attempt / try / try outの違い

トライ

すでにカタカナとしてもかなり使われている「try」の使い方や基本的な意味をまとめています。

「try」と「try out」についてはかなり近い意味ですが、ややtry outのほうが挑戦するようなニュアンスが濃くなります。

このあたりの違いや「attempt」など類義語との比較も含めてネイティブスピーカーに作ってもらった例文を交えてご紹介します。

tryの意味と使い方

カタカナになっているように何かを試みるアクションを指します。

日本語では「試す、やってみる、試みる、企てる、試験する、~に当たってみる」などですが、ちょっと挑戦するようなニュアンスがわかれば無理に日本語にしなくてもいいような気がします。

例文

He always tries to make me angry.

彼は私をいつも怒らせようとする。

例文

I will try to exercise more.

もっと運動してみるつもりだ。

例文

We won’t try to buy a house until next year.

来年まで私は家を買うことはないだろう。

同じくカタカナになっている「チャレンジ(challenge)」については以下の記事にまとめています。

try one’s hand at

これで何か新しい体験、経験、アクティビティーなどをやってみるといった意味になります。

ではスケートボードやスノボなど手を使わないような場合はどうするのかといった疑問もありますが、これらはイディオム・熟語なので具体的な手足の作業は関係ありません。

例文

I decided to try my hand at skateboarding.

スケボーをやってみることに決めた。

例文

If you like video games, you should try your hand at computer programming.

もしテレビゲームが好きなら、コンピューターのプログラミングをやってみるべきだよ。

またone’sの部分が複数人であってもhandと単数にするのが一般的とされています。

例文

They all wanted to try their hand at karate.

彼らはみな空手をやってみたがった。

try out(トライアウト)の意味

トライアウトもよく野球やサッカーで戦力外通告を受けた選手が新しい所属先を求めて試験を受ける際に使われます。

この意味で、何かをする資格や適性があるかを試みる際に使われます。

訳しにくいので「~を目指して競う」や、意味がわかるならば「トライアウト」でもいいかもしれません。

例文

He’s trying out for the baseball team.

彼は野球チームのトライアウトを受けている。

例文

She wants to try out for the school play.

彼女は学校劇に挑戦したいと思っている。

また何かが合っているかを試す意味もあります。

例文

I will try out a new type of exercise.

新しいタイプのエクササイズを試してみるよ。

例文

I’m going to try out a few phones before I decide which one to buy.

どちらを買うか決める前に、いくつかの電話を合うかどうか試してみるよ。

tryとtry outの違い

「try」と「try out」はそこまで大きく意味が異なるわけではありませんが「try out」のほうが、何かと何かが合うか、適正があるか、合致するかを色濃く反映しています。

人によってはすでに紹介したtry outの例文でも、tryだけを使ってくることもあるので、特にoutがあるからないからで大きく意味が変わるわけではありません。

例文

I will try a new type of exercise.

新しいタイプのエクササイズを試してみるよ。

例文

I’m going to try a few phones before I decide which one to buy.

どちらを買うか決める前に、いくつかの電話を試してみるよ。

try outについてはtry onとの比較も書いているのであわせてご覧ください。

食べ物について話す時

tryout

しかし食べ物について話す場合には”try”と”try out”のニュアンスの差がより出るようになります。

例文

Would you like to try a piece of my apple pie?

私のアップルパイをひとくち食べてみない?/ 初めて食べる

例文

Would you like to try out a piece of my apple pie?

私のアップルパイをひとくち試食してみない?/(あなたにとって)美味しいか確認してほしい

try outはあなたにとって味があっているかどうか? をよりフォーカスした表現です。tryだけど挑戦してみないといった感じになります。

ネイティブレベルのニュアンスの使い分けといった感じで、そこまで神経質になる必要はないかと思いますが、英会話で使える時はぜひ使い分けてください。

attemptとtryの違い

「~を試してみる、努力してみる、試みる、挑戦する」で2つはほとんど意味は同じです。

例文

I attempted the Eiken level one exam.

= I tried the Eiken level one exam.

私は英検1級に挑戦した。

例文

She will attempt to jump over a bus on her motorcycle.

= She will try to jump over a bus on her motorcycle.

彼女はバイクでバスをジャンプして飛び越すことを試みるだろう。

しかし、ネイティブの感覚として「食べ物」について話している時だけ意味合いが少し異なります。

例文

I will try the cheesecake you made.

(あなたが作ったチーズケーキを食べてみるよ)

例文

I will attempt the cheesecake you made.

あなたが作ったチーズケーキを作ってみるよ

そう決まっているわけではありませんが感覚的に言葉としてそう受け止められるだろう、という意見です。

実際のニュースでの使用例

アプリ『ざっくり英語ニュース!StudyNow』で配信されたニュースでの実例を取り上げてみます。

オーストラリア人の男性マーク・マレイさんが「ハンバーガー」と「ホットドッグ」を組み合わせた斬新な料理を開発しましたが、この商品の売れ行きが好調ならば、ベジタリアン版やグルテンフリー版などバリエーションにも挑戦したいといった文脈です。

例文

Murray says that once the Hamdogs begin selling well, he will attempt vegetarian and gluten free versions.

マレイさんは売れ行きがよければすぐに、べジタリアン版やグルテンフリー版を試してみると語っている。

多くの場合は2つは置き換え可能ですが、ニュースの「attempt」を置き換えて、tryを使ってしまうとこの人がベジタリアン版やグルテンフリー版を「食べてみるよ」と誤解されるおそれがあります。

ここでは「ベジタリアン版を試作してみる」の意味なので、attemptが適切です。

trial-and-error(トライ&エラー)

日本語だと「トライ&エラー」といってしまいますが、英語では「トライアル&エラー」です。日本語では試行錯誤と訳しもいいかもしれません。

例文

Without anyone to help us, we reached a solution by trial and error.

誰の助けもなく、試行錯誤して我々は解決にたどり着いた。

例文

Becoming a good cook always involves a little trial and error.

良い料理人になるにはいつも少し試行錯誤することだ。

アプリの中に登場した実際のニュース文からですが、段ボールでレクサスを再現した話です。

例文

A Lexus rep said that it took three-months of trial-and-error to complete the car which resembles an IS with the help of UK-based modellers.

レクサスの担当者は、イギリスに拠点を置くモデラーの協力のもと、試行錯誤のすえレクサスISに似せた車を完成させるのに3ヶ月かかったと伝えている。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. note / notedの意味と使い方、noticeとの違い

    英単語の意味と使い方

    note / notedの意味と使い方、noticeとの違い

    カタカナで「ノート」と呼ばれるものは英語ではnotebook(ノートブ…

  2. need / in need of / needyの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    need / in need of / needyの意味と使い方

    「need」と「in need of」は同じ意味なので「~を必要として…

  3. although / though / even thoughの意味と使い方の違い
  4. uphold

    英単語の意味と使い方

    uphold / hold upの意味と使い方

    hold upとupholdは見ての通り親戚のような言葉で、hold …

  5. ポピュラー

    英単語の意味と使い方

    popular(ポピュラー)の意味と使い方

    popular(ポピュラー)はカタカナとして定着している言葉で「人気が…

  6. unknownの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    unknownの意味と使い方

    unknownは未知の、無名の、知られていないといった意味で「わからな…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. manager
  2. adjective(形容詞)
  3. delay / late / slowの意味と使い方の違い
  4. 外国人
  5. 〇〇風




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. brute / brutal / brutalityの意味と使い方
  2. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方
  3. structure / restructureの意味と使い方
  4. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  5. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  6. spare(スペア)の意味と使い方
  7. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
PAGE TOP