outlet(アウトレット)の意味と使い方

outlet(アウトレット)の意味と使い方

英語でoutlet(アウトレット)といえば何かの「出口、出ていく場所」を幅広くさせる言葉です。よく見かけるのは電気の出口という意味での「コンセント」です。