自動車

英語の自動車用語いろいろ

自動車に関連するニュースは定期的に取り扱うことになりますが、そのたびに細かな自動車関連の用語が登場します。

特段、1ページに独立してまとめるほどのボリュームがないので、それらの用語をまとめて1ページで紹介していきます。

今後も新しい用語や独立した自動車のページが登場すれば順次、加筆を行っていく予定です。

five-seater(シーター)

自動車や飛行機などの乗り物に対してカタカナでも同じですが「2シーター」「4シーター」のように、座席をあらわす際になぜか「シーター(setaer)」を使います。座席をあらわすなら「seat(シート)」で済みますが、なぜか「er」がついてシーターになります。

これは特に意味がない、自動車好きなどの間で広まった文化みたいなものだそうです。日本語でいう「~ちゃん」みたいな愛称の部類に近い感覚みたいです。

自動車関連用語にはloaner car(代車)やbeater(ぽんこつ車)のようにerをつける文化があるようで、それがそのまま日本でも定着しています。

wheel(ハンドル)

wheelはハンドルのことで、ハンドルが和製英語ではないかという部分については独立した記事で取り上げたことがあります。

behind the wheelで進行方向に向かってハンドルの後ろにいる、つまり「運転」の意味になります。

I wasn’t behind the wheel at the time of the accident.
(事故のときには、私は運転はしていなかった)

Get behind the wheel!
(運転しろ!)

ただしこれは車限定であって他の乗り物ではat the controlsが一般的です。

The pilot was fired for being drunk at the controls.
(パイロットは操縦席で酒を飲んでクビになった)

There was an unlicensed driver at the controls when the train derailed.
(電車が脱線したときには、免許のない運転手が運転席にいた)

shotgun(助手席)

「shotgun」で車の助手席を意味します。front passenger seatともいわれます。

I was riding shotgun at the time of the accident.
(事故のときには、私は助手席にいた)

I called shotgun!
(私が助手席に乗る!)

rent-a-car(レンタカー)

ビジネスとしてのレンタカーは「car rental」または「rent-a-car」といった表現をします。

He runs a car rental business in Chicago.
He runs a rent-a-car business in Chicago.
(彼はシカゴでレンタカービジネスをやっている)

借りた車のことは「rental car」が一般的です。

We need to get a rental car when we go to Italy.
(イタリアに行くとき、私たちはレンタカーが必要だ)

I crashed into a rental car.
(レンタカーに激突した)

A: Is this your car?
(これはあなたの車?)

B: No, it’s a rental.
(いいえ、レンタカーです)

辞書には借りた車のことをrent-a-carとできると書いていますがスティーブは実際に聞いたことがないといってます。

We need to get a rent-a-car when we go to Italy.
(*この使い方は聞いたことがないそうです)

ひょっとしたら、こう表現する地域や国もあるのかもしれません。

Freeway(高速道路)

Freewayはアメリカの高速道路を意味します。freeは交通が妨害されないという意味でのfreeなので、無料のところも多いですが一部有料になっている州もあります。

他の呼び方として、highway、expresswayがありますが、よく耳にするのはfreewayです。

expressと言うとexpress lane(二人以上が乗車、カープールしている車だけが走行できる特別車線)を指します。

Carpool(カープール)は相乗りのことで、自動車社会のアメリカで相乗りしている車優先で通れる車線があったりします。

convertible(オープンカー)

こちらも屋根のない自動車、和製英語でいう「オープンカー」を指すことができます。

オープンカーは屋根をつけたり外したりと変形が可能なので英語では「convertible」です。

I love driving my convertible along the beach.
(愛車のオープンカーで浜辺をドライブするのが好きだ)

普通に「変換できる、変換可能な」の意味でも使えます。

My sofa is convertible into a bed.
(私のソファーはベッドに変形可能だ)

hood / bonnet

ボンネットはイギリス英語の使い方で、アメリカではhoodといいます。車のフロント部分にあるカバーの部分です。

洋服のパーカーは「hoodie(フーディ)」と呼ぶのが一般的です。

イギリスも自動車が左側通行になっている数少ない国で、世界にはオーストラリアなどイギリスに関連の深い国は日本と同じ左側通行になっています。

ただ世界的に見れば左側通行が小数派です。意外なところではタイやインドネシアも左側通行です。

eco-friendly

カタカナで定着しつつありますが、さまざまな言葉に「-friendly」をつけて「~に優しい、~と調和した、~にとって使いやすい」といった意味になります。

America-friendly government
(新米政権/アメリカ寄りの政権)

child-friendly food
(子ども向けの/子どもに優しい食べ物)

