オーストラリアのジョーク

Australia
 

公開日: 最終更新日:2019.12.5

ネットでもたまに「アメリカンジョーク」を取り扱った短い文章や会話を見かけます。

オーストラリア人のクリスに「オーストラリアのジョークってあるの?」と質問してみました。

そもそも「アメリカンジョークの定義ってなに?」みたいな話になりました。

彼の説明によると、アメリカンジョークもオーストレリアンジョーク(オーストラリアン・ジョーク)も、ユーモアのセンス、笑いのツボみたいな部分は近いものだそうです。

典型的なアメリカンジョークは、銃問題を扱ったり、アメリカの偉人が登場したり、アメリカ人の性格を描写しているものです。

オーストラリアンジョークも同じく、オーストラリア独自の文化やオーストラリア人の性格を笑いにしたものが典型的なオーストラリアンジョークになります。

各国の文化や人々を問わない、英文法の間違いや文章の勘違いをユーモアにしたジョークは英語圏共通のジョークで、特に「アメリカン」ではないものもしばしば日本ではアメリカンジョークとして扱われています。

典型的なオーストラリアのジョーク

Sheila walked into the kitchen to find Bruce stalking around with a fly swatter.
“What are you doing?” She asked.
“Hunting Flies” He responded.
“Oh. Killing any?” She asked.
“Yep, 3 males, 2 Females,” he replied.
Intrigued, she asked. “How can you tell them apart?”
He responded, “3 were on a beer can, 2 were on the phone.”

シーラがキッチンに行くと、ハエたたきを持ってハエを追いかけているブルースをみつけた。
「何をしてるの?」と彼女はたずねた。
「ハエを殺しているのさ」と彼は答えた。
「そう、何匹か殺したの?」と彼女はたずねた。
「ああ、オスを3匹、メスを2匹」と彼は答えた。
興味深く、彼女はたずねた。「どうやってオスとメスを見分けたの?」
彼は答えた。「3匹はビールの缶の上に、2匹は電話の上にいたのさ」

これが典型的なオーストラリアのジョークになっている要素は、1つはオーストラリア人の男性はビールが好きで、女性は電話が好きというオーストラリア人のパーソナリティを描写している点です。世界共通で男はビール好き、女は電話好きな感じもしますが、オーストラリア人は特にそうだという話です。

もう1つは登場人物の名前のSheilaとBruceが典型的、一般的なオーストラリア人を表現するときの名前になるそうです。

特に大きめの辞書で調べると2つも俗語として「Sheila=スラングでオーストラリア人女性を指す」といった形で掲載されています。

ではオーストラリアにこの名前の女性が多いかといえばそうでもなく、スラングでオーストラリア人女性を指すことは知られているので、わざわざそんな名前を子どもにつけないからです。

日本でいう「太郎」と似たような感覚で、麻生太郎さんのようにいないことはないですが、わざわざつけるかといえばそうでもない話です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. select
  2. ファックについて
  3. America(アメリカ)とUSAの違い
  4. 仮予約
  5. middle finger

最近の記事

  1. escort(エスコート)の意味と使い方
  2. troop(部隊)とtrooperの意味と使い方
  3. realize(リアライズ )の意味と使い方、noticeとの違い
  4. stationの動詞・名詞での意味と使い方
  5. glamor(グラマー)とglamorousの意味と使い方
  6. godfather(ゴッドファーザー)の意味と使い方について
  7. staple(ホッチキスでとめる / 食糧 主食)の意味と使い方
  8. manner(マナー)とmannersの意味と使い方
PAGE TOP