protect / protection / protectiveの意味と使い方

protect / protection / protectiveの意味と使い方

動詞のprotect(プロテクト)は「保護する、守る」の意味ですが、日本語で考えた場合と同様に物理的な攻撃から守ることや、批判などから守ることまで幅広く使うことができます。

また何かから保護する場合には「protect from」と「protect against」が使われ基本的には同じ意味ですが、ニュアンスとして少し違いがでるケースもあります。

名詞がprotection、形容詞はprotectiveとなりますが、これもかなり広い意味での保護や守ることを示せるので使い方を例文でご紹介します。

protectの意味と使い方

protectの意味と使い方

動詞のprotectそのものは使い方はシンプルで「~を保護する、~を守る」といった意味です。発音は【prətékt】です。ほぼカタカナで「プロテクト」として使われています。

物理的な防御だけでなく、名誉やメンツのようなものも守ることや、批判から誰かを守ることなど、日本語と同じでかなり広い範囲の保護することに対して用いることができます。

例文

The refugee was torn between her love of her country and her need to protect her family.

その難民は祖国への愛と家族を守る必要性の間で決断できずにいた。

例文

The company apologized to try to protect its integrity.

その会社は誠実さを保とうとして謝罪した。

人間に対して直接つかった場合でも批判などから守ることや暴漢などから守ることのどちらにも使えます。

例文

I protect him from criticism.

私は彼を批判から守っている。

例文

I protected her from the robbers.

私は彼女を強盗から守った。

protect from / protect againstの違い

protect from / protect againstの違い

問題になるのは「〇〇から保護する」のように、攻撃してくるような相手を伴った表現の場合にfromを使うか、againstになるかの疑問です。

基本的には「~から守る、~から保護する」のように同じ意味で置き換えても問題ありません。

againstを使うと、攻撃してくるもの、向かってくるものに対して、抵抗する、防御する、保護するといったニュアンスを感じさせます。

fromだと相手の攻撃の意思があるわけではなく、そもそも「近づけない、寄せ付けない」といった意味での保護を感じさせます。

これらの境界線は曖昧なので基本的なニュアンスの差はあるものの以下の例文は両方OKです。

例文

Take this vest, it will protect you from the bullets.

Take this vest, it will protect you against the bullets.

このベストをつけて。これはあなたを弾丸から保護するでしょう。

例文

This cloth protects my table from dust.

This cloth protects my table against dust.

この布はテーブルをほこりから保護する。

例文

You should eat oranges to protect yourself from the flu.

You should eat oranges to protect yourself against the flu.

インフルエンザから身を守るためにオレンジを食べるべき。

fromを使うと弾丸、ほこり、インフルエンザのウイルスは、周囲に自然に、日常的に存在しており、それらから守るといったニュアンスになります。

againstだと私たちに向かってくる弾丸、ほこり、インフルエンザから身を守りますよといった感じになります。

どちらでも解釈が可能で、ネイティブスピーカーに作ってもらった例文なので、基本的にはどちらも違和感のない文章になっています。

fromとagainstで違いが出るケース

このニュアンスの差は多くのケースでは問題にならず同じと考える人もいます。

しかし、わずかにニュアンスに差が出るケースもあり、その場合はprotect from / againstの違いは海外サイトを見ても論争があります。

例えばワクチンの扱いなどが該当します。これも感覚レベルの話なので参考程度にお考えください。

例文

The vaccine protects against peanut allergies.

The vaccine protects from peanut allergies.

そのワクチンはピーナッツアレルギーから守る。

この場合に論争になるのが「protects from peanut allergies」と書くことです。fromで書くとニュアンス的に奇妙さが少し出るといった程度の差です。

ワクチンの役割としてピーナッツアレルギーを遠ざけている、近寄らせないと考えるとちょっと変だという意見がありました。

そもそもアレルギーはピーナッツを食べるから生じるわけですが、すでに体の中にピーナッツがあるのにワクチンが「from」でピーナッツアレルギーから保護してくれていると考えることが、微妙なところだといえます。

これもネイティブスピーカーによって解釈がわかれそうなレベルです。

protectionの意味と使い方

protectionの意味

名詞がprotectionで「保護、保護すること」になります。日本語の「保護」が幅広く指せるように、英語のprotectionもシンプルに肌を守ったりするものや、データなどの保護まで幅広い意味があります。

例文

I use this cream as protection against the sun.

私はこのクリームを日焼け防止に使う。

例文

She carries a knife for protection.

