英単語の使い方と単語比較

  1. dedicated

    dedicateの意味と使い方について

    dedicateはいくつかの意味があるため文脈でどの使い方がされているか判断する必要があるややこしい言葉です。大きくわけると「~に捧げる、専念する、打ち…

  2. チャージとリチャージ

    chargeとrechargeの違い

    「充電する」を意味するにはcharge(チャージ)とrecharge(リチャージ)のどちらを使ったいいのか迷われる方もいるかもしれません。結論からいえば…

  3. charge(チャージ)

    charge(チャージ)の意味と使い方

    charge(チャージ)といえば、頻繁にカタカナでも聞かれる言葉ですが、カタカナの場合はおそらくスマホなどを「充電する」の意味か、またはプリペイド式の電子マネー…

  4. 影響を与える

    「影響する」のeffect, affect, influence, impact, inspireの…

    日本語にするとどれも「影響を与える」となってしまい、どう使い分けて良いのか非常にわかりにくい単語です。今回はネイティブスピーカーにヒアリングを行いながら…

  5. gritty

    gritty / grittierの意味

    アプリ内の映画を扱ったニュースの中で「gritty(砂のような、砂利の入ったような、ザラザラする)」や、その比較級である「grittier」が2回ほど登場しまし…

  6. wonder

    wonder if / whetherの使い方

    wonderは疑問に使いますが、疑問文の文法、形にならないのが特徴です。wonderだけでも用いることができますが、よくwhetherやifを後ろにとも…

  7. サクセス

    success, succeed, successfulの違い

    英語の勉強をはじめたばかりの頃には、このsucceedとsuccessを混同したり、間違えてしまう人も多いのではないでしょうか。succeedは動詞で「…

  8. admit

    admitの意味と使い方まとめ

    admitは基本的には「(何かの行為など)を認める」の意味で使われます。日本語で考えると少しややこしい要素として日本語の「認める」には「何かの許可を出す…

  9. 許可

    許可する、許すのlet / allow / permitの違い

    let / allow / permitはどれも「許す、許可する」といった意味で使われます。まず違いとしてあるのが言葉の持つ雰囲気で、許可される行為との…

  10. rival

    rival(ライバル)の意味を英語で考える

    rival(ライバル)は、すでにカタカナでもおなじみの言葉です。何かを競い合ったりする相手を指して使われるのが一般的です。英語ではもう少し使い方に幅があ…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. カタカナ
  4. bread
  5. フリーティー

最近の記事

  1. dedicated
  2. チャージとリチャージ
  3. charge(チャージ)
  4. ifと仮定法
  5. 影響を与える
  1. 英単語の使い方と単語比較

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い
  2. work

    イディオム・熟語・慣用句

    work+at, for, in, onの違い
  3. terribly

    英単語の使い方と単語比較

    強調の意味のterribly
  4. 炎上

    スラング

    ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  5. 猫の画像

    文化と体験

    アニマルシェルターと動物愛護
PAGE TOP