大文字小文字

英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け

COTONやAQUAといった名前の商品が発売された記事を書いたとき、ネイティブが書いたニュース文では「Coton」「Aqua」と小文字になっていました。

企業が決めた正式な商品名、ブランド名が大文字の「COTON」「AQUA」なので、ニュース文も大文字にした方が良いのではないかと提案しました。

しかしネイティブからの回答では「COTON」の表記は「noisy」と言われました。

文中で大文字で書かれると、すごく邪魔で気になってしまうそうです。

以前にもジャニーズのTOKIOの記事を書いた時に「TOKIO」が「Tokio」と表記されていました。日本人としては逆にTokioの表記は違和感があります。

以下、固有名詞の大文字・小文字の使い分けとルールについて興味深い話が聞けたので、ネイティブにヒアリングした結果をまとめたものを記載します。

文章・センテンスの中ですべて大文字で表記するケースはほぼない

頭の文字を並べた単語(PTA/USA/IBM/NASA/NATOなど)を除けば、普通は文章の中で固有名詞がすべて大文字で表記されることはありません。

コンピュータ会社のIBMはInternational Business Machinesの略なので、こういう名称がIBMと大文字で表記されることはあります。

しかしFacebookやGoogleのような会社が文中ですべて大文字でFACEBOOKやGOOGLEのように書かれることは普通はありません。

○ IBM is a big company.
✕ GOOGLE is a big company.

USAとNASAの違い(initialismとacronym)

頭の文字をとった略語(頭字語)でも扱いが2つに分かれます。

USAやIBM、PTAのような「ユー・エス・エイ」「アイ・ビー・エム」と個々のアルファベットで発音するタイプの略語(initialismまたは頭文字語と呼ばれます)は絶対にすべて大文字表記です。

逆にいえば「Usa」「Ibm」「Pta」「Fbi」と書くことはありません。

その一方で、頭文字をとって1つの単語として発音できるもの(acronymまたは頭字語といいます)は、場合によっては小文字で書くケースもあります。

NATOは「エヌ・エイ・ティー・オー」とは発音されずに普通は「ネイトー(ナトー)」と呼ばれます。

「NASA」は「エヌ・エイ・エス・エイ」ではなく「ナサ」です。

このような単語の場合は文章でNATO/Nato、NASA/Nasaのような両方の表記が可能性として考えられます。

ロゴなどのデザイン

「固有名詞の最初の文字は大文字にする」というのは、我々が学校で習った英語のライティングのルールで間違いではありません。

ただしロゴのデザインとして考えた場合は、より「絵」に近いものなので「すべて大文字」「すべて小文字」「先頭だけ大文字」などさまざまなケースが考えられます。

アメリカを代表する企業の公式ロゴを並べてみます。

アメリカの企業

facebookやtwitterのようにロゴをすべて小文字で表記するのが、ここ最近のIT企業のトレンドだったようですね。

ただしグーグルは先頭が大文字のGoogleです。けっこう流行に左右されるようです。

参考資料ですがイギリスを代表する企業のロゴをピックアップしたものです。ロゴに関しては大文字と小文字の使い分けは自由ですね。

logo3

企業名の文中での表記

先に書いたように「固有名詞の最初は大文字」というルールが一般的で、たとえ「facebook」「twitter」「amaozon」のように公式ロゴがすべて小文字で表記されていても文章中では先頭のみが大文字になります。

ニュース記事でも、もちろんFacebook、Twitter、Amazonと表記されます。

また下のようなボタンでも「Share on Facebook / Follow us on Twitter」など文章・センテンスになっているものは、一般的に先頭が大文字になります(左側)

ただし、企業名の部分をロゴとして扱うならば、それは絵であるため、どんな表記も考えられます(右側)

logo2

日本人としては「どっちでもいいかな」と思いがちですが、ネイティブにすると生理的な部分で大文字、小文字の差を感じるようです。

世の中にはネイティブが書いているわけではない表記も多いので、例外的なものがあることも念頭に置いておいてもいいのではないでしょうか。

全部大文字で書く手書き

スティーブの手書きの文字をはじめて見た時に、彼が小文字をいっさい使わないことにびっくりした記憶があります。

手書き文字

このように文章の先頭や固有名詞など大文字にすべきところを「大文字で大きく」書き、私達が小文字にする部分を「大文字で小さく」書いています。

すべて同じ大きさの大文字ではなく、文字の大きさで区別しています。上に紹介したティファニーのロゴなどが同じ方式です。

「この書き方は読みにくいし間違ってるから正しく書いて欲しい」と言ったのですが、間違ってないし正しいよと何度も説明されました。

私も日本の教育、学校では先頭は大文字、後は小文字といったルールが正しい英文の書き方だと習ったと伝えました。

彼はカナダで大学まで出ていますが、この書き方で小学校から注意されたことなんてないし、正しい書き方だと説明してくれました。

日本人には見慣れない書き方ですが、確かにアメコミなどでは全部セリフが大文字になっていたりします。

アメコミのセリフ画像(Googleイメージ)

彼以外にも英文をすべて大文字で書くネイティブにも何人も出会いました。

手書きだと大文字ですべて書く人がいる、しかも、それも正しい書き方であって決して相手が間違ったことをしているわけではない、ネイティブは全部大文字でも別に読みにくいとは思っていない、と頭の片隅に置いておくといつか役に立つかもしれません。

あるサイトでこの件に関して、ネイティブに対して読みにくいし正しく書けと、怒っている日本人がいらっしゃいましたが、ちょっと危うい感じもしますね。

以下、大文字・小文字に関連するライティング系の話題をまとめています。

 

例文に登場する主な単語と熟語
initialism 頭文字語 頭文字
acronym 頭字語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  3. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  4. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  5. 英会話スクールの講師になる方法

関連記事

  1. セット

    英単語の使い方と単語比較

    set(セット)の意味と使い方

    一説によると熟語・スラングなど含めて、最も多い定義がある単語は「run…

  2. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる

    かかる時間を表すtakeに関してネイティブの意見を交えながら掘り下げて…

  3. 都市名

    英語の使い方

    カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

    カタカナと英語名でかなり発音が違う都市名や、発音が難しい都市名などをピ…

  4. ロゼッタストーン

    英単語の使い方と単語比較

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い

    どちらも同じ意味ですが基本的にはtranslateは「翻訳」であり、主…

  5. determine

    英単語の使い方と単語比較

    determineとdecideの違い

    ニュースにもよく登場するdetermineは、使われ方や文脈によってい…

  6. レトリックとは

    イディオム・熟語・慣用句

    レトリック(rhetoric)の意味を英語で考える

    カタカナでは「レトリック(rhetoric)」と表記され、考え方として…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

最近の記事

  1. put on / wear
  2. element
  3. ロゼッタストーン
  4. フレーズ
  5. ロッテ・クランキー
  6. フェイク
  7. 自動車
  8. ブレーク
  9. プラクティス
  10. drink and drive
  1. asas

    英文法とライティング

    as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. コンセント

    和製英語

    和製英語の検証「コンセント(consent)」
  3. ビヨンセ

    政治と社会問題

    2016スーパーボウルのビヨンセの政治的パフォーマンス
  4. パン

    微妙な日本語の翻訳

    英語圏で「パン」といった場合に何を意味するのか?
  5. 形容詞

    英文法とライティング

    形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
PAGE TOP