stake(ステイク)の意味と使い方

stake(ステイク)の意味と使い方

stakeは大きな意味としては「杭(くい)」があり、地面に杭を打つことで権利を主張することや利害関係のような意味につながっています。これはカタカナでは利害関係者を表すstakeholder(ステイクホルダー・利害関係者)のような言葉で聞かれます。

もう1つがギャンブルなどの「賭け金」の意味で、これも動詞で「賭ける、危険にさらす」といった意味につながっています。

2つの語源が混ざっているのでややこしいですが例文に整理しています。お肉のステーキ(steak)は同音異義語です。

名詞のstake

名詞のstake

大きく分けて3つぐらいの意味があります。お肉のステーキは「steak」なので字が違いますが発音は同じ【stéik】なので同音異義語です。

1つには木製・金属製などの「棒、杭、支柱」という意味があります。敷地を区切るのに使われる棒や杭のイメージです。

例文

He put some stakes in each corner of his property.

彼は所有地のそれぞれの角に何本かの杭を打った。

例文

A vampire can be killed by a wooden stake through the heart.

木の棒でバンパイアの心臓を突いて、バンパイアを殺せるだろう。

利害関係

利害関係

次に「利害関係」といった意味も表します。だいたいお金や投資といったこととの関わりを暗示します。カタカナでは「ステイクホルダー(利害関係者)」のような言葉が聞かれます。

例文

He has a 40% stake in the company.

彼は会社の40%の株を所有している。

例文

She retired as CEO but still has a stake in the company.

彼女はCEOを退職したが、まだその会社で株を持っている。

賭け金

賭け金

「賭け金」という意味でも使われます。

例文

Because his horse won, he got twice his stake.

彼の馬が勝ったので、彼の掛け金は倍になった。

例文

I’m in a group that plays high-stakes poker.

私は、高い掛け金をかけてポーカーをするグループにいる。

語源としては大きく2つにわけられています。1つは杭の意味で、土地に杭を打つことでここまでは私の土地だといった権利の主張になります。

それとギャンブルの掛け金や危険にさらすといった意味は別だろうという話です。杭の上にギャンブルの掛け金を置いた説もありますがはっきりしません。

stakeの動詞での使い方

動詞と名詞の使い方ができる単語で、動詞では「賭ける、危険にさらす」といった意味で使われます。

例文

He was staking his life savings on this investment.

彼はこの投資にありったけの貯金を費やしていた。

例文

Firefighters stake their lives every day.

消防士は毎日命懸けだ。

at stake

前置詞を伴って使われることもあります。

まず、at stakeは「危機にさらされて、危うくなる、かかっている」といった意味を表します。

例文

Doctors must be careful because people’s lives are at stake.

人々の命がかかっているので、医者達は慎重でなければならない。

例文

He needs to study hard for this test, there is a lot at stake.

彼はこの試験にむけて必死に勉強する必要がある。崖っぷちだ(直訳: 危険がたくさんある)

stake out

stake out

outを後ろに置いて「権利を主張する、確保する」といった意味で使われます。

「杭で囲う」という訳を載せている辞書も多く、イメージとしては敷地を区切って自分の物だと主張するような感じです。

例文

My son staked out a corner of the backyard and told his brother to stay out.

息子は裏庭の角を区切って、弟に入らないように言った。

例文

Each of the gangs staked out a part of the city.

それぞれのギャングが街の一部を陣取った。

また、比喩的に使われることも多くあります。

例文

She staked out a role for herself as the company’s top accountant.

彼女は会社の会計士の責任者として、自身の役割を主張した。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. put on / wear

    イディオム・熟語・慣用句

    「服を着る」のput on / wear / dressの違い

    服を着る表現で混同しやすいのはput onとwear、dressなどの…

  2. find(わかる・思う)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    find(思う・見つける・わかる)の意味と使い方

    findは「見つける」の意味で広く使われる基本単語ですが、この意味以外…

  3. refrain

    英単語の意味と使い方

    refrain(リフレイン)の意味と使い方

    refrain(リフレイン)は丁寧なリクエスト、お願いのことで、何かを…

  4. lay-lie

    英単語の意味と使い方

    lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い

    「横たわる(lie)」と「横たえる(lay)」の違いを扱った問題は受験…

  5. mood(ムード)とmoody(ムーディー)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    mood(ムード)とmoody(ムーディー)の意味と使い方

    カタカナでもよく使われるmood(ムード)は、英語では「気分、雰囲気、…

  6. give awayの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    give awayの意味と使い方

    言葉の意味を単純に考えると「give(与える)」と「away(離れた所…

おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. 英語の先生
  3. 支持する
  4. ツイッター
  5. mimic




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP