associate(アソシエイト)とassociation(アソシエーション)の意味と使い方

associate(アソシエイト)とassociation(アソシエーション)の意味と使い方

associate(アソシエイト)は何かと何かを関連づけることや、関係を持つこと全般に使える言葉です。「関連」は日本語でも意味が広いように、英語でもassociateは意味が広く漠然とした感じがする言葉です。

日本語訳としては「仲間に加わる」「関連付ける」「思い出す」あたりなどが候補にあがります。何かと何かを結びつけるようなこと全般で、例文に使い方をまとめてみました。

名詞はassociation(アソシエーション)ですが、この単語も広い意味での「関連」です。ほかにもassociateはビジネス関係の用語や役職名などにもなっており可能な限り整理してみました。

associateの意味と使い方

associateの意味と使い方

associateは動詞で使った場合には何かや誰かとの関係があることや関係を作ること、または関係を見つけることを意味します。これがけっこう漠然としていて少し抽象的です。

日本語にすると「付き合う」「仲間に加わる」「関連付ける」「連想する」などが近くなります。

発音が名詞・形容詞と動詞で少し違います。動詞は「アソシエイト」ぐらいで、名詞・形容詞が「アソシエト」ぐらいに聞こえます。

associate【əsóuʃièit】動詞
associate【əsóuʃiət】名詞・形容詞

例文

I don’t associate with mafia members.

私はマフィアのメンバーの仲間ではない。

例文

There are many problems associated with nuclear energy.

核エネルギーに関連した多くの問題がある。

例文

She doesn’t want to be associated with our project.

彼女は私たちのプロジェクトと関わりたくないと思っている。

例文

She always associates the taste of chocolate to childhood memories.

彼女はいつもチョコレートの味を子供時代の思い出と結びつける。

例文

My new employer is associated with Rakuten, so I get discounts there.

私の新しい雇い主は楽天と関係がある。だからそこで割引が受けられる。

例文

My mother always used to bake fresh cookies when I was growing up, so every time I smell cookies baking, I associate that smell with home.

母親は私が大きくなる中でいつも作りたてのクッキーを焼いてくれた。だから、クッキーを焼くにおいをかぐと、その匂いで家を連想する。

associate withの使い方

associateは何かと何かを関連づける場合に、withを使うことが多いです。ただし、これをtoに置き換えることも可能です。

例文

I associate her with that product.

I associate her to that product.

私は彼女であの製品を連想する。

上の場合はコマーシャルに出ている有名人などを思い浮かべるとわかりやすいです。withでもtoでも使えますがtoのほうがよりダイレクトで直接の関連を表現しやすくなります。

例文

She always associates the taste of chocolate with childhood memories.

She always associates the taste of chocolate to childhood memories.

彼女はいつもチョコの味で子供時代の記憶を思い出す。

この場合もニュアンスの差としてwithだと漠然とした子供時代の記憶です。特にどの記憶でもなく、子供時代の漠然とした情景や思い出に結びついているといった感じです。

toだとより具体的で特定の記憶に近くなるといった差です。例えばチョコレートを食べていたその時の記憶を思い出すといった感じです。

基本的には程度の差によってwithとtoを使い分けるぐらいでどちらでもOKですが、以下のように受動態になると少し変です。

例文

He is associated with that product.

△ He is associated to that product.

彼はあの製品と関連している/連想される。

これは「誰がそう連想するのか? 全員が全員そう思うのか?」といった問題にもなります。

例えばイチローは長年「ユンケル」のCMに出ているのでイチローからユンケルを連想する人もいると思います。しかし、イチローは日産やNTTのコマーシャルにも出演しています。

この場合にtoでダイレクトな関係を強い結び付きで表現するとちょっと変だという話です。toを使うと「イチローはピンポイントでダイレクトにユンケルを連想させる」みたいな文章になるので、そんなことはないだろうという話です。

もう少しゆるい広い意味でのつながりが表現できる「with」を使ったほうが自然だという意見です。

ビジネスパートナー・仲間・同僚

ビジネスパートナー・仲間・同僚

ビジネスでのパートナーや仲間の意味もあり、名詞と形容詞で使えます。associate companyといえば「関連会社」のことです。

これも仕事で関連のある人みたいなちょっと漠然とした関係です。

例文

I took an associate to lunch yesterday.

私は昨日、ビジネスパートナーをランチに連れていった。

例文

They are our associate company on this project.

