トヨタの最も売れているハイブリッドカーはプリウスという名前を使っている。

プリウスはプリウス以外の名前は特にありませんが、その場合でも単に「~という名前を使う」としても使えます。

people callとの違い

people callが文字通り人々がそう選んで呼んでいるニュアンスがあるのに対して、go by the name ofは本人がそれを選択しているニュアンスがあります。

People called Michael Jackson the King of Pop.
(人々がそう選んだニュアンス)

Michael Jackson went by the nickname King of Pop.
(マイケル・ジャクソンが選んだニュアンス)

Toyota’s best selling hybrid car goes by the name of Prius.
(トヨタが選んでいるニュアンス)

△ People call Toyota’s best selling hybrid car Prius.
(人々が選んだわけではないので少し変です)


in the name of

in the name ofは「~の名において」「~の名目で」といった意味になります。言い換えるとbecause of(~だから)と考えても本質的に表している内容は同じです。

しかし「~の名において」が日本語でもドラマティックな響きがある、悪く言えば大げさに聞こえる点は英語でも同じです。

何かの行動の「原因・理由」を表している言葉だといえます。

Stop in the name of the law!
法の名において止まれ!

He quit his job in the name of love.
彼は愛という名の元に仕事をやめた。

The charity was established in the name of curing cancer.
そのチャリティーは癌治療の名の元に設立された。

これらは言い変えると「Stop because it is the law!(法律だから止まれ!)」と言っているのと同じです。

「愛の名の元に仕事をやめる」は彼女との生活を優先して仕事を辞めるようなことですが、それをドラマティックに表現するとこうなります。

in one’s name

「in the name of 」と「in one’s name」の両方に意味としては「~を代表して」といった意味にも近い使い方もあります。

これも同様に「~の名において」と考えてもいいと思います。

Many donations were made in the victim’s name.
=Many donations were made in the name of the victim.
犠牲者の名において多くの寄付があった。

偽名で犠牲者の名前を使ったという可能性は否定できませんが、犠牲者を代表して、名目でといった意味になります。

Someone bid $2 million on the painting in the name of wealthy tycoon.
=Someone bid $2 million on the painting in a wealthy tycoon’s name.
誰かが裕福な将軍の名において、その絵画に200万ドルの値をつけた。

注意点として「in one’s name」はmyやhisのような形になりますが、「in the name of」は「in the name of me」のようにはなりません。

He donated $5,000 in my name.
彼は私の名において5000ドルを寄付した。

He donated $5,000 in the name of me.
(こういう使い方をしません)

He donated $5,000 in the name of I.
(こういう使い方をしません)

これも「彼が私の名前を使った」と解釈することは可能ですが、意味として「私の名において」みたいな感じになります。

寄付をしたのは彼だけども、その寄付をした功績・名誉は私が受け取ることになるといった意味になります。

わりとこのような行為は一般的で、寄付などをして社会的に目立つのが嫌なケースや、誰かの誕生日などでその誕生日の人の名前において寄付することで寄付をした功績が誕生日の人に行く、結果的にその人への誕生日プレゼントになるといった流れです。

これも振り込みの名義がどうこうや偽名を使ったという事務的な問題ではなく、もっと広い意味での物事のとらえ方になります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. in the course of
  2. record

    英単語の意味と使い方

    recordの意味と使い方のまとめ

    ほぼカタカナでそのまま意味の通じる「レコード」は「記録」として使われま…

  3. only to find

    イディオム・熟語・慣用句

    only to findの意味と例文

    ニュース文にもたびたび「only to 動詞」の形で、よく「(only…

  4. raise

    英単語の意味と使い方

    raise(レイズ)の意味と使い方

    受験の問題にも頻出の単語で読み方はraise【réiz /レイズ】です…

  5. site

    英単語の意味と使い方

    site(サイト)の意味と使い方

    site(サイト)といえば、現代ではwebsiteでの使い方が最も耳に…

  6. parlor(パーラー)

    英単語の意味と使い方

    英語でパーラー(parlor)の意味は?

    アメリカ英語ではparlor、イギリスではparlourと書かれ、カタ…

おすすめ記事

  1. capital-letter
  2. rich / wealthy
  3. present
  4. 影響を与える
  5. ファックについて




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 「中古」を意味するsecondhandとusedの違い
  2. like(~のような・~のように)の意味と使い方
  3. invade / invasive / invasionの意味と使い方
  4. restの動詞・名詞での意味と使い方
  5. result inとresult fromの意味の違い
  6. carry onの意味と使い方
  7. break out / outbreakの意味と使い方




  1. desert(デザート)の動詞・名詞での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    desert(動詞:見捨てる)とdesertedの意味と使い方
  2. patch(パッチ)

    英単語の意味と使い方

    patch(パッチ)の意味と使い方
  3. run-ran

    英単語の意味と使い方

    runの経営する・運営するの意味での使い方(例文付き)
  4. drop

    英単語の意味と使い方

    dropの意味と使い方
  5. imagery

    英単語の意味と使い方

    imageryとimageの違い
PAGE TOP