scent / smell / stink / odor / aroma / stenchの違い

匂い

匂い、香りを表す英単語は多彩ですが大きく分類するならば「良い匂い、香り」か「悪臭、ネガティブな匂い」またはどちらでもない中立な「匂い」かでわけることができます。

今回は「名詞」での匂い・香りを扱っていますが、動詞では「匂いを放つ」「~を匂う」といった使い方が可能かどうか、比喩的に実際の匂い以外(嘘くさいなど)に対して使うかどうかで細かく整理することができます。

smellやscentなどが形容詞をつければ広く使える単語ですが、順番に整理して例文を付け加えたので言葉選びの参考にしてください。

英語ではにおいに関する言葉は可算名詞の扱いです。これは牛乳の匂い、あれは香水の匂いなど同時に漂ってきても明確に数えて区別できるので可算名詞扱いになるようです。不思議な感じがしますね。

smell

smellは良いにおい、悪いにおい両方に使えます。一般的な言葉で「匂い」でしかないので広く使える言葉だといえます。しかし、悪い臭い、嫌な臭いに対して用いられることも多いです。

The smell of dirty feet was overwhelming.
汚い足のにおいが強烈だった。

There was a smell of gunpowder.
火薬のにおいがした。

What’s that lovely smell?
あのすてきな香りは何?

The kitchen was filled with the delicious smell of baked goods.
台所は焼きたてのものの美味しそうなにおいでいっぱいだった。

動詞で使う場合には「彼女はピザを匂った(他動詞)」と「ピザは良い匂いがした(自動詞)」のように2つの使い方があります。詳しくは以下のページにまとめているので動詞の使い方を知りたい方はご覧ください。

嘘くさい(smell fishy)

日本語では「嘘くさい」のように、実際に臭いがするわけではありませんが、嘘っぽい話に対して「嘘くさい」と表現します。

これは英語ではsmell fishyとなり、直訳すると「魚臭い」といった表現が用いられます。嘘くさい、インチキ臭いの意味です。

Something smells fishy about his story.
彼の話はなんか嘘くさい。

これはsmellを用いずにfishyだけでも使え「疑わしい、うさんくさい」を意味します。

例文

I got an email from Amazon, but it looked kind of fishy so I didn’t click the link.

アマゾンからEメールを受け取ったんだけど、ちょっとうさんくさそうだったからリンクをクリックしなかったんだ。

例文

The police thought his story was fishy and continued to investigate him.

警察は彼の話は疑わしいと思って調査を続けた。

scent

scentも一般的な「におい」という意味の名詞で、特に言葉そのものは良いとも悪いともいっていないのでsmellに近い単語です。こちらは良い匂いについて使われる傾向が圧倒的で、悪い臭いに対してはあまり使われません。

発音は【sént】なので「送る」の意味があるsendの過去形sentと同音異義語になります。

There was a scent of blood in the room.
部屋に血の匂いがした。

I love the scent of cookies.
クッキーの匂いが大好きだ。

香水のperfume / fragrance

一般的にperfume(パフューム)やfragrance(フレグランス)といえば、英語でも化粧品店で販売されているようなボトルに入った製品ないしはその匂いを指します。

この製品の意味でscentが使われることがあります。

Calvin Klein’s newest scent(=fragrance)sold very well.
カルバン・クラインの最新の香水はとてもよく売れた。

Some athletes are releasing their own scents(=fragrances).
何人かのアスリートは自分の香水を販売している。

perfumeやfragranceがボトルの製品ではなく「香(こう)、香気(こうき)」といった意味で使われることがありますが、文脈や使用方法に気を付けないと香水や香水の匂いを指していると誤解される可能性も高くなります。

すでに紹介したsmellやscent、次に紹介するaromaといった言葉もあるので、そちらを選んだほうが無難だといえます。

scentとsmellの違い

名詞で使う場合にはsmellとscentは基本的には同じ意味ですが、どのように使い分けているのか、どういった違いがあるのかをオーストラリア人のカールに確認してみました。

基本的にはscentはポジティブな意味での匂いに使われやすい傾向があります。smellもgood smellのように使われることも多いですが、全体的にネガティブなものにもよく使われます。

例えば「ひどいにおい」を英語にした場合にawful smellとawful scentを比較すると圧倒的に「awful smell」が使われています。

コーパス(言語のデータベース)でsmellとscentの両方に使われている形容詞を調べてみました。

smellに対してよく使われる形容詞にはacute(鋭い)、dirty(汚い)、terrible(ひどく嫌な)、greasy(脂っこい)、sulfurous(硫黄の)、bad(悪い)などがあり、これらはscentに対してはほとんど用いられません。

逆にscentに対してよく使われる形容詞にはfloral(花の)、delicate(デリケートな)、female(女性の)、light(軽い)、masculine(男らしい)といったわりとポジティブに感じる言葉が上位に出ています。ただこれらの言葉はsmellにも少しは使われていました。

またscentとsmellの違いについては、smellがまさに匂いを発しているものや、自分がそれを感じている状態などに使われるのに対して、scentは誰か、何かが残していったような匂いに対して用いられる傾向があります。

このあたりは厳密にどっちを使わないといけないといったルールではないので個人差があると思いますが、おおよそこのような傾向があります。

aroma

「アロマ、芳香」といった意味で、たいていいい香りに使われます。特に植物性の匂いといった制限はないので、いい匂いならばだいたい使えます。

カタカナとアクセントの位置が違う点に注意が必要です。発音は【əróumə】です。

What’s that lovely aroma?
あのすてきな香りは何?

The kitchen was filled with the delicious aroma of baked goods.
台所は焼きたてのものの美味しそうなにおいでいっぱいだった。

odor / stink / stenchの違い

悪臭

これら3つの単語はいわゆる「悪臭」といったネガティブな意味で用いられます。発音は以下の音声ファイルを参考にしてください。

odor【óudər】
stink【stíŋk】
stench【sténtʃ】

基本的には同じ意味ですが、少し表せる匂いの傾向や他の意味での用法があるのでご紹介します。

基本的には置き換え可能ですがランクをつけるとodor < stink < stenchの順で悪臭がきつく感じるといったネイティブの意見もあります。

The odor of garbage was in the room.
The stink of garbage was in the room. (よりきつい)
The stench of garbage was in the room. (最もきつい)
ゴミの悪臭が部屋でした。

odor

odorはたいてい不快なにおいに対して使われますが、普通のにおいに対して使うことも可能です。比較的、堅めの表現で日本語でいう「悪臭、~臭」のような堅い響きがあります。

The odor of dirty feet was overwhelming.
汚い足のにおいが強烈だった。

The entire elevator smelled like BO.
エレベーター全体が体臭のようなにおいがした。

BOは「body odor」のことです。

There was an odor of gunpowder.
火薬のにおいがした。

stench

stenchはいつも悪いにおいに対して使われます。程度としてはけっこうきつい感じの悪臭です。

There was a powerful stench coming from the drain pipe.
排水管から強烈なにおいが漂ってきた。

Because the garbage collectors were on strike, the city had a terrible stench.
ごみ収集人がストライキ中だったので、街はひどいにおいだった。

stink

stinkは「悪臭」といった名詞の他にも、動詞でも「悪臭を放つ」として使われることが多い言葉です。

stinkを動詞で使った場合の活用はstink – stank(過去形)- stunk(過去分詞)が一般的ですが過去形にstunkをとるケースも広く紹介されています。

There was a stink coming from the garbage can.
ゴミ箱からの悪臭が漂ってきた。

What’s that stink?
あの悪臭はなに?

This food stinks.
この食べ物は悪臭を放っている。

stinkには悪臭以外にも「悪評」といった意味もあり、以下の例文のような比喩的な使い方がされます。

This movie stinks.
この映画はひどい。

People were making a stink about the latest Star Wars movie.
人々は最新の『スター・ウォーズ』の映画について騒ぎ立てていた。

make a stinkは「騒ぎ立てる」といった口語表現になります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護する

    英単語の意味と使い方

    preserve / conserve / reserveの違い

    preserveとconserveはどちらも「保護する、保存する」など…

  2. ノーパンツ「

    アメリカ

    ノーパンツデーに見る英語と米語の違い

    「ノーパンツ・サブウェイ・ライド(No Pants Subway Ri…

  3. 英単語の意味と使い方

    double / dual / twinの違い

    ダブル、デュアル、ツインはそれぞれカタカナでもよく聞かれるなじみのある…

  4. smell

    英単語の意味と使い方

    smell / sniff / sniffleの違い

    sniffとsmellはどちらも意味は「におう、においを嗅ぐ」になりま…

  5. アドレス

    和製英語とカタカナ英語

    address(アドレス)の動詞での使い方

    address(アドレス)といえば「住所」の意味で知られていますが、英…

  6. 弱虫

    スラング

    弱虫・臆病者・怖がりを英語でどう表現するか?

    弱虫・臆病者・怖がりを表す英語のスラングはけっこうあるので代表的なもの…

おすすめ記事

  1. 支持する
  2. yera-old
  3. ifと仮定法
  4. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  5. 日本人と無神論




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. outlaw(アウトロー)の意味と使い方
  2. dining(ダイニング)とdineの意味と使い方
  3. tailorの意味と使い方、オーダーメイドとの違い
  4. demonstration(デモンストレーション)の意味と使い方
  5. live(ライブ:形容詞)の意味と使い方
  6. volunteerの意味と使い方、ボランティアは無償なのか?
  7. life(ライフ)の意味と使い方
  8. seed(シード・種)とseedyの意味と使い方




  1. at-first

    イディオム・熟語・慣用句

    at firstとfirstの使い方を混同している人が多い
  2. occur

    英単語の意味と使い方

    「起こる」のoccur / incur / happenの違い
  3. クラシックとクラシカル

    英単語の意味と使い方

    クラシックとクラシカルの違い
  4. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる
  5. authority

    英単語の意味と使い方

    authority / authorize / authorの意味と使い方
PAGE TOP