behave / act

action / actとbehavior / behaveの違い

actionとbehaviorはどちらも「行動・振る舞い」などを意味する言葉で、文脈によっては相互に置き換え可能なケースも多いです。

しかし、明らかに置き換えができないケースも存在しています。

それぞれ品詞も違うので、このあたりも混同しやすい要素になっています。例文を多くご用意しているので使い方の参考にしてください。

品詞(動詞・名詞)の整理

まず品詞を混同しやすいので、動詞、名詞をはっきりさせておきます。辞書ベースで日本語にしてしまうと、どれも似たような意味になってしまい違いがよくわかりません。

act(動詞)行動する、振る舞う、演じる

action(名詞)行動、行為、振る舞い、動作

behave(動詞)振る舞う、行動をする、行儀よくする

behavior(名詞)態度、挙動、振る舞い

これを順番に解説していきます。

behaveの発音は「bihéiv」なのでビハブではなく「ビヘイブ」です。同様にbehaviorは「bihéivjər」なので「ビヘイバー、ビヘイビァ」です。

音声ファイルを置いておくので実際に聴いて確認してください。

actとbehaveの違い

多くの場合、この2つの単語はほぼ同じ意味になります。以下はほぼ同じ「昨夜、馬鹿なふるまいをした。」の意味です。

I acted foolishly last night.

I behaved foolishly last night.

同じく以下もほぼ同じで「女王に会う時は、紳士のようにふるまわないといけない。」となり相互に置き換えても意味はかわりません。

You must act like a gentleman when you meet the Queen.

You must behave like a gentleman when you meet the Queen.

置き換えできないケース

日本語で考えると「振る舞う(behave)」と「行動する(act)」の差に近く、特定の状況では置き換えができません。

If I had acted sooner, I could have avoided the accident.
もしもっと早く行動していたら、事故を避けられたかもしれない。

If I had behaved sooner, I could have avoided the accident.
(この表現をする人はあまりいません)

When there is a fire in your house you must act.
家が火事の時は、あなたは行動しなければならない。

When there is a fire in your house you must behave.
(この表現をする人はあまりいません)

「behave」には文脈によっては「礼儀正しく」の意味が含まれてくるので、状況によっては合いません。

以下は文章としては両方とも成立しますが意味が異なってしまいます。

When the teacher enters the class you must behave.
先生が教室に入ってくるときには、ちゃんとしないといけない。

When the teacher enters the room you must act.
先生が教室に入ってくるときには、行動を起こさないといけない。

また子供に怒るとき、行儀よくふるまいなさいといった意味で「Behave!」と叱ったりしますが、これも「act!」とはいいません。

actionとbehaviorの違い

名詞になった場合でも、動詞と同じく相互に置き換え可能なケースも多いです。

基本的にはactionは特定の動作なので「行動」を指しているのに対して、behaviorは全体としての行動、actionのまとまりみたいな意味になるので視点が少し広いです。

以下はどちらも「昨夜の彼の行動・振る舞いは受け入れがたいものだった」で、どちらを使ってもOKです。

His actions last night were unacceptable.

His behavior last night was unacceptable.

以下も同様に「盗みは許せない振る舞い・行動だ」となり、どちらも自然な英語です。

Stealing is an inexcusable action.

Stealing is inexcusable behavior.

注意点としてはbehaviorは通常は不加算名詞で用いられるため「s」がつきません。一方でactionsとなる違いがあります。

Stealing and fighting are inexcusable actions.

Stealing and fighting are inexcusable behavior.

「盗みと喧嘩は許せない行動・振る舞いだ」となりますが、このようなケースでは複数形の使い方に注意が必要です。

misbehave / act up

behaveの反対はmisbehaveで「不作法に振る舞う、不品行をする」です。

I sent your child home from school because he was misbehaving.
私はあなたの子供を学校から家に送りました。なぜなら彼は不作法に振る舞ったからです。

Don’t misbehave while you are at your grandparents!
祖父母の前にいる間は、無礼なことはするなよ。

misbehaveはact upでも同じ意味になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  3. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  4. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  5. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?

関連記事

  1. コンセント

    和製英語

    和製英語の検証「コンセント(consent)」

    和製英語だとわかったとしても、代わりは何か? 和製英語だったとしても例…

  2. 列に並ぶ

    英単語の使い方と単語比較

    列(line)に並ぶの英語

    前回の記事『lineとseriesの違いについて』でlineがカタカナ…

  3. coast

    英単語の使い方と単語比較

    off the coast ofの意味

    coastは「海岸・沿岸」の意味ですが頭にonとoffがつくことで、今…

  4. pollution

    英単語の使い方と単語比較

    contaminationとpollutionの違い

    contaminationとpollutionはどちらもニュースでは「…

  5. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある

    hotは熱い、暑いを意味するみなさんもよく知る基本単語だとは思いますが…

  6. ピリオド

    英文法とライティング

    省略の記号としてのピリオド(period)

    文章の最後に終わりを意味する点、ピリオド/periodは英語ではおなじ…

おすすめ記事

  1. ミッションインポッシブル
  2. lay-lie
  3. 保証する
  4. 眼鏡
  5. シューズ
  6. ifと仮定法
  7. 影響を与える
  8. カタカナ
  9. bread
  10. フリーティー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. coast
  2. 寄付
  3. prove
  4. ミッションインポッシブル
  5. スタントマン
  6. have gone to
  7. pedestal
  8. マイルストーン
  9. 歴史的な
  1. あたりまえ

    微妙な日本語の翻訳

    「当たり前」をどう英語で表現するか?
  2. studynow

    日本(Japan)

    アプリ紹介:ざっくり英語ニュース!StudyNow
  3. ダイエット

    和製英語

    diet(ダイエット)に関する英語表現
  4. if

    英文法とライティング

    ツンデレのifについての謎
  5. ガラスの天井

    イディオム・熟語・慣用句

    glass ceiling(ガラスの天井)とglass cliff(ガラスの崖)…
PAGE TOP