gesture(ジェスチャー)の意味と使い方

ジェスチャー

カタカナでジェスチャーといえば身振り、手ぶりで何かの情報を伝えることですが、英語でもこの意味での使い方があります。

それに加えて「表示行為、行動・態度」といったカタカナのジェスチャーの感覚から外れるような行為までが英語のgestureになるので、英語の方が意味が広いといえます。

代表的なジェスチャーについては個別の記事を書いているので最後にご紹介しています。ここでは「gesture」という単語そのものについての解説です。

発音は【dʒéstʃər】なので読み方もそのままカタカナに近い感じのジェスチャーです。下の音声ファイルを参考にしてください。

gesture(ジェスチャー)の名詞での使い方

ジェスチャーは身体を使って何かを表現する、カタカナの意味と同じように使えます。有名なところではピースサインもジェスチャーです。

声が出せない時に身体で表現する行為から、あえて声を出さずに身体で意思表示、声と同時に身体でも表現する行為まで広く意味があります。

例文

That gesture is very rude in my country.

あのジェスチャーは私の国ではとても失礼だ。

例文

He made a gesture indicating that it was okay to go ahead.

彼は先に行ってもOKだと意味するジェスチャーをした。

body language(ボディランゲージ)が相手とコミュニケーションをとるために行う身体を使った言語であるのに対して、gestureはわりと一方的な意思表示である点で少し性質が異なります。

また「gesture control」とは動きによって何かの指示を出す方法で、有名なものではマウスで特定の動きをするとページを閉じたりする「mouse gestures」などがあります。

例文

This VR system allows you to search the internet using gesture controls.

このバーチャルリアリティのシステムは、ジェスチャー制御によりネット検索できる。

hand gesture

gestureの中でも特に手を使ったものは「hand gesture」と呼ばれます。日本では「手振り」としてもいいと思います。

例文

He uses a lot of hand gestures while he speaks.

彼は話している間にたくさんの手振りを使う。

また英語圏で有名なハンドジェスチャーといえば親指を下にするthumbs-downや中指を立てるミドルフィンガーなどがあります。これについては最後にリンクをまとめています。

表示行為・行動・態度

ここからもう少し意味が広くとれて、何かの表示行為、行動・態度といった意味になります。この場合は意思表示という意味では共通していますが、少しカタカナのジェスチャーから外れた感覚です。

例文

Giving that child candy was a kind gesture.

あの子供にアメをあげるのは優しい意志表示だった。

例文

The president didn’t give me much money, but I appreciated the gesture.

社長は多くのお金をくれなかったが、その行動に感謝した。

例文

The gift was a gesture of friendship.

ギフトは友情の意思表示だった。

例文

The people were touched by their neighboring country’s gesture of goodwill.

人々は隣国の善意の意思表示に感動した。

gesture of goodwillは「善意の意思表示」であり、別に身体を使ってメッセージを送っている感じではありません。

gesture(動詞)

これはそのまま「ジェスチャーをする」と動詞で使うことができます。

例文

He said, “this way please,” and gestured toward the dining room.

彼は「こちらへどうぞ」と言い、ダイニングルームに向かうジェスチャーをした。

例文

She gestured for me to come over.

彼女はこっちに来いとジェスチャーをした。

ジェスチャーに関連した記事もいくつかあるのでご紹介します。世界各国で同じジェスチャーでも意味が変わりますが、英語圏だけを比較しても同様に異なる意味があるケースも見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  2. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  3. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  4. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  5. 靴(shoes)の単数形と複数形

関連記事

  1. site

    英単語の意味と使い方

    site(サイト)の意味と使い方

    site(サイト)といえば、現代ではwebsiteでの使い方が最も耳に…

  2. occur

    英単語の意味と使い方

    「起こる」のoccur / incur / happenの違い

    occurとhappenの違いについては基本的には何かが「起こる」とし…

  3. develop

    英単語の意味と使い方

    develop / developing / developmentの意味と使い方

    developは「発達する、開発する、成長させる」などの意味がありソフ…

  4. memorial(メモリアル)

    和製英語とカタカナ英語

    memorial(メモリアル)の意味と使い方

    カタカナでもよく聞く「memorial(メモリアル)」は辞書で調べると…

  5. オートグラフ

    英単語の意味と使い方

    sign / signature / autographの違い

    和製英語としてもたびたび取り上げられる「サイン」ですが、日本語の「サイ…

  6. rich / wealthy

    英単語の意味と使い方

    rich / wealthy / well off / abundant / affluentの違い…

    どれも日本語にすると「豊かである、富む」といった訳が成立しますが、それ…

おすすめ記事

  1. mimic
  2. capital-letter
  3. ミッションインポッシブル
  4. ハンバーグ
  5. センテンススプリング
  6. 匂い
  7. 飲み放題
  8. フリーティー
  9. 保証する
  10. 影響を与える




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. headline / headliner
  2. justの意味と使い方
  3. sanitizeの意味
  4. conceiveの意味と使い方
  5. driveの意味と使い方
  6. er / ee の使い方
  7. walk offとwalk awayの意味と使い方
  8. lodge(ロッジ)の意味と使い方
  9. attributeの意味と使い方
  10. 活発にする・駆り立てる




  1. in the course of

    英単語の意味と使い方

    in / over the course ofの意味と使い方(例文付き)
  2. 弱虫

    スラング

    弱虫・臆病者・怖がりを英語でどう表現するか?
  3. given

    英文法とライティング

    文頭のGiven / Given thatの使い方
  4. cellの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    cell(セル)の意味と使い方
  5. オープン

    英文法とライティング

    openとopenedの意味の違いを考える
PAGE TOP