山

固有名詞(山・湖・駅など)に定冠詞(the)をつけるのか?

山、川、湖、駅、ホテル、劇場などに「the」をつけるのか? あるいは「the」はいらないのか? どのように一般的に表記するのかは混乱する部分でもあります。

例えば「the Sahara Desert」のように砂漠にはtheをつけますが、Tokyo stationのように駅にはいらないといった話です。

またMount Fujiのようには書くけど、The Fuji Mount(Mountain)とは表記しないなどです。

ルールや法則らしいものはありますが、そのルールが適用されている原因などは曖昧で、よくわからないことになっています。

スティーブの意見を交えながら、固有名詞に対してつけないもの、つけるものの表記を少しまとめてみました。

砂漠・海・川・運河

砂漠・海・川・運河などはtheがいります。

the Sahara Desert(サハラ砂漠)
the Atlantic Ocean(大西洋)
the Amazon River(アマゾン川)
the Mediterranean Sea(地中海)
the Sea of Japan(日本海)
the Suez Canal(スエズ運河)

有名な海や川などでは、後ろの「Ocean/River/Sea」などが省略されて「The Mississippi(ミシシッピ川)」や「The Amazon(アマゾン川)」のように表記されることも多いです。

湖と山

湖と山はtheがつかずに、しかも前にLake – やMount – のように表記されます。Biwa Lakeみたいな表記をしません。

Lake Victoria(ビクトリア湖)
Lake Biwa(琵琶湖)
Mount Fuji(富士山)
Mount Everest(エベレスト)

ただし山に関しては注意が必要で個々の山を指す場合には上のように書きます。

しかし山脈や連峰のような複数の山をまとめて指す場合はtheが必要となり、後ろを省略した表記も見られます。部分的に複数形になっているのでご注意ください。

the Rocky Mountains
=the Rockies
(ロッキー山脈)

the Andes(アンデス山脈)
the Alps(アルプス山脈)

駅・空港・宮殿・公園・銀行など

これらは基本的にtheが必要のない施設です。

Tokyo station(東京駅)
Kennedy airport(ケネディ空港)
Buckingham palace(バッキンガム宮殿)
Hyde park(ハイドパーク)
Sumitomo bank(住友銀行)

例外としてThe White HouseやThe Royal Palaceのように「white/Royal」が、人名・地名などの固有名詞ではない、一般名詞の場合にはTheがつきます。

ホテル・劇場・美術館・建物など

これらは基本的にtheが必要になる施設です。

the Russell Hotel(ラッセルホテル)
the National Theater(ナショナルシアター)
the Metropolitan Museum(メトロポリタン美術館)
the National Gallery(ナショナルギャラリー)
the Empire State Building(エンパイアステートビル)
the Washington Monument(ワシントン記念塔)

これらもルーブル美術館が「The Louvre」のように後ろが省略されるケースがあります。

また文章ではなく看板ロゴなどでは絵に近いものなのでtheがなかったりするケースはあります。

理由がよくわからないものが多いですが、固有名詞の表記はこのようになっています。

日本人の英語 マーク・ピーターセン

英語学習において名著として名高いロングセラーの『日本人の英語 (岩波新書)』にも少し冒頭で触れられています。

日本人は不用意にU.S.Aといった表記をするけれど、theが必要になる理由が語られています。

本当はU.S.A.にtheがつくのは固有名詞だから、あるいは国名だからではなく、普通名詞のstatesだからである。The Mississippi Riverも同じである。川の名前だからではなく、普通名詞のriverがあるからtheがつくのである。

オランダの国名の英語である「The Netherlands」にtheがいるのは、もともとnetherlandは「低い土地」という普通名詞だからです。

このことはスティーブに伝えてみたんですが「じゃあstationやairportはどう説明するのか?」といわれて、確かにそうだねとなりました。

法則や理屈があるようで、慣習としてそうなっている感じもして、すごく微妙です。言語学者などは別かもしれませんが、普通のネイティブでもなぜかと言われると答えが見つからないレベルの疑問です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. 英語の形容詞(adjective)の順番・語順について
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 「修理する」のfix / repair / mendの違い
  5. ドリフで考えるifと仮定法(もしも威勢のいい銭湯があったら)

関連記事

  1. ヘビー

    スラング

    「爆買い」を英語でどう言うべきか?

    中国人観光客による大量の買い物が日本経済に貢献しています。ほかにも爆誕…

  2. スクラッチ

    英単語の意味と使い方

    scratch(スクラッチ)の意味と使い方

    英語のscratch(スクラッチ)は何かを掻くような動作を表します。名…

  3. apply(アプライ)

    英単語の意味と使い方

    apply(for / to)の意味と使い方

    apply(アプライ)は大きく意味をわけると何か仕事や学校などに対して…

  4. アイス

    アメリカ

    かき氷やアイスクリームの英語

    アプリの中でもけっこうアイスクリーム関係のニュースを取り上げていますが…

  5. bastard

    スラング

    bastard(バスタード)の意味と使い方

    bastard(バスタード)の本来の意味は結婚していない関係で生まれた…

  6. under

    イディオム・熟語・慣用句

    underを使ったイディオム・表現

    英語でよくunder ◯◯として「◯◯中だ、◯◯下だ」といった形で表現…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. お客さん
  2. カタカナ都市名
  3. ハンバーグ
  4. asas
  5. rich / wealthy
  6. 飲み放題
  7. 外国人
  8. hatena
  9. mimic
  10. adjective(形容詞)

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. overcome

    英単語の意味と使い方

    overcomeの意味と使い方、get overとの違い
  2. cap

    英単語の意味と使い方

    cap(キャップ)の意味と使い方
  3. talent(タレント)

    和製英語とカタカナ英語

    タレント(talent)の英語での意味と使い方
  4. hazing

    アメリカ

    hazing(いびり・いじめ)の文化とは?
  5. street

    イディオム・熟語・慣用句

    down the streetとup the streetの違い
PAGE TOP