recipientの意味と使い方、receiverとの違い

recipientの意味と使い方、receiverとの違い

recipient(レシピエント)は「受け取る人」のような意味で、賞の受賞者からメールや電話、宅急便の受取人まで幅広く使える言葉です。

「receive(レシーブ)」や「reception(レセプション)」と同じ語源です。似た意味の言葉でreceiver(レシーバー)があります。

recipientが1回切りの受取人を感じさせるのに対して、receiverは複数回にわたっている感じなど、少し言葉のニュアンスに違いがあるので例文にまとめました。

recipientの意味と使い方

recipientの意味と使い方

元は「receive(レシーブ)」と同じ語源で、何かを受け取る人のことで「受取人、受賞者、受益者」などを意味します。助成金から臓器、メール、電話、サービス、賞までかなり広い範囲での受け手のことです。

読み方はレシピエントが近いです。

recipient【risípiənt】

例文

When a package is delivered, the recipient must sign a piece of paper.

小包が配達されるとき、受取人は紙に署名しなければならない。

例文

He was the recipient of several awards for his work.

彼は彼の作品でいくつかの賞を受賞した。

例文

This package must be paid for by the recipient.

この荷物は受取人によって支払われなければならない(着払い)

例文

The recipient of the award must give a speech.

賞の受賞者はスピーチをしないといけない。

臓器移植でドナー・提供者(donor)に対しての、臓器を受ける側の人を指しても使います。

例文

The recipient of the donated organ survived the transplant.

提供された臓器のレシピエントは移植を耐え抜いた。

受け取る人を広くさせるので便利ですが、けっこう漠然とした感じの言葉でもあります。スポーツ関係ではwinner(勝者)みたいな言葉も使われるので、必ずしもrecipientでないといけないわけではありません。

例文

She is a five-time gold-medal recipient.

She is a five-time gold-medal winner.

彼女は5度のゴールドメダルの受賞者/勝者だ。

上の英語はどちらもスポーツ、芸術系の賞など分野を問わずに使われています。

以下の「客」を英語でどう呼ぶかの記事において、クロネコヤマトや佐川急便にとっての荷物の届けた先・配送先の相手は、直接の金銭取引がないのでなんて呼べばいいのか? となったときにrecipientといった言葉が当てはまりました。

recipientとreceiverの違い

recipientとreceiver(レシーバー)はほぼ同じでどちらも何かを受け取る人を意味しますが、recipientは普通は「人間・人」に対して使われ、receiverは「物体・物事」に対して使われることが多いです。

例文

She is a recipient of the highest award in television.

彼女はテレビ業界におけるもっとも高い賞の受取人(受賞者)だ。

例文

The satellite dish is a receiver of television signals.

衛星放送受信アンテナはテレビの信号を受信するものだ。

何回、受け取るのか?

しかし「receiver」が人間に対して使えないわけではありません。

受け取るのが「人」である場合には、どちらの言葉を使うかで受け取ることが何回起こっているかの雰囲気が変わります。

recipientであれば1回だけで、receiverの場合は何回も受け取っている印象を与えます。

例文

She is a recipient of the highest award in television.

She is a receiver of the highest award in television.

彼女はテレビ業界におけるもっとも高い賞の受取人(受賞者)だ。

どちらも同じ訳になりますが、recipientの場合はその賞を1度だけ受け取ったことを、receiverであればしばしば賞を受け取っていることをにおわせます。ただし、そう感じさせるだけではっきりしたことはわかりません。

スポーツでのreceiver

ほかにスポーツなどではreceiverはボールを受け取る人に対して使われることが多いです。その場合はrecipientとは普通はいいません。

例文

When we play doubles tennis, she is a better receiver than I am.

私たちがテニスでダブルスをするとき、彼女は私よりもボールを取るのがうまい。

例文

He is the best receiver in the NFL.

彼はNFLでもっとも良いレシーバーだ。

NFLはNational Football League(アメリカンフットボールのプロリーグ)のことです。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. shrink

    英単語の意味と使い方

    shrinkの意味と使い方

    shrinkは「減少する、小さくなる、縮む」などの意味で、衣服関係に使…

  2. ホワイトウォッシュ

    Movie / 映画・物語

    whitewash(ホワイトウォッシュ)の意味と使い方

    ニュースにwhitewash(ホワイトウォッシュ)という単語が登場した…

  3. behave / act

    英単語の意味と使い方

    behavior / behaveの意味と使い方、action / actとの違い

    actionとbehaviorはどちらも「行動・振る舞い」などを意味す…

  4. deem

    英単語の意味と使い方

    deemとconsiderの違い

    deemは「~と考える、~と見なす、~と判断する」を意味する言葉で、ま…

  5. peeve(pet peeve)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    peeve(pet peeve)の意味と使い方

    peeve(ピーブ・ピーヴ)とは日本語でいう「イラっとする」といった意…

  6. wash

    英単語の意味と使い方

    washを使った熟語・イディオム

    アプリの中で配信したニュースに、washをつかった別々の表現がたまたま…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. asas
  2. hack(ハック)の意味と使い方
  3. ファックについて
  4. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  5. ツイッター




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. come throughの意味と使い方
  2. hospital(ホスピタル)とclinic(クリニック)の違い
  3. stigma(スティグマ・烙印・汚名)の意味と使い方
  4. postpone(延期する)の意味と使い方
  5. nameの動詞・名詞での使い方
  6. firsthand / secondhandなど「hand(ハンド)」を使った英語表現
  7. need / in need of / needyの意味と使い方
  8. compromise(妥協・譲歩)の意味と使い方
PAGE TOP