up

meet up, eat upなど意味のないup

北米英語の特徴のようでもありますが、動詞に「up」をつけるけど特にこれといった意味はないようです。

アメリカだけでなくカナダでも広く使われますが、upをつけてもつけなくても意味がさほど変わりません。

clean up, eat up, meet upなど、どれもupがなくてもその前の動詞だけで意味は通じてしまいます。

スティーブの意見を聞くと、upがあることで「very much」ぐらいの気持ちの高まりや、伝えたいことを強調して表現している程度らしいです。また何かをcomplete(完了、達成)したような感覚を伴うそうです。

①He ate dinner.
②He ate up dinner.

②はおそらく彼はディナーを全部食べたような達成感、完了したような雰囲気があります。

③I cleaned my room.
④I cleaned up my room.

④はおそらく部屋全体の掃除をしたような感覚があります。

ただ②も④も聞き手のネイティブにとっても感覚的に感じる達成感、完了した雰囲気でしかなく、実際に何を指しているのかは話し手次第です。

upがあるからここまでの動作を達した、達していないといった明確な基準はありません。

stir up / meet up

ニュースに登場したstir(ステア)といえばカクテルの混ぜ方でも知られています。シェイカーでカシャカシャと混ぜるのは「シェイク」ですが、マドラーでクルクルとかき混ぜるのは「ステア」と呼ばれています。

まさにあのイメージで、かき混ぜたり、沈んでいたものを巻き上げます。

今回は台風が海の底の沈殿物を巻き上げたという表現ですが、慣用的に「一度、落ち着いたできごとを再び騒動にする」といった意味で、特に感情的な事件に対して使われます。

Shooting in America stirred up racism issue.
(アメリカでの発砲事件が人種差別問題を巻き起こした)

stir upも単語のstirだけで、ほぼ同じ意味です。upがなくても意味は通じます。

他にも例をあげたらキリがありませんがmeetとmeet upの違いなどもありません。

I met up with him yesterday.
I met him yesterday.
(昨日、彼に会った)

He fixed up my car.
He fixed my car.
(彼は私の車を修理した)

The soap broke up all the dirt.
The soap broke all the dirt.
(石鹸がすべての汚れを落とした)

これらの表現は上も下もあまり意味の変化がありません。先に書いたように話す側の感情としてmeetなら「会った!」ことを強調している、fixなら「修理しあげた、やりとげた」、breakならば「落としきった」みたいな高まりが感じられる程度です。

だからといってなかったとしても問題はありません。

upがあったほうが良いもの

ただし、中にはupを伴ったほうが一般的な表現もあります。

⑤We lined for donuts.
⑥We lined up for donuts.

この場合はドーナッツに並んだを指すには⑥が一般的です。⑤も間違いではないけど、あまりこの言い方をしないそうです。

明確にわりとイディオムの一部として不可欠なものもあれば、上に紹介したように、本当に口癖のようにつくものがあるので、あまり気にせずに使ってください。

これに関連してdownもあります。

こちらはカナダではあまり使わずアメリカ英語の特徴のようですが、downをつけるけれど、実際はあってもなくても一緒だという使い方です。

登場する主な単語と熟語
racism 人種差別 人種差別主義
issue 話題 論点 争点
fix 修理する
dirt 汚物 泥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?
  2. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  3. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  4. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  5. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ

関連記事

  1. 同僚・仕事仲間

    英単語の使い方と単語比較

    colleagueとco-workerの違い

    同僚、職場仲間、仕事仲間などを表す2つの言葉の違いについては、日本語で…

  2. 英単語の使い方と単語比較

    old peopleとolder peopleの違い

    何かの集団を示すときに比較級が使われることがあります。例えば「…

  3. T4TWO

    スラング

    2=to、U=youなどの置き換えと省略

    toを2、YouをUと書いて、"2 U(to you)"と表記するケー…

  4. root

    イディオム・熟語・慣用句

    根っこ(root)を使った英語表現

    木の根っこの意味ですが、これにちなんだ表現が英語にもいくつかあります。…

  5. ロゼッタストーン

    英単語の使い方と単語比較

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い

    どちらも同じ意味ですが基本的にはtranslateは「翻訳」であり、主…

  6. ロッテ・クランキー

    スラング

    ロッテのCrunky(クランキー)はどういう意味なのか?

    1974年から発売され、40年以上の人気があるロッテのお菓子に「クラン…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. known to
  2. odds
  3. bet
  4. 梟(owl)
  5. ライン
  6. LINE
  7. relationship
  8. 保険用語の英語
  9. 料理
  10. フリー
  1. キャスト

    英単語の使い方と単語比較

    cast(キャスト)の様々な意味
  2. パン

    微妙な日本語の翻訳

    英語圏で「パン」といった場合に何を意味するのか?
  3. コンテインとインクルード

    英単語の使い方と単語比較

    例文で見るcontainとincludeの違い
  4. 料理

    英単語の使い方と単語比較

    濃い・薄いの英語表現
  5. 刑務所・牢屋

    スラング

    Jail(ジェイル)とPrison(プリズン)の違い
PAGE TOP