street

down the streetとup the streetの違い

英語ではwalk up the streetやwalk down the streetといった表現が見られますが、このupやdownに特に意味はありません。

alongと扱いは一緒なのでどれも「道沿いに」といった感じであり、習慣的・癖ぐらいの感じで使われています。

しかし、いくつかニュアンスに差が出るケースやstreet以外になるとまた話が少し変わるので違いを整理してみました。

go up the street / go down the street

道を聞かれた場合の答えとしても想定できますが、どれもalongと同じ意味で「道沿いに行け」といった意味でしかありません。

以下の例文はそれぞれ3つとも同じ意味の文で、upやalongもdownと同様、特に意味はありませんが、言葉の繰り返しを避けるために覚えておくと便利です。

I walked along the street.
=I walked up the street.
=I walked down the street.
私は通りを歩いていた。

I saw your uncle walking along the street the other day.
=I saw your uncle walking up the street the other day.
=I saw your uncle walking down the street the other day.
つい先日、キミのおじさんが道を歩いていたのを見たよ。

これはwalkだけでなく、goでもdriveでもrunでもどんな動詞でも一緒です。

例えば坂道を登っていくような意味であったとしても「down the street」と表現することができます。

これについてネイティブスピーカーと話し合っていましたが特に道の高低差、傾斜を考慮に入れているわけではないそうです。また南北や番地なども考慮に入れておらず、あまり意味なくupやdownが使われています。

これは英語だけの問題ではなく、道を聞かれた場合に道の高低差や南北を誰もあまり考慮していないのと同じです。単に「道沿いに行く」「道を行く」の意味ぐらいしかありません。

違いがでるケース

ほぼ習慣的、癖のように使われているのでルールと呼ばれるほど厳格な決まりはありませんが、場合によってはup / downのどちらかが好んで使われる文脈があります。

upには近づいてくる感覚があり、downには遠ざかる感覚があるため特定の文脈ではどちらかが使われることが多くなる傾向があります。

◎ He walked up the street to talk to me.
〇 He walked down the street to talk to me.
彼は私と話すために道を歩いた。

◎ He got angry at me and walked down the hallway to be alone.
〇 He got angry at me and walked up the hallway to be alone.
彼は私に怒り、一人になるために廊下を歩いていった。

このように近づく感覚があるものにはup、離れていくものにはdownが使われる傾向がありますが、これらも感覚の話であってどちらを使っても間違いではありません。◎のほうがより一般的に使われているといった程度です。

walk through the streets

walk along the streetが意味するのは、1本の道を歩いているときに使われます。これはすでに説明したようにdownやupと置き換えできます。

I walked quickly along(up / down) the street to get to work on time.
仕事に間に合うように、急いで道を歩いた。

一方で「walk through the streets」は街を歩くといったように複数の道を指しますが、一般的には「公共の場に出る」「街に出る」といった意味で使われます。the streetsと複数形になっています。

複数の道を歩くの意味でも間違いではありませんが、ニュアンスとしては人々の目につく公共の場所、人前に出る、世間に出るといった感じです。

I can’t walk through the streets wearing such a short skirt.
私はそんなミニスカートを履いて人前に出れないよ。

I was walking through the streets when I saw a store that sells my favorite shoes.
街は道を歩いていたときに、私のお気に入りのクツを売っている店を見た。

up and down

up and downで「上がったり下がったり」としても使われます。back and forthは「前後に」を意味し、これらはどちらも「行ったり来たり」となります。

The police officer drove up and down the street.
= The police officer drove back and forth along the street.
警官は通りを行ったり来たり車で走っていた。

ups and downs

しかしups and downsになると意味が完全に異なり「浮き沈み、良い期間と悪い期間」のことです。複数形になっているのがカタカナと違います。

Our marriage has had its ups and downs like any other.
我々の結婚生活には、ほかの人がそうであるように、浮き沈みがあった。

You have to prepare for the many ups and downs of being a doctor.
あなたは医者であることで、多くの浮き沈みに備えなければならない。

There were a lot of ups and downs in our history.
私達の歴史には多くの浮き沈みがあった。

My wife and I had a lot of ups and downs in our 50-year marriage.
50年の結婚生活の中で妻と私には良いことも悪いこともたくさんあった。

up / down the mountain

すべての状況でupとdownを入れ替えて同じになるわけではなく、何を行くか、何に沿って歩くかによって、いくつか感覚的に差がでるケースがあります。the street以外のケースもご紹介します。

Go down the street, up the mountain.
Go up the street, up the mountain.
道沿いに行って、山を登って。

普通はmountain(山)を登るのならば、mountainに対しては明らかにupを使います。下山する場合はdownです。

しかし、street(道)に対しては仮にそれが急な山道であってもdown / upのどちらでもかまいません。

また山の場合は立体的なのでalongを使うとおそらく山を登らずに山に沿って行くといった意味で解釈されます。

Go along the mountain.
山沿いに行って。

up / down the river

また「川沿いに歩く、川沿いに行く(along the river)」になると少しニュアンスの差が感じられます。ニュアンスの差なので人によっては一緒の可能性もある、すごくマイナーな差です。

Go up the river.
(上流に行く)

Go down the river.
(下流に行く)

upを使うと川の流れに逆らう、上流に向かうというニュアンスが少し出ます。反対にdownだと下流になります。しかし、これはニュアンスなので以下のように書くと100%間違いがありません。

Go upstream.
(100%上流に行く)

Go downstream.
(100%下流に行く)

ただし動詞との組み合わせの問題でもあり、以下のように「float(浮かぶ)」のように動きを感じさせない動詞だと差が出ません。

The boat floated along the river.
=The boat floated up the river.
=The boat floated down the river.
ボートは川に浮かんでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英会話スクールの講師になる方法
  2. 〇〇風、~っぽい、~のようなを英語でいうには?
  3. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  4. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  5. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?

関連記事

  1. ストライプ

    和製英語とカタカナ英語

    stripe(ストライプ)の意味と使い方、ボーダーとの違い

    英語でのstripeの特徴であり、カタカナのストライプとの大きな違いは…

  2. 日本語から英語へ

    「寄付する」のdonateとcontributeの違い

    donateとcontributeは共に「寄付する」といった意味ですが…

  3. クラシックとクラシカル

    英単語の意味と使い方

    クラシックとクラシカルの違い

    日本人がよくする間違いに「クラシカル(classical)とクラシック…

  4. buzz / viral

    スラング

    buzz(バズ)とviral(バイラル)の意味

    buzz(バズ)とviral(バイラル)はブログをやっていたりネットメ…

  5. 適切な

    英語の使い方

    proper / suitable / appropriateの意味の違い

    「proper」「suitable」「appropriate」の3つの…

  6. pros-cons

    英単語の意味と使い方

    pros and consの意味と使い方

    大学でのディベートや仕事の議論でよく使うのがpros(賛成)とcons…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. ジブリ
  2. manager
  3. 保証する
  4. ファックについて
  5. hatena
  6. センテンススプリング
  7. 炎上
  8. 匂い
  9. タクシー
  10. mimic

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. cat/dog

    英単語の意味と使い方

    動物には使うけど人間には使わない英語
  2. spit

    英単語の意味と使い方

    spitの意味と使い方
  3. ユニーク

    和製英語とカタカナ英語

    unique(ユニーク)とuniquelyの意味
  4. famous

    英単語の意味と使い方

    「有名」のfamous / infamous / notoriousの違い
  5. 飛行機

    イディオム・熟語・慣用句

    飛行機に関連する英語表現
PAGE TOP