強調のdeadly / deadの意味と使い方

deadly

死んでいるの意味で知られる形容詞の「dead」は死とは無関係に「dead wrong(完全に間違い)」のように強調する意味で使われることがあります。

同じようにdeadlyにも「恐ろしく、ひどく、全く、極度に」といった死とは無関係の強調の使い方があります。

少し使い方に注意しないといけないので例文と解説をご覧ください。

deadlyの意味と使い方

deadlyが少しややこしいのは形容詞で「致命的な、致死の、命取りの」といった文字通り「死を引き起こす、死につながる」の意味と、副詞でいちおう「ひどく、恐ろしく、かなり」といった死とは無関係の強調の意味がある点です。

しかしながらdeadlyが使われるほとんどは形容詞で「致死の、命取りの」といった死に関連した意味になります。

以下、日本語にしにくいですが「死を引き起こす〇〇」といった意味で非常に危険な様子、生命を脅かす状況を伝えています。

例文

He attacked her with a deadly weapon.

彼は彼女を死をもたらす凶器で攻撃した。

例文

The cobra is the deadliest snake in the world.

コブラは世界で最も死を引き起こす蛇だ。

例文

That plant has deadly poison.

あの植物は至る毒を持っている。

あまりいい訳が思い浮かびませんが、死につながる危険なものだといった意味です。

ニュースでロープをつけずにバンジージャンプする事故があったことを伝えましたが、それも「Deadly bungee jump(死につながるバンジージャンプ)」といった表現がされています。

deadly(強調)

badlyなどにも同じことがいえますが「ひどく、全く、極度に」といった強調の使い方がdeadlyにもないわけではありません。

しかし、この死とは無関係の強調の使い方をするのはdeadly serious(大真面目)ぐらいの組み合わせです。

例文

I am deadly serious about selling the car.

私はその車を売ることに関しては大真面目だ。

もし強調する意味ならばdeadlyよりも次に紹介する「dead」を使います。

deadly serious以外の組み合わせも文法上は問題ないはずですが、あまり見かけない表現です。

例文

She was deadly tired so she went to sleep.

(古臭い言い方かもしれない)

このように死の意味から外れて単に良い悪い関係なく強調の意味で使われるのはterriblyやbadlyにもあります。

強調のdeadの使い方

deadにはもちろん死んでいるといった意味がありますが、名詞や形容詞の前について何かを強調する意味で使われることがあります。

例文

She was dead tired so she went to sleep.

彼女はひどく疲れていたので眠りに落ちた。

このようにdead tiredのような使い方がされます。よく見かけるのはdead wrong, dead endなのでご紹介します。

dead wrong

これも「全く間違っている、完全な間違いで」で強調する意味で使われています。

例文

He is dead wrong about politics.

彼は政治について完全に間違えている。

例文

She thought I couldn’t dance, but she was dead wrong.

彼女は私がダンスができないと思っていた。しかし、それは全くの間違いだった。

例文

You are dead wrong, the answer is 48.

あなたは完全に間違っている。答えは48だ。

dead end

行き止まり、袋小路のことを意味する言葉です。

道路などが行き止まりになっている物理的な意味での行き止まりの他にも、難局、手詰まりになっているような状況を指すこともできます。

例文

We can’t go any further this is a dead end.

ここで行き止まりなので私たちは先には進めない。

例文

They hit a dead end in the peace talks.

和平交渉は手詰まりになった。

dead last

ダントツの最下位、明らかな最下位に対して使われています。

例文

My favorite team finished dead last again.

お気に入りのチームがまたダントツの最下位だった。

例文

The horse I bet on finished dead last.

私が賭けた馬はダントツの最下位だった。

強調の意味ではなく本当に死んでいるといった状態のdeadの使い方については、dieやdeathと混同しやすいので以下の記事に整理しています。

shoot dead

shoot deadで「射殺する」の意味になります。

例文

Two people were shot dead in the attack.

攻撃で2人が射殺された。

例文

He was shot dead when he opened the door.

彼はドアを開けた時に射殺された。

ただし、この使い方は”shoot”のみにしか見られません。他の動作ならto deathを使います。

例文

〇 He was stabbed to death.

▲ He was stabbed dead.

彼は刺殺された。

例文

〇 She was punched to death.

▲ She was punched dead.

彼女は撲殺された。

文法上このdeadをどう分類するのか不思議な感じもしますがshoot deadで「射殺する」といった句動詞だと考えるのがわかりやすいかもしれません。

dead shot

dead shotで射撃の名人や命中弾といった意味があるので間違えやすいかもしれません。

例文

Two of our officers were dead shots.

われわれ警察官のうち2人は射撃の名人だった。

例文

Two of our officers were shot dead.

われわれ警察官のうち2人が射殺された。

dead to meの意味

dead to meは強調というよりも、死んだという比喩に近い意味で使われる表現です。

例文

He is dead to me.

彼は私にとって死んだようなものだ。

私は彼が死んだように振舞うといった意味で、彼に対して話しかけたり、考えたりしないよといった意味で、無視すると考えても近い言葉です。ネガティブな意味です。

例文

I tried to talk to to her but it’s like I’m dead to her.

彼女に話しかけようとしたけど、彼女にとって私は死んだようなものだった。

この場合は彼女は私に対して死者のように扱うの意味になるので、彼女は私を無視した、死んだ人間のように扱ったといった表現になります。

基本的には人間に対して使われるのが多い表現で、モノは元々、生死がないのであまり使われません。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. point at / point outの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    point out / point atの意味と使い方

    point(ポイント)を動詞で使った場合には指さすような行為をイメージ…

  2. 英単語の意味と使い方

    double / dual / twinの違い

    ダブル、デュアル、ツインはそれぞれカタカナでもよく聞かれるなじみのある…

  3. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方

    英単語の意味と使い方

    greet / greeting(グリーティング)の意味と使い方

    greetが動詞で丁寧な形で「挨拶をする」「出迎える」といった意味で使…

  4. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある

    hotは熱い、暑いを意味するみなさんもよく知る基本単語だとは思いますが…

  5. tension(テンション)

    和製英語とカタカナ英語

    「tension(テンション)」の意味と使い方

    英語の「tension(テンション)」は緊張感の意味で使われ、張り詰め…

  6. account

    イディオム・熟語・慣用句

    account forの使い方

    この記事では主に「account」の使い方と、それを使った熟語であるa…

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. hack(ハック)の意味と使い方
  3. 支持する
  4. bread
  5. カタカナ都市名




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP