gaming

最近はgaming(ゲーミング)の意味が変化している

日本では「テレビゲーム」と呼びますが、これは和製英語ぎみの使い方で英語圏ではプレステやWiiなどは「video game」が一般的です。

最近、カタカナでも「ゲイミング◯◯・ゲーミング◯◯」といった表現を聞きますが、時代の変化なのか少し言葉の意味が移り変わっているようです。

gaming(カジュアル)

最近、ビデオゲームを指してgamingといった使い方がされます。

I love gaming.
(テレビゲームが好きだ)

There is a big gaming convention in town.
(テレビゲームの大きな大会が町である)

この使い方は比較的、最近になって用いられるようになったそうです。

少なくともスティーブの子どもの時には使わなかったタイプの用法です。

カジュアルな英語、昔には存在しなかった若者言葉、現代用語的なニュアンスが多少あります。

パソコンなどでも日本では「ゲーミングPC」といった名称、ニックネームが販売店で見られたりしますが、これは「ゲーム専用マシン」といった意味で使われています。

他にもゲーミングマウスやゲーミングキーボード、ゲーミングマイクなどもあります。

ゲームに特化した高スペックマシンだったり、専用の操作性の良さを表しています。

英語でも「gaming mice」や「gaming keyboard」「gaming app」も検索にいっぱい登場し、それらはゲームプレイに特化したものを指しています。

gaming(フォーマル)

昔から一般的にgamingといえば、それはギャンブルのことを指します。

辞書でも「賭博・ギャンブル」の意味で掲載されていますが、最近では「ゲームの」といった新しい意味も追加されています。

昔ながら使い方は下の例文のような感じです。

This city has a ban on gaming.
(この街ではギャンブルは禁止されている)

The gaming commission approved a new casino.
(ギャンブル委員会は新しいカジノを承認した)

変わったgameの使い方

ほかにもスラングぎみにgameが使えます。

He’s got game.
= He is very skilled at something.

会話の流れで判断するしかありませんが、何かに対してとてもうまい人を指します。

be game
= be willing to do something

何かに対してやってもいいよ、OKだよ、気乗りがする、みたいな感じで会話でも使えます。

A: Do you want to go to McDonald’s?
(マクドナルドに行きたくないか?)
B: Yeah. I’m game.
(ああ、別にいいよ)

行きたいってほどではないけども、ぜんぜんOKだよみたいな感じで、スティーブも会話で普通に使ったことがあるそうなので、チャンスがあれば使ってみてください。

余談ですがアメリカの人気プロレスラーだったトリプルHのニックネームが「The Game」だったのでどういう意味か確認してみました。

おそらくゲーム(試合)を支配する人、彼こそがゲームそのものなんだといった強気なニュアンスを出しているそうです。

その他のgame

もちろん一般的な野球の試合やボードゲームなどをさすことも可能です。

I play board games with my family.
(家族とボードゲームをした)

We played four games of baseball this weekend.
(私たちは今週、4試合野球をした)

ギャンブルつながりで「オッズ(odds)」と「bet(賭ける)」について慣用句、表現などをまとめた記事があります。

例文に登場する主な単語と熟語
convention 大会 条約 慣習
ban 禁止する
commission 委員会 委任状
approve 承認・賛成する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  3. 英語で「パン(pan)」といった場合に何を意味するのか?
  4. years oldとyear-oldの違い
  5. アメリカと日本の育児方針の違い

関連記事

  1. カタカナ都市名

    英語の使い方

    カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

    カタカナと英語名でかなり発音が違う都市名や、発音が難しい都市名などをピ…

  2. パイオニア

    英語の使い方

    パイオニア編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュースマガジンTIMEが『最も影響力がある100人』として…

  3. taste

    英単語の意味と使い方

    taste(テイスト)の動詞・名詞での意味と使い方

    カタカナでもよく使われるtaste(テイスト)は英語ではまず動詞で「~…

  4. 保護者

    英単語の意味と使い方

    「保護者」を英語でどういうか?

    英語で子供などの「保護者」を意味する言葉にはguardianやcare…

  5. on / along the way

    イディオム・熟語・慣用句

    on the way / along the wayの違い

    on the wayとalong the wayはどちらも「~の途中で…

  6. take advantage of

    イディオム・熟語・慣用句

    take advantage ofの意味と使い方

    ニュースでもわりと見かける表現に「take advantage of」…

おすすめ記事

  1. 本当は好きじゃなかった
  2. asas
  3. 眼鏡
  4. ファックについて
  5. rich / wealthy
  6. 倍
  7. middle finger
  8. hatena
  9. mimic
  10. ツイッター

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. overtake
  2. spec
  3. dunk12
  4. utilize /use
  5. サブタイトル
  6. used-to
  7. freeze-frozen
  8. カーブ
  9. former-ex
  1. イニシアチブ

    英単語の意味と使い方

    initiative(イニシアチブ)の意味と使い方
  2. breakthrough

    微妙な日本語の翻訳

    「ブレイクする」はbreak throughで表現できる
  3. 倍

    英単語の意味と使い方

    倍(2倍、3倍~)の英語表現
  4. concern

    英単語の意味と使い方

    concern(コンサーン)の意味と使い方のまとめ
  5. owl

    スラング

    ふくろう(owl)にまつわる英語表現
PAGE TOP