彼らはこのプロジェクトにおける私たちのビジネスパートナーの会社だ。

sales associate

ビジネスパートナーとは違いますが「sales associate」といった言葉があり、これは「店員、販売員」などを指します。

意味としてはsales personと同じで、それを華やかにしたような言い方です。staffでもいいと思います。

例文

I was talking to a sales associate who recommended that table.

私はあのテーブルをおすすめする店員と話をしていた。

例文

I was hired as a sales associate at the biggest department store in the city.

私は街で一番大きなデパートに、販売員として雇われた。

associate + 役職・職位

associate + 役職・職位

associateの使い方の1つに「準〇〇、副〇〇」のような表現があります。けっこうフォーマルでイギリス英語ではないかといった意見がありました。

例文

They made me an associate member of their club.

彼らは私をそのクラブの準メンバーにした。

例文

I’m an associate manager at that company.

私はあの会社のアソシエイトマネージャーだ。

associate managerが日本の職位でどこに該当するのかは微妙ですが、準マネージャーみたいな意味になります。完全なマネージャーではないけれど、それに準ずる地位です。課長代理などが近いかもしれません。

associate professorならば大学の准教授といった意味になります。

assistant manager(アシスタントマネージャー)とどう違うのかといった問題は、実際にその会社に確認するぐらいしか方法がありません。これはマネージャーが何をする人なのかといった問題にもつながります。

associatedの意味

associatedの意味

associatedは形容詞で「結び付いた、関連した、連合した」の意味です。これも意味が広くて何らかの関係があるぐらいです。

例文

The company’s bankruptcy affected many associated companies.

その会社の倒産は多くの関係する会社に影響を与えた。

例文

Injuries are associated risks of playing professional sports.

怪我はプロスポーツに関連するリスクだ。

associate companyといえば関連企業であり仲間内の企業です。会計制度上は資本提携があり、連結決算に含まれるといった意味での関連会社です。associate companyは会計の専門用語だと思っても間違いなく、詳しくは当サイトの専門外なので割愛しますが日本の会計制度でいう「関連会社」です。

associated companyといえば関係がある会社ぐらいの意味で、取引があるだけで社長同士が顔見知りとかいろんな可能性が考えられます。

associationの意味

associationの意味

これらassociateのいろんな意味を名詞にしたのがassociation(アソシエイション)で、同じく意味が広いです。「つながり、関連、関係」といった意味です。

けっこう団体名に使われたりしており日本語では「協会、組合、連合」みたいな意味です。

association【əsòusiéiʃən】

例文

Her scandal was more serious because of her association with a children’s program.

彼女のスキャンダルはより深刻だった。なぜなら彼女の子供プログラムに関連があったからだ。

例文

I joined the association in late May.

私は5月後半に協会に加盟した。

例文

He ended his association with the mafia.

彼はマフィアとの関係を終わらせた。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. euthanasia

    英単語の意味と使い方

    安楽死を英語でどういうべきか?

    安楽死を辞書で検索すると「euthanasia」で掲載されています。一…

  2. lethal(リーサル)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    lethal(リーサル)の意味と使い方

    lethal(リーサル)は「死を引き起こす、致命的な」の意味で、死につ…

  3. shutter(シャッター)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    shutter(シャッター)の意味と使い方

    shutter(シャッター)はお店を閉めるときにガラガラとおろすもので…

  4. 飲酒運転

    イギリス英語とアメリカ米語

    飲酒運転を英語でいうと?

    飲酒運転に関係したニュースもアプリの中で多くとりあげてきました。…

  5. ピアレンティング

    英単語の意味と使い方

    parentingとchildcareの違いを考える

    辞書の英辞郎にも注意事項として記載がありますが「parenting(ペ…

  6. make upの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    make upの意味と使い方

    動詞でmake upを使った場合にはいくつかの意味があり「構成する」「…

おすすめ記事

  1. お客さん
  2. Japanese
  3. 影響を与える
  4. asas
  5. カタカナ都市名




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. expandとextendの意味と違いについて
  2. mood(ムード)とmoody(ムーディー)の意味と使い方
  3. distressの意味と使い方
  4. thusの意味と使い方(例文付き)
  5. 「理想の、理想的な」を英語でどういうか?
  6. dodge(ドッジ)の意味と使い方
  7. signal(シグナル・信号・合図)の意味と使い方
  8. call forの意味と使い方




PAGE TOP