彼女は身を守るためにナイフを持ち歩いている。

日焼けや護身といった物理的な防御のほかにも、概念として「みかじめ料」や破産申請したときの会社の保護といった法律関係でもよく見かけます。

例文

The yakuza member was arrested for running a protection racket.

ヤクザの組員は用心棒代の取り立てをして逮捕された。

例文

He filed for unemployment after his company filed for bankruptcy protection.

彼の会社が破産保護申請をした後で、失業手当を申請した。

protector(プロテクター)の意味と使い方

protector(プロテクター)

protector(プロテクター)はそのままカタカナになっている感じもありますが、保護するための道具・器具と思っても間違いないと思います。

例文

The helmet has a face-protector.

そのヘルメットは顔を保護するものがある。

最近、プロ野球でも見かけますが頭だけでなく顔の部分を保護するパーツがついたヘルメットもあります。

以下の文章は少し意味がかわります。

例文

You should wear eye-protection.

You should wear an eye-protector.

あなたは目を保護するものを身に着けるべきだ。

eye-protectionといえば目を保護するもの全般を指せるので、サングラスから目を保護する目薬、工場なら専用のゴーグルみたいなものまで可能であり、文脈によって指す内容が異なります。

一方でeye-protectorといえば特定の器具を指すことになります。

protector(保護する人、守る人)

人間に対してprotector(保護する人、守る人)を使うことはできますが、けっこう漠然とした意味になるので特定の文脈でしか登場しません。

例えば警備員ならばsecurity guard、子供の保護者ならばguardian、サッカーでゴールを守る人はkeeperなど、もっと具体的にいえる言葉があります。

あえてprotectorという漠然とした言葉遣いをする必要性があまりありません。以下の例文のように言い換えて使うような文脈なら見るかもしれません。

例文

The keeper is the protector of the goal.

キーパーはゴールを守る人だ。

例文

The security guard is the protector of the bank.

警備員は銀行を守る人だ。

protective(形容詞)の使い方

protective(形容詞)

protectiveが形容詞でそのまま「保護する、保護用の」の意味になります。発音は【prətéktiv】です。

例文

People need to wear protective suits when using radioactive material.

人々は放射性物質を使うときには保護服を着る必要がある。

例文

The Earth has a protective layer of gases called the atmosphere.

地球は大気とよばれるガスの保護的な層がある。

例文

The clothes have a protective coating to prevent fading.

その服は色があせないように保護のコーティングがされている。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. チラシ

    和製英語とカタカナ英語

    キャッチコピー(Catchcopy)は和製英語か?

    日本語のキャッチコピーはちょっと和製英語ぎみの使い方になるそうです。業…

  2. attend

    英単語の意味と使い方

    attend(世話をする、出席する)の意味と使い方

    attendには大きく「世話をする」の使い方と、何かに「出席する」の2…

  3. demand

    英文法とライティング

    demandの使い方と仮定法現在

    demand(デマンド)は大きく2種類の使い方をされているのを見かけま…

  4. headline / headliner

    英単語の意味と使い方

    headline / headlinerの意味と使い方

    headlineはニュースなどの「見出し」の意味でよく使われますが、音…

  5. alike

    英単語の意味と使い方

    alike / similar / sameの違い

    簡単なように見えて聞きなれない感じもする「alike」がニュースに登場…

  6. パックとパッケージ

    英単語の意味と使い方

    pack / packet / package / packaging / packing / pa…

    これらは荷物や箱に入ったものの関連の単語で、それぞれ近いものを指してい…

おすすめ記事

  1. middle finger
  2. hatena
  3. mimic
  4. Japanese
  5. 〇〇風




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. like(~のような・~のように)の意味と使い方
  2. invade / invasive / invasionの意味と使い方
  3. restの動詞・名詞での意味と使い方
  4. result inとresult fromの意味の違い
  5. carry onの意味と使い方
  6. break out / outbreakの意味と使い方
  7. make one’s way / make wayの意味と使い方




  1. アイス

    アメリカ

    かき氷やアイスクリームの英語
  2. アーティスト

    資料

    アーティスト編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人
  3. historicとhistoricalの違い

    英単語の意味と使い方

    historicとhistoricalの違い
  4. やまもといちろう

    国内イベントのレポ

    やまもといちろう-戦いの軌跡-のレポート
  5. プロポーズ

    英単語の意味と使い方

    propose(プロポーズ)とproposalの意味と使い方
PAGE TOP