ジェスチャー

gesture(ジェスチャー)の意味と使い方

カタカナでジェスチャーといえば身振り、手ぶりで何かの情報を伝えることですが、英語でもこの意味での使い方があります。

それに加えて「表示行為、行動・態度」といったカタカナのジェスチャーの感覚から外れるような行為までが英語のgestureになるので、英語の方が意味が広いといえます。

代表的なジェスチャーについては個別の記事を書いているので最後にご紹介しています。ここでは「gesture」という単語そのものについての解説です。

発音は【dʒéstʃər】なので読み方もそのままカタカナに近い感じのジェスチャーです。下の音声ファイルを参考にしてください。

gesture(ジェスチャー)の名詞での使い方

ジェスチャーは身体を使って何かを表現する、カタカナの意味と同じように使えます。有名なところではピースサインもジェスチャーです。

声が出せない時に身体で表現する行為から、あえて声を出さずに身体で意思表示、声と同時に身体でも表現する行為まで広く意味があります。

例文

That gesture is very rude in my country.

あのジェスチャーは私の国ではとても失礼だ。

例文

He made a gesture indicating that it was okay to go ahead.

彼は先に行ってもOKだと意味するジェスチャーをした。

body language(ボディランゲージ)が相手とコミュニケーションをとるために行う身体を使った言語であるのに対して、gestureはわりと一方的な意思表示である点で少し性質が異なります。

また「gesture control」とは動きによって何かの指示を出す方法で、有名なものではマウスで特定の動きをするとページを閉じたりする「mouse gestures」などがあります。

例文

This VR system allows you to search the internet using gesture controls.

このバーチャルリアリティのシステムは、ジェスチャー制御によりネット検索できる。

hand gesture

gestureの中でも特に手を使ったものは「hand gesture」と呼ばれます。日本では「手振り」としてもいいと思います。

例文

He uses a lot of hand gestures while he speaks.

彼は話している間にたくさんの手振りを使う。

また英語圏で有名なハンドジェスチャーといえば親指を下にするthumbs-downや中指を立てるミドルフィンガーなどがあります。これについては最後にリンクをまとめています。

表示行為・行動・態度

ここからもう少し意味が広くとれて、何かの表示行為、行動・態度といった意味になります。この場合は意思表示という意味では共通していますが、少しカタカナのジェスチャーから外れた感覚です。

例文

Giving that child candy was a kind gesture.

あの子供にアメをあげるのは優しい意志表示だった。

例文

The president didn’t give me much money, but I appreciated the gesture.

社長は多くのお金をくれなかったが、その行動に感謝した。

例文

The gift was a gesture of friendship.

ギフトは友情の意思表示だった。

例文

The people were touched by their neighboring country’s gesture of goodwill.

人々は隣国の善意の意思表示に感動した。

gesture of goodwillは「善意の意思表示」であり、別に身体を使ってメッセージを送っている感じではありません。

gesture(動詞)

これはそのまま「ジェスチャーをする」と動詞で使うことができます。

例文

He said, “this way please,” and gestured toward the dining room.

彼は「こちらへどうぞ」と言い、ダイニングルームに向かうジェスチャーをした。

例文

She gestured for me to come over.

彼女はこっちに来いとジェスチャーをした。

ジェスチャーに関連した記事もいくつかあるのでご紹介します。世界各国で同じジェスチャーでも意味が変わりますが、英語圏だけを比較しても同様に異なる意味があるケースも見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. fuck(fucking)の意味と使い方
  5. 「should you choose to accept it」とifの省略

関連記事

  1. attach

    英単語の意味と使い方

    attach / attachmentの意味と使い方

    attachは「取り付ける、貼りつける」の意味がありますが、日常ではメ…

  2. 飲酒運転

    イギリス英語とアメリカ米語

    飲酒運転を英語でいうと?

    飲酒運転に関係したニュースもアプリの中で多くとりあげてきました。…

  3. perspective

    英単語の意味と使い方

    perspective(視点・目線)の意味と使い方

    ニュースに「perspective(物事に対する見方、態度、視点、パー…

  4. ムードメーカー

    和製英語とカタカナ英語

    和製英語の検証「ムードメーカー(mood maker)」

    結論からいえばmood makerといった単語は英語圏には存在せず和製…

  5. コメント

    英単語の意味と使い方

    comment / remark / commentaryの違い

    カタカナでもよく使われる「コメント」ですが、英語では少しだけ意味が違う…

  6. dozen

    英単語の意味と使い方

    dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

    海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. mimic
  2. 保証する
  3. ゆるキャラ
  4. ファックについて
  5. lay-lie
  6. センテンススプリング
  7. 英語の先生
  8. hatena
  9. 影響を与える
  10. fix / repair / mend

最近の記事

  1. ストレスの意味と使い方
  2. gain
  3. バーゲンの意味
  4. enjoyの意味と使い方
  5. rallyの意味
  6. access(アクセス)
  7. print
  8. クレバーとスマート
  9. cope-with
  10. onlyの倒置
  1. contain

    英単語の意味と使い方

    例文で見るcontainとincludeの違い
  2. コンペ

    英単語の意味と使い方

    compete / competitive / competition / co…
  3. long-for

    英単語の意味と使い方

    long for(切望する)の意味と使い方
  4. suck

    スラング

    スラングとしての「suck」の意味と使い方
  5. lead-to

    イディオム・熟語・慣用句

    lead to / lead up toの意味と使い方
PAGE TOP