rafting(ラフティング)とraft(いかだ)の意味と使い方

rafting(ラフティング)とraft(いかだ)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2022.09.5

raftはもともとは名詞で「いかだ」、動詞では「いかだで下る、いかだで行く」といった意味ですが、もう少し意味が広く平らな台のようなボート全般、ゴムボートのようなものを指して使うことができます。rafting(ラフティング)はそのまま「いかだくだり」となり、アクティビティ、スポーツとしてオリンピックの競技にもなっています。「white-water rafting(急流下り)」もあわせて使い方を整理しています。

raftの意味と使い方

raftの意味と使い方

動詞で「いかだで下る」です。木を組み合わせた伝統的な筏(いかだ)のほかにも、平らな台のようなボート全般に使えます。

例文

We rafted along the river.

私たちは川伝いにいかだで下った。

例文

I want to raft when we go camping.

私たちはキャンプに行く時はいかだで下りたい。

名詞では「いかだ」「ゴムボート」「浮台」ぐらいを表します。

例文

He built a raft out of sticks.

彼は棒でいかだを作った。

例文

The boat is equipped with inflatable escape rafts.

そのボートには膨らむ避難いかだが備え付けられている。

rafting(ラフティング)の意味

rafting(ラフティング)の意味

いかだで下ることで、「いかだ下り、川下り、ラフティング」の意味です。

例文

We enjoyed rafting on the lake.

私たちは湖でラフティングを楽しんだ。

例文

The park offers rafting lessons.

その公園はラフティングの授業を提供している。

white-water rafting

たくさんの岩がある水の上を速く下る「急流下り」のことです。急流だと水がぶつかって白く泡立つために「white-water」と呼ばれます。

例文

White-water rafting can be dangerous.

急流下りは危険になり得る。

例文

He was in an accident while white-water rafting.

彼は急流下りをしている間に事故にあった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  2. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  3. latestとlastの意味の違い
  4. Japanese
  5. shithole

最近の記事

  1. swirl(渦巻・ぐるぐる)とwhirlpoolの意味と使い方
  2. 「issue」と「problem」の意味の違い
  3. fight off(撃退する、追い払う)の意味と使い方
  4. subsidy(補助金・助成金・給付金)とsubside(弱まる)の意味と使い方
  5. alligator(アリゲーター)とcrocodile(クロコダイル)の違い
  6. piggyback(おんぶ)の意味と使い方
  7. latestとlastの意味の違い
PAGE TOP