人形・ぬいぐるみなどの英語まとめ

ぬいぐるみ
 

公開日: 最終更新日:2019.11.7

フィギュア、人形、銅像に類似した名称を整理しておきます。試験関係であんまり出るとは思えませんが、日常会話で使うこともあるかもしれません。

人形といっても種類が多いです。カタカナでも聞かれるフィギュアについては動詞などの使い方と共にまとめた別記事があります。

参考:figure(フィギュア)の使い方まとめ

doll

「人形」のことです。人の形に似せたおもちゃで、場合によっては動物もあります。たいてい女の子向けでバービー人形やリカちゃん人形が有名です。

Denmark’s Lego announced that they were the number one toy maker in the world in terms of sales and profits for the first half of 2014. America’s Mattel, known for selling toys such as Barbie dolls, slid down to second place.
デンマークのレゴは2014年の上半期(1月-6月)売上高と利益の両方で玩具メーカーの世界首位に立ったと発表した。バービー人形などの販売で知られるアメリカのマテルは2位に転落した。

plush toy / stuffed ○○

中にコットンなどが入ったぬいぐるみのことです。

She’s holding a stuffed kangaroo.
彼女はぬいぐるみのカンガルーを持っている。

I have a stuffed Hatsune Miku.
ぬいぐるみの初音ミクを持っている。

stuffedには「剥製(はくせい)」の意味もあります。動物を殺して剥製にする技術をtaxidermy(剥製術)と呼びます。

ぬいぐるみなのか、剥製なのかは文脈で判断するしかありません。

He has a stuffed deer head on his wall.
彼は鹿の剥製を壁にかけている。

stuffには動詞で「詰め込む」といった意味があるため、コットンなどが「詰め込まれたもの」といった意味からぬいぐるみや剥製(はくせい)につながっています。

bobblehead

ボブルヘッド

アメリカなどでは「bobblehead(ボブルヘッド)」と呼ばれる大きな頭がゆらゆらと動く人形が有名です。

スポーツ選手などを含め、さまざまなキャラクターのボブルヘッドがつくられています。

My son gave me an Ichiro bobblehead for my birthday.
息子が私の誕生日にイチローのボブルヘッドをくれた。

「ゆらゆらと動く」といった意味でも使えます。

His head bobbled after three drinks.
三杯飲んだあとで、彼の頭はゆらゆら動いた。

puppet(パペット)

パペット

パペットは下から手をいれて操る人形のことです。広い意味では東京コミックショーなども入ります。指に入れるものと腕に入れるものがあります。

I like puppets in movies.
映画の中のパペットが好きだ。

Sesame Street has many puppets.
セサミストリートには多くのパペットがいる。

muppet (マペット)

マペットとはセサミストリートのキャラやカエルのカーミットの作者として知られる故ジム・ヘンソン氏による造語です。

一種のブランド名のようなもので、1990年に亡くなられていますが、ジム・ヘンソン氏が直接、間接的に関わったセサミストリートなど一連の作品群に登場する人形を「マペット」と呼びます。

上から紐で操る「マリオネット(marionnette)」と、腕を入れて操る「(パペット(puppet)」を組み合わせた言葉です。

On October 21st, long-running children’s program Sesame Street unveiled their latest muppet, an autistic girl named Julia.
長年にわたって放送されている子ども番組「セサミストリート」が、10月21日、新しいマペットを発表した。自閉症の女の子で、名前はジュリアだ。

「digital muppet」という言葉もあり、今のセサミストリートは物体の人形だけではなくデジタルで描く操り人形も存在していますが、アニメの一種と考えてもいいかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  2. cultural appropriation
  3. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  4. America(アメリカ)とUSAの違い
  5. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方

最近の記事

  1. troop(部隊)とtrooperの意味と使い方
  2. realize(リアライズ )の意味と使い方、noticeとの違い
  3. stationの動詞・名詞での意味と使い方
  4. glamor(グラマー)とglamorousの意味と使い方
  5. godfather(ゴッドファーザー)の意味と使い方について
  6. staple(ホッチキスでとめる / 食糧 主食)の意味と使い方
  7. manner(マナー)とmannersの意味と使い方
  8. revenge(リベンジ)とavenge(アベンジ)の意味と使い方の違い
PAGE TOP