sitとsit downの意味の違い

sitとsit down

「座る、腰掛ける、着席する」の意味においてはsitとsit downは大きな違いが見られません。どちらでも使うことができます。

しかし「〇〇を座らせる」のような表現や「sit down to」の形になるとニュアンスの差が感じられます。

Please, sit down.についてはいくつかの英会話の本では失礼にあたるといった注意も見られたので本当かどうか確認してみました。

あわせて『sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?』もあるのでご覧ください。

sitの過去形・過去分詞と発音

sitの過去形・過去分詞ともに「sat」で発音は【sǽt】です。

これは問題ないと思いますがsitの発音【sít】が、うまく発音しないとshit【ʃít】に聞こえてしまうので注意が必要です。

sit【sít】
shit【ʃít】

なかなか日本人には難しい発音かもしれません。

sitとsit downの違い

基本的には同じ意味です。単純に「座る」という意味においては置き換えても問題ないケースも多いです。

例文

I sat on a bench.

= I sat down on a bench.

私はベンチに座った。

例文

She was tired and wanted to sit.

= She was tired and wanted to sit down.

彼女は疲れていて、座りたかった。

~を座らせる

自分が座る以外にも「〇〇を座らせる(他動詞)」の使い方があります。この場合は少し差が出ます。

この場合はsit downは強制させて「座らせる」といったニュアンスが出ます。sitだと案内して座らせる、席を提供するといった意味になります。

例文

My mother sat me down and scolded me.

お母さんは私を座らせ、叱った。

例文

The staff sat me in the front row.

スタッフは私を列の前に座らせた。

したがって「命令」の場合はsit downが適切です。

例文

Sit down!

座れ!

例文

Sit!

(犬に)お座り!

sitをそのまま命令文で使うのは犬などに対してなので、人間には用いません。使うとかなり失礼になります。

Please, sit down.は失礼か?

「座ってください」を伝えるためにpleaseをつける場合はsit downが多いですが、sitだけでも問題はありません。

例文

◎Please, sit down.

〇Please, sit.

「Please, sit down.」はいくつかの英会話の本で「お客さんに言うには失礼」といった意見が書いてありました。

ネイティブスピーカーであるスティーブに確認してみると「言い方、イントネーション次第」という意見でした。

ニコニコして軽い感じなら「Please, sit down.」をゲストに使っても問題はありませんが、イントネーションが違うと面接官が「座ってください」というような雰囲気にもなります。

もしイントネーションに頼らずに丁寧に「座ってください、おかけください」を言いたい時は文章を作れば間違いありません。

例文

Would you like to have a seat?

Can I offer you a seat?

このように言えば、失礼だとは受け止められないと思います。

sit down toの使い方

またsit down toのように「(食卓などの席に)着く」といった表現の場合はdownをつけます。

例文

They sat down to a nice dinner.

彼らはナイスな夕食を始めた。

例文

They sat to a nice dinner.

(この表現をしない)

普通に使う分には違いはありませんが、状況によってはsit downとsitは意味やニュアンスが異なる表現だといえます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. opportunityとchanceの意味の違いと使い方

    英単語の意味と使い方

    opportunityとchanceの意味の違いと使い方

    opportunity(オポチュニティー)とchance(チャンス)は…

  2. honor / honorable / honorary / honorablyの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    honor / honorable / honorary / honorablyの意味と使い方

    honorは名詞と動詞での使い方があり「尊敬、敬意、名誉」や「敬意を表…

  3. 眼鏡

    英文法とライティング

    メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形

    日本人が「1つ、単数形」と感じるもので、英語では複数形で扱うものについ…

  4. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方

    英単語の意味と使い方

    greet / greeting(グリーティング)の意味と使い方

    greetが動詞で丁寧な形で「挨拶をする」「出迎える」といった意味で使…

  5. look-like

    イディオム・熟語・慣用句

    look like(~のように見える / 似ている)の意味と使い方

    look likeは正確には「~のように見える」と訳される表現で、よく…

  6. 仕事

    カタカナビジネス英語

    仕事を意味するjob(ジョブ)とwork(ワーク)の違い

    job(ジョブ)とwork(ワーク)は基本的には同じ意味でどちらも「仕…

おすすめ記事

  1. ハンバーグ
  2. 仕事
  3. bread
  4. 匂い
  5. 倍




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP