emblazon(emblazoned)の意味と使い方

emblazon

emblazonは「~を飾る」の意味で辞書に掲載があります。何らかの印をつけること、あるいはデザインを施すことを意味しますが、あまり日常で使う単語ではなく高いレベルの語彙です。

しかしネイティブスピーカーのスティーブはemblazonは単に素敵に見えるように飾る「decorate」と、ただ何らかの目的のために印をつける「mark」の間のニュアンスになるので、とても便利に使えると思うと話していました。

あまり聞きなれない単語ですが他のdecorateやmarkとの比較を含めて例文を記載しておきます。

emblazonの発音・活用

動詞の原形がemblazonです。過去形・過去分詞ともにemblazonedとなります。

emblazon【embléɪzn】
emblazoned【ɛmbléɪzənd】

emblazoned withの形で「~で飾られている」といった意味になります。

The manhole covers are emblazoned with a rose which is the city’s seal.
マンホールの蓋はその市の紋章のバラで飾られている。

ここでのsealはシンボルマーク的な紋章、市区町村の章のことです。

単純に華やかに飾るだけのdecorateや、目印となるmarkと比較しても、その間をとらえるような使い方によっては便利な言葉であるといえます。

マンホールの蓋も味気ない蓋を飾るためのものであり、同時に街の所有物やその地域であることを示す目印の両方になっているといえます。

しかし語彙のレベルが高いので日常の会話として使うのがベストかどうかは疑問が残ります。

ちなみにカタカナでも耳にする「emblem(エンブレム)」とは語源や成り立ちが違うので、たまたま近い意味の言葉が似たスペルになったと考えるのが妥当です。

ロゴの場合

以下は個別のケースについてどの単語がベストなのかを比較してみます。まずシャツにロゴが描かれている場合について見ていきます。

△ The shirts are decorated with the company logo.
シャツは会社のロゴで飾られている。

ロゴは会社を宣伝する目的を持つものなので、単なる装飾でしかない「decorated」はあまり良い表現ではありません。

△ The shirts are marked with the company logo.
シャツには会社のロゴがつけられている。

同時にロゴはデザイン性があるので、単なる目印扱いになってしまうmarkもベストとはいいがたい表現です。

○ The shirts are emblazoned with the company logo.
シャツは会社のロゴで飾られている。

このような場合にデザイン性と宣伝目的の両方が入っているemblazonedが良い表現です。

毛布の柄の場合

毛布の柄についての例文も作ってもらったので確認してください。花柄の毛布をイメージしてください。

◎ Each blanket is decorated with flowers.
それぞれの毛布が花柄で飾られている。

毛布が素敵に見えるように花柄があしらわれているのでベストな表現です。

○ Each blanket is emblazoned with flowers.
それぞれの毛布に花柄があしらわれている。

△ Each blanket is marked with flowers.
それぞれの毛布に花柄がつけられている。

花柄に情報を伝える目的があるわけではなく単に素敵に見えるように装飾されているだけなので良い表現ではありません。

シリアルナンバーの場合

シリアルナンバーの場合は以下のようになります。

△ Each blanket is decorated with a serial number.
それぞれの毛布にシリアルナンバーが飾られている。

シリアルナンバーは単に識別するための数字であって素敵にするためのものではないので良い表現ではありません。

○ Each blanket is emblazoned with a serial number.
それぞれの毛布にシリアルナンバーが施されている。

◎ Each blanket is marked with a serial number.
それぞれの毛布にシリアルナンバーがつけられている。

識別するための目的で数字がつけられているのでmarkがベストな表現です。

display

emblazonはあまり日常で使われる単語ではないので、普通に使われる単語としてはdisplay(飾る)があります。あるいはhaveなどのより簡単な言葉が使われます。

The manhole covers are emblazoned with the city’s seal.
マンホールの蓋は市の紋章で飾られている。

以下はいずれも一般的な表現です。

The manhole covers display the city’s seal.
マンホールの蓋は市の紋章で飾られている。

The manhole covers have the city’s seal on them.
マンホールの蓋には市の紋章がある。

The city’s seal is on the manhole covers.
市の紋章がマンホールの蓋にある(描かれている)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. dullの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    dull(にぶい・だるい)の意味と使い方

    dull(ダル)は何かの動作が鈍かったり、切れ味が悪かったり、話がつま…

  2. チャージとリチャージ

    英単語の意味と使い方

    chargeとrechargeの違い

    「充電する」を意味するにはcharge(チャージ)とrecharge(…

  3. rate

    カタカナビジネス英語

    rate / ratingの意味と使い方

    rateを動詞で使った場合には「評価する、格付けする」といった意味にな…

  4. batter

    英単語の意味と使い方

    batterの意味と使い方、butterとの違い

    batterは動詞では「何度も打ち付ける」といったような暴力的な行為を…

  5. forceとmake

    英単語の意味と使い方

    「〜させる・強制する」のmakeとforceの違い

    make「(人に)〜させる」とforce to「(人に)〜を強制する、…

  6. introduce

    英単語の意味と使い方

    introduce(紹介・導入)の意味と使い方

    introduceは「紹介する」の意味でよく知られていますが、ニュース…

おすすめ記事

  1. asas
  2. ジブリ
  3. シューズ
  4. 保証する
  5. 匂い




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. average(アベレージ・平均)の意味と使い方
  2. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方
  3. formula(フォーミュラ)の意味と使い方
  4. clear(クリアー)の意味と使い方
  5. boot(ブート)の意味と使い方
  6. physical(フィジカル)の意味と使い方
  7. plot(プロット)の意味と使い方
  8. net(ネット)とgross(グロス)の意味と使い方




PAGE TOP