チャレンジ

和製英語の検証「チャレンジ(Challenge)

和製英語とまではいいませんがチャレンジ(Challenge)もカタカナ独特の使い方がされており、英語の本来の意味と少しズレが生じている言葉です。

英語では以下の様な表現があります。基本的な使い方だと思ってください。

①He challenged the knight to a duel.
(彼は騎士に決闘を申し込んだ)

challenge to a duelで「決闘の申し込み」として使われます。

②This was a big challenge for me.
(これは私には大きな挑戦/課題だった)

②のような表現は可能ですが、日本語とも少しニュアンスが異なります。

He challenges the TOEIC test.

この動詞のchallengeの使い方は、間違いとは言い切れないけど少し日本人独特の英語表現で、自然さに欠けるようです。

カタカナでは「この夏、ヨガにチャレンジする」「TOEICにチャレンジするよ」といった使い方がされますが、その多くはtryやtakeで表現可能です。

I’m going to try taking the TOEIC test.
(TOEICに挑戦するつもりだ)

take on

試験などの場合は上のようにtryを使ってもいいのですが、take onも使えます。「少し難しいことやレベルが高いことに挑む、挑戦する」の意味があります。

He took on the TOEIC test.
(彼はTOEICのテストに挑んだ)

He took the TOEIC test.
(彼はTOEICのテストを受けた)

競争・競い合うイメージの言葉

英語のChallengeは人やモノどちらにも使えますが、明確に自分に挑戦してくるものや、挑んでくるものに対して使います。競争の色合いが濃いです。

ヨガもTOEICも、別に私達に勝とうとは思っていないし「このポーズをとれるものならとってみろ!」「お前らに800点は絶対にとらさない!ぶっ潰してやる」なども思っていません。

そもそもTOEICもヨガそのものに意思はなくただの試験やエクササイズです。戦ってると思っているのは自分だけです。

同様に災害なども同じ扱いで「震災の時、消防士達は果敢にチャレンジした」といった表現もしません。自然災害もランダムに発生するだけです。

明確にお互いに、双方に競争する、競い合うような場面に「Challenge」は使われます。

Trump challenged Hillary to be the US president.
(トランプはアメリカ大統領になるためにヒラリーに挑んだ)

challengeを動詞で使う場合には後ろに人などを置くと自然な英文になります。

I challenge you to a game of darts.
(ダーツでお前に勝負を挑む)

モノに対してチャレンジ

以下は踏み込んだ話ですが、意思を持たないモノに対して「challenge」がまったく使えないわけでもないそうです。

そこに「競争」の文脈があるならば、表現としては可能になります。

例として、アメリカの多くの歌、物語、演劇、小説などでよく登場する「ジョン・ヘンリー(John Henry)」という伝説の人物がいます。

ジョン・ヘンリー(Wikipedia)

1900年代初頭にモデルとなった人物がいるようです。

ヘンリーは大男の素晴らしいハンマー使いの労働者でした。しかし鉄道を敷くために鉄道会社が、機械化された蒸気で動くハンマーを導入しようとします。

そこでヘンリーは仲間の仕事を守るため、蒸気の機械ハンマーとの対決を行います。彼は勝利しましたが心臓麻痺で亡くなってしまいます。

機械VS職人のような図式や、さまざまな示唆に富んだ話として、現代のIT化のニュース記事などでも比喩などとしても登場します。

John Henry challenged the steam-powered hammer to steel-driving race.
(ジョン・ヘンリーは蒸気で動くハンマーに、ハンマー使い競争で挑んだ)

この場合など相手の「蒸気で動くハンマー」は意思を持っていませんが「challenge」で表現が可能です。

モノがモノにチャレンジ

またそこに「競争」の意味が見て取れるならばモノがモノにチャレンジすることは表現として可能です。

The Mini-Disc challenged the Compact-Disc in portable music.
(ミニディスク/MDはポータブル音楽においてCDに挑んだ)

The Prius challenged all other cars to be more fuel efficient.
(プリウスは燃費において、他のすべての車に挑戦した)

まとめ

人がモノに「チャレンジ」することは、そこまで多くはありません。

The firefighters challenged the Kumamoto disaster.
(消防士は熊本震災にチャレンジした)

上のような表現は基本的にはないのですが、可能性として「詩的」に使うならばありえるかもしれません。ただ「詩」として考えるなら、あらゆる表現が許容されてしまいます。

日本人が間違った感じで使うのとはまた別の意味です。

pose a challenge(難題をもたらす、課題をもたらす)の表現があるので、少し意味は異なりますがこちらのほうがまだ使いやすいかもしれません。

日常の会話でも登場できる可能性があります。

The Kumamoto disaster posed a challenge for firefighters.
(熊本の震災は消防士達に難題をもたらした)

Yoga is posing a challenge for me since I haven’t exercised in years.
(ヨガは私に課題をもらたした。なぜなら数年、エクササイズをしていなかったから)

関連してチャレンジすることを決心する意味での表現の解説があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  3. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  4. アメリカと日本の育児方針の違い
  5. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ

関連記事

  1. news

    英文法とライティング

    英語ニュースの見出しの文法とルール

    英語のニュースの見出し・ヘッドライン(Headlines)は独特の表記…

  2. holiday

    イギリス英語とアメリカ米語

    day off / holiday / vacationの違い

    カタカナでもおなじみのホリディ(holiday)が具体的にどのような日…

  3. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる

    かかる時間を表すtakeに関してネイティブの意見を交えながら掘り下げて…

  4. pollution

    英単語の使い方と単語比較

    contaminationとpollutionの違い

    contaminationとpollutionはどちらもニュースでは「…

  5. complex

    和製英語

    complexとcomplicatedの違い

    complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で…

  6. 英単語の使い方と単語比較

    moralとmorale、motivationの違い

    moral(モラル)とmorale(モラール)は発音もスペルも似ている…

おすすめ記事

  1. ミッションインポッシブル
  2. lay-lie
  3. 保証する
  4. 眼鏡
  5. シューズ
  6. ifと仮定法
  7. 影響を与える
  8. カタカナ
  9. bread
  10. フリーティー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. 寄付
  2. prove
  3. ミッションインポッシブル
  4. スタントマン
  5. have gone to
  6. pedestal
  7. マイルストーン
  8. 歴史的な
  9. correspond
  1. 赤ちゃん

    アメリカ

    アメリカと日本の育児方針の違い
  2. record

    英単語の使い方と単語比較

    recordの意味と使い方のまとめ
  3. タイタン(巨人)

    文化と体験

    タイタン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人
  4. 猫の画像

    文化と体験

    アニマルシェルターと動物愛護
  5. known

    イディオム・熟語・慣用句

    known asとknown forの使い分け
PAGE TOP