dragの意味と使い方のまとめ

drag

2017年4月にユナイテッド航空でオーバーブッキングしたため、乗客がランダムで降ろされることになりましたが、その際に乗客が拒否したため警察に引きずり降ろされる事件が起こりました。

この大事件の際にニュースで使われた単語が「drag」です。

基本的には「引きずる、(何かを)ひっぱる」などの基本的な意味がありますが、けっこう幅広い意味で使われる単語なので、使い方を一通りまとめています。

dragの活用(過去形・過去分詞)

活用については「drag-dragged-dragged」が正しいものとされています。

アメリカの方言によっては「drag-drug-drug」とするケースがあるようですが、標準的な英語では間違いと見なされるのでdraggedを選んだほうが無難です。

一般的に「drug」といえば麻薬などのドラッグを指します。

drag【drǽg】
drug【drʌ́g】

drag(基本的な意味)

drag

何かをひっぱること、ひきずっていくことです。

ユナイテッド航空の事件の場合はシートから引きずりおろすことです。

He was dragging the heavy bags through the airport.
彼は空港で重いバッグを引きずっていた。

She dragged the sofa across the room.
彼女はソファーを部屋で引っ張った。

パソコンのマウス操作でクリックして引っ張る行為もこのdragです。

drag + 人 + 場所

さまざまなバリエーションがありますが、人と場所がともなうと、その人をそこの場所まで引っ張っていくことです。

日本語と同じで実際にひっぱるというよりも、どちらかといえば比喩的な感じで嫌がる人を連れていくことを意味します。

My wife is always dragging me to flower shows.
妻はいつも私をお花のショーにひっぱっていく。

No one would go to the concert with me so I dragged my sister along.
誰も私とコンサートに行きたがらないので、妹をひっぱって行った。

もちろん、腕を少し引くことはあると思いますが、それは重要ではなく、対象となる人が行きたがっていないことが焦点です。

しかしユナイテッド航空のニュースは文字通り本当に引っ張っていっているので、言葉の意味のまま使っている変わったケースです。

drag kicking and screaming

上の嫌がっている人を連れて行く意味での強調表現になります。こちらはかなり嫌がっている様子が出ていますが意味は同じです。

My wife is always dragging me kicking and screaming to flower shows.

No one would go to the concert with me so I dragged my sister along kicking and screaming.

drag on

ここから熟語・イディオムで意味が変わっていきますが、drag onは長いこと、だらだらと続くこと、時間がかかるを意味する言葉です。

That movie dragged on.
あの映画は長かった。

This day is just dragging on and on.
この日は日が長いね。

下は時間がゆっくりと流れていくような感じの日を表しています。

drag(名詞)

名詞では「disappointment(残念)」のような使い方もされます。

Josh isn’t coming to the party? What a drag.
ジョシュはパーティーに来ないの? それは残念だ。

That movie was a drag.
あの映画は悪かった/悲しかったね。

下は、ひどい映画だったと悲しい映画だったの両方の可能性が考えられます。

take a drag

smoke

「たばこを吸う」の意味ですが、特にその一呼吸、吸い込むことにフォーカスした表現です。

He took one last drag from his cigarette before going inside.
彼は中に入る前に、最後に煙草を吸いこんだ。

Can I take a drag from your cigarette?
あなたのたばこをひとくち吸っていい?

下の例文なども、1本をほしいのではなく、捨てる前にひとくち吸わせてくれないかといった意味になります。

この「煙草を吸う」の使い方は、ロイヤルヨルダン航空がジョークとして「機内での喫煙と機内での引きずること」をかけて使っているのをご紹介しています。

dress in drag

これで「女装する」の意味になります。キレイに見せようなどではなく、特に楽しませるための度を越えたひどい感じの女装です。

He dressed in drag and sang Madonna songs all night.
彼は女装をして、一晩中マドンナの曲を歌った。

The respected doctor is a drag queen in his spare time.
その尊敬されている医者は空き時間に女装をする。

drag queenは辞書には「女装して女っぽく振る舞うホモ」とありますが、やや差別用語なので気を付けないといけない言葉です。

実際のニュース文より(dragとdown)

アプリ内で実際に流したニュースでは少しややこしい要素がありました。ニュースを抜粋してみます。

The police forcibly dragged the man out of his seat and down the aisle out of the aircraft.
警察は強制的にその男性を座席から引きずり出し、飛行機の通路を引きずって外に連れ出した。

これはさらに2つの文章に分解することができます。

①The police forcibly dragged the man out of his seat.
警察は強制的にその男性を座席から引きずり出した。

②The police dragged the man down the aisle out of the aircraft.
飛行機の通路を引きずって外に連れ出した。

①は特に問題なく上に説明したとおりひっぱる行為です。

②もひっぱること、ひきずることですがdownは「down the aisle」で「通路を」という意味になります。

I walked down the aisle.
= I walked along the aisle.
= I walked up the aisle.
私は通路を歩いた。

したがってdrag downの組み合わせではなく、down the aisleの組み合わせになっているのが少しややこしい部分です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方

    カタカナで「ノベルティ」といえば、企業がくれるボールペンなどの販促品、…

  2. 濃い薄い

    英単語の意味と使い方

    濃い・薄いの英語表現

    人口密度から味までさまざまな濃い・薄いが英語のニュースに登場しましたの…

  3. as if / as though

    イディオム・熟語・慣用句

    as ifとas thoughの違い

    as ifとas thoughの違いについては、基本的には同じものだと…

  4. taste

    和製英語とカタカナ英語

    taste(テイスト)の動詞・名詞での意味と使い方

    カタカナでもよく使われるtaste(テイスト)は英語ではまず動詞で「~…

  5. disputeとargue(argument)の意味の違い

    英単語の意味と使い方

    argue(argument)とdisputeの意味の違い

    disputeは名詞では「議論、論争」の意味で、argumentと同じ…

  6. angryとangerの意味の違いと使い方

    英単語の意味と使い方

    angryとangerの意味の違いと使い方

    angry(アングリー)が怒っているといった状態を表す言葉なのに対して…

おすすめ記事

  1. manager
  2. 仕事
  3. 花粉症
  4. hack(ハック)の意味と使い方
  5. 炎上




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. 中国でキラキラ・イングリッシュネームが増えている
  2. doping(ドーピング)とdopeの意味を考える
  3. 注射(shot / needle / injection)を打つのは英語でどういうか?
  4. annual(年に一度、年一回)の意味と使い方
  5. comfortable / comfortの意味と使い方
  6. apartの意味と使い方
  7. fall outの意味と使い方
  8. 「nuke(核兵器)」「nuclear(核の・原子力の)」の意味と使い方




PAGE TOP