known

known asとknown forの使い分け

known asとknown forは「~として知られている」の意味ですがasとforで使い方が異なります。

ネイティブに作ってもらった例文を交えながらご紹介していきますが基本的には以下の様な使い分けです。

known for(~で知られている)

forの後ろには有名な動作やアクション、味や技術、特徴などが入ります。「~だから知られている、~によって知られている、~で知られている」となります。

The restaurant is known for its very spicy foods.
(そのレストランはとても辛い料理で知られている)

Johnny Depp is known for playing strange people.
(ジョニー・デップは変な人々を演じることで知られている)

Horiemon is known for his strong opinions about various topics.
(ホリエモンは様々な話題への強い意見で知られている)

Shigeru Matsuzaki is known for his dark skin.
(松崎しげるは黒い肌で知られている)

Chicken Ramen is known for its good taste.
(チキンラーメンはその美味しい味で知られている)

簡単に言い換えた時にhas/haveになるようなものです。

Shigeru Matsuzaki has dark skin.
Chicken Ramen has a good taste.

famous for

その上でもう少し踏み込んで書くと「Known for」は「famous for」と言い換えることができます。知られていることは裏を返せば有名だからこそ知られているからです。

有名、知られている、ともにどのレベル(地域、国)で? といった問題がありますが文脈によるそうです。

My brother is known for his great drawings.
兄はすごい描画・絵で知られている。

上のように言うと、おそらく「小さな地域、近所、街レベルの有名人」といった印象になります。

My brother is famous for his great drawings.
兄はすごい描画・絵で有名だ。

famousを使うとおそらく「広い地域、国、世界レベル」といった印象を与えますが、実際のところは確認してみないとわかりません。

ただし文脈によっては明らかに広いエリアを共通で指すケースもあります。

Nissin is known for their Cup Noodles.
Nissin is famous for their Cup Noodles.
日清はカップヌードルで有名/知られている。

有名は本当に程度の差が話す側の感覚次第なので、英会話などでちょっと言葉を選ぶ時の参考にしてください。

known as(~として知られている)

こちらは別名や異名などイコールで結べるような関係のものが入ります。

asが示すように、同じものが異なる形態や性質などで知られているケースに使われます。言い換えるとis(be動詞)になるようなものです。

日本語では「~として知られている」と訳すのが自然ではないでしょうか。

どちらも有名人や有名なものに対して使われることが多く、無名の一般人にはあまり使いません。

McDonald’s is known as a leading fast-food chain.
(マクドナルドは業界最大手のファストフードチェーンとして知られている)

Shigeru Matsuzaki is known as a great singer.
(松崎しげるは偉大な歌手として知られている)

Chicken Ramen is known as the first successful instant noodle.
(チキンラーメンは初の商業的に成功した即席麺として知られている)

エミネムの例

もう少しわかりやすくするため、アメリカのラッパー、エミネムの本名「マーシャル・マザーズ」を例に比較してみましょう。

Marshal Mathers is known for his rapping.
(マーシャル・マザーズはラップ技術で知られている)

Marshal Mathers is known as a rapper.
(マーシャル・マザーズはラッパーとして知られている)

Marshal Mathers is known as Eminem.
(マーシャル・マザーズはエミネムとして知られている)

Marshal Mathers is the rapper known as Eminem.
(マーシャル・マザーズはエミネムとして知られるラッパーである)

× Marshal Mathers is known for Eminem. (NG)
(*この使い方はおかしい)

また2016年に亡くなった歌手のプリンスが、自身の名前を読めない記号に変更したためメディアから『The Artist Formerly Known as Prince.』と呼ばれたことについて以下の記事で触れています。

a.k.a.(also known as)

known asは”a.k.a.(also known as)”として特に別名や異名を持つ人に使われる形です。

アカではなく「エイ・ケイ・エイ」と発音されます。「~としても知られる」などの意味です。

Marshal Mathers, a.k.a. Eminem, won an Oscar in 2003.
(エミネムとしても知られるマーシャル・マザーズは2003年にオスカーを受賞した)

Horie, also known as Horiemon, was arrested on January 23rd.
(ホリエモンとしても知られる堀江氏が1月23日に逮捕された)

known to

be known toの使い方は少しややこしいので別のページに独立してまとめたものがありますのでそちらをご覧ください。大きくわけるとknown toで2つの意味があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  2. scent / smell / stink / odor / aroma / s…
  3. rich / wealthy / well off / abundant / a…
  4. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  5. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件

関連記事

  1. smell

    英単語の意味と使い方

    smell / sniff / sniffleの違い

    sniffとsmellはどちらも意味は「におう、においを嗅ぐ」になりま…

  2. take-to

    イディオム・熟語・慣用句

    take toの意味と使い方

    takeは元々は何かを取るような漠然としたイメージの言葉で、さまざまな…

  3. コンポーネント

    英単語の意味と使い方

    component(コンポーネント)とpart(パーツ)の違い

    component(コンポーネント)とpart、parts(パーツ)は…

  4. 英単語の意味と使い方

    solveとresolveの違い

    「解決する」と日本語訳があてられるsolveとresolveですが、こ…

  5. alike

    英単語の意味と使い方

    alike / similar / sameの違い

    簡単なように見えて聞きなれない感じもする「alike」がニュースに登場…

  6. meant

    イディオム・熟語・慣用句

    meant toの意味と使い方

    meantはmeanの過去形と過去分詞です。このmean(意味する、意…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. yera-old
  2. ゆるキャラ
  3. manager
  4. 外国人
  5. 炎上
  6. 花粉症
  7. fix / repair / mend
  8. all-you-can-eat
  9. カタカナ都市名

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. football

    イギリス

    サッカーのイギリス代表はなぜ存在しないのか?
  2. want

    英単語の意味と使い方

    wantとdesireの違いについて
  3. capture

    和製英語とカタカナ英語

    capture(キャプチャー)の意味と使い方
  4. オークション

    英単語の意味と使い方

    auction(オークション)とbid(入札)の意味と使い方
  5. after

    英単語の意味と使い方

    name after, take afterなど様々なアフターの使い方
PAGE TOP