presented-by

Presented by, Powered byの意味と使い方

よく番組提供などで見かける「Presented by(プレゼンティッドバイ)」の表記は英語圏でも一般的で、いうなれば「sponsored by」の婉曲表現です。

お金を出していること、スポンサーになっていることを表すような意味ですが、少しお金を出している感じがやわらぎます。Powered by(パワードバイ)についてもネイティブスピーカーに確認してみました。

Presented byは贈り物・ギフトの意味ではなく動詞のpresentに関係があるのであわせて『present(現在・出席・贈り物)の意味を考える』もご覧ください。

presented byの意味と使い方

presented-by

よく見かける「presented by」のpresentはプレゼント・ギフトの意味ではなく、動詞でのpresentであり意味としては「あらたまった形で何かを見せる、発表する」ことです。

これは名詞の「プレゼンテーション(presentation)」を思い浮かべてみるとわかると思いますが、公表・発表することです。

例文

Tim Cook presented the Apple Watch at a conference.

ティム・クックは会議でアップル・ウォッチのプレゼン(発表など)をした。

「Presented by」は「この番組は〇〇によって提供されています」のお金を出している感じをやわらげた表現です。

例文

This program is presented by Coca-Cola.

This program is sponsored by Coca-Cola.

この番組はコカ・コーラの提供です。

CNNやBBCのような放送局によるpresented byだと、この動詞の過去分詞を使った形は「〇〇によって見せられています、発表されています」といった意味合いが強くなります。

上の例文はほぼ同じですがsponsored byはもろにスポンサーである、お金を出しているといっていますが、presented byはそれよりは少しマイルドだといえます。

他にも類似の表現ではbrought to youは「お届けされています」といった意味で、これも結局はスポンサーであることを表しています。少しお金の匂いを抑えた雰囲気にはなっています。

例文

This program is brought to you by Coca-Cola.

この番組はコカコーラの提供でお届けします。

ただし、これらは文章で書くことよりもイベントチラシの下の方に「presented by」と書いてあり、スポンサー企業が一覧で掲載されているケースなどが多いです。スポンサーになるようなお金を出す意味では企業名が入りますが、個人でも出す人がいれば問題ありません。

一部で「presents by(プレゼンツバイ)」の表記が見られますが、これは誤りです。英語ではよほど意図的に文章を組み立てないとpresentsとbyの組み合わせが起こりません。

例文

There are lots of presents from Santa Claus.

サンタクロースからのプレゼントがたくさんある。

このように「贈り物・プレゼント」の意味で使った場合には普通はbyにはならず、fromを使います。

powered byの意味と使い方

powered-by

Powered byはけっこう英語圏でも特殊な感じで、シリコンバレーあたりのIT企業、テクノロジー系の企業に好んで使われる表現です。一種の流行りのような言い回しで、悪く言えばちょっとかっこつけた表現になります。

「powered by Google」「powered by Honda」などが有名ですが、多くはその会社のテクノロジーを使っている、その会社がサービスのインフラを支えているといったケースに使われます。

「お使いのサービスは技術面でグーグル社のテクノロジーにより実行されています」「ホンダの技術が活かされています」ぐらいの意味合いでしょうか。

したがって、普通のスポンサーになっている、単にお金を出して提供しているだけの企業にはあまり使いません。しかし、このあたりは絶対にこのように使うべきだという使い方のルールはありません。

produced by / hosted by

単にお金を出してスポンサーになっているだけではないケースではproduced byなどもあります。こちらは文字通りプロデュースしている場合に使えます。

プロデュースが具体的に何をするのかといった問題はありますが、お金を提供しているだけのスポンサーではなく、実際に業務・制作に関わっているという意味です。

例文

This program is produced by Harvey Weinstein.

この番組はハーヴェイ・ワインスタインによりプロデュースされている。

しかしこれも文章で書くよりも映画の最後などにproducer:Harvey Weinsteinみたいな書き方をされるケースの方が多いかもしれません。

また少し趣旨がずれますがhosted byは人の名前が来て、司会やMCを務めていることを表しています。

例文

The program is hosted by Hulk Hogan.

その番組はハルク・ホーガンのMCです。

ハルク・ホーガンがスポンサーであるわけではなく、司会を務めているといった話です。

ご覧のスポンサーの提供でお送りします

日本のテレビ番組の主題歌が終わった後に流れるアナウンス『(この番組は)ご覧のスポンサーの提供でお送りします』が、外国人の間で「グランドスポンサー、トウキョーデイ、オー!クリスマス(Grand sponsor Tokyo day OH Christmas)」といってるのでなんだろうか? と噂になっていました。日本語から英語への空耳です。

英語で空耳は「misinterpretation(誤った解釈、誤解、誤訳)」ぐらいでしょうか。

これはグーグル翻訳とWeblio翻訳の読み上げ機能と、実際にカナダ人のスティーブに読んでもらいました。

空耳の例文

Grand sponsor Tokyo day OH Christmas.

(「ご覧のスポンサーの提供でお送りします」に聞こえる)

グーグル翻訳(機械)

Weblio翻訳(機械)

スティーブ(カナダ人)

確かにそんな感じに聞こえますね…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. アメリカと日本の育児方針の違い
  2. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  3. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  4. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  5. deal with / deal inの意味と使い方

関連記事

  1. only to find

    イディオム・熟語・慣用句

    only to findの意味と例文

    ニュース文にもたびたび「only to 動詞」の形で、よく「(only…

  2. toward

    英単語の意味と使い方

    toward(towards)の使い方(例文付き)

    towards(またはtoward)は「~の方へ、~に向かって」といっ…

  3. シューズ

    英文法とライティング

    靴(shoes)の単数形と複数形

    英語は複数形と単数形にうるさい言語だと思いますが、その中でも日本人が「…

  4. through

    英単語の意味と使い方

    through(スルー)の使い方、throughoutとの違い

    カタカナでもなじみのある「through(スルー)」は品詞としては動詞…

  5. ターン

    イディオム・熟語・慣用句

    turn to / turn inの意味(例文付き)

    英語には「基本的な動詞+前置詞」の形、例えばtake offやcarr…

  6. devote

    英単語の意味と使い方

    dedicateとdevoteの違い

    以前に取り上げた単語でdedicatedには「~専用、~に特化した、熱…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. 倍
  2. select
  3. fix / repair / mend
  4. 眼鏡
  5. 本当は好きじゃなかった
  6. お客さん
  7. カタカナ
  8. 英語の先生
  9. all-you-can-eat
  10. 匂い

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. エレメント

    英単語の意味と使い方

    英語のelement(エレメント)が意味するものは?
  2. conduct

    英単語の意味と使い方

    conduct(コンダクト)とconductor(コンダクター)の意味と使い方
  3. デスノート

    和製英語とカタカナ英語

    Death Note(デスノート)は和製英語か?
  4. 眼鏡

    英文法とライティング

    メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形
  5. コラボ

    和製英語とカタカナ英語

    コラボする、コラボレーションの意味を英語で考える
PAGE TOP