プリウスなどのハイブリッド車などの「環境に優しい」は「eco-friendly」であらわすことも可能です。

reliability(信頼性)

TOYOTAなどの日本の自動車メーカー(automaker)の高い信頼性はたびたびランキング形式でニュースのネタにされています。

「信頼性、確実性、信頼できること」のような意味があります。

I like Lexus because of its reliability.
(レクサスが好きだ、なぜなら信頼性のためだ)

どちらかといえばreliable(信頼できる、信頼性のある、頼りがいのある)の形容詞の形のほうがよく使われます。

Lexus cars are very reliable.
(レクサスの車はとても信頼できる)

My watch is reliable.
(私の時計は信頼できる)

これはモノだけでなく人間にも使うことができます。

Tom is reliable.
(トムは信頼できる)

動詞でrely onの形でも同じ意味になります。同じ意味ではtrustです。

I can rely on Lexus cars.
(レクサスの車を信頼している)

I trust Lexus cars.
(レクサスの車を信頼している)

well-rounded

極端に突出した優れた要素はないけれども、弱点もないような、すべての水準が高いものを指します。バランスがとれた堅実なものです。

The Honda Accord is a well-rounded automobile.
(ホンダのアコードはバランスの良いクルマだ)

I’m using a well-rounded smartphone that does what I need it to and doesn’t cost too much.
(私はバランスのいいスマホを使ってるよ。自分が必要することができるし、高すぎないし)

自動車関連の記事

このサイトでも他にも自動車関連の記事を取り扱ってきたのであわせてご紹介します。

先程ご紹介しましたが日本語でいう「ハンドル」が英語では違う点など含め「handle」という英単語に焦点をあてた記事です。

以前にビジネス紙のフォーブスが日本車につけられた変な名前という特集を組んでいました。その中のいくつかは同意できるけれども、なかには問題ないと思えるような車種名も登場していたので意見をまとめています。

アメリカに住んでみてわかるアメリカの自動車事情をまとめた記事です。アメリカ人は豪快なイメージがありますが、意識として歩行者優先が徹底していて交通マナーはそんなに悪くないという意見です。

飲酒運転は各国で問題になっていますが、飲酒運転に関連する用語をまとめた記事もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  2. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  3. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  4. カタカナビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  5. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

関連記事

  1. ノーパンツ「

    アメリカ

    ノーパンツデーに見る英語と米語の違い

    「ノーパンツ・サブウェイ・ライド(No Pants Subway Ri…

  2. ジャックスパロウ

    スラング

    ジャック・スパロウの口癖「savvy(サヴィ)」の意味

    パイレーツ・オブ・カリビアンでジョニーデップが演じて人気となった海賊の…

  3. spy

    スラング

    スパイ・諜報機関の英語表現

    ニュースにスパイ関連の用語が登場していたのでまとめています。映画やニュ…

  4. フィーチャリング

    英単語の使い方と単語比較

    featuring(フィーチャリング)の意味を考える

    feature(フィーチャー)はニュースに頻出の単語ではありますが、文…

  5. グラマー

    英文法とライティング

    英語の文法用語まとめ(音声付き)

    ネイティブと文法について話すときは、文法用語そのものを英語で伝えるケー…

  6. アイフォン

    英文法とライティング

    iPhoneと動詞のgoogleの正しい表記は?

    英語の文章における大文字と小文字の基本的な使い分けについては以前の記事…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. 比較級

    英文法とライティング

    比較級は会話ではわりと適当
  2. レッドツェッペリン

    イギリス

    レッド・ツェッペリン『天国への階段』の盗作疑惑を晴らす
  3. マーチャンダイズ

    英単語の使い方と単語比較

    グッズ(goods)とマーチャンダイズ(merchandise)
  4. 英単語の使い方と単語比較

    moralとmorale、motivation違い
  5. パンデミック

    英単語の使い方と単語比較

    pandemic, epidemic, endemicの違い
PAGE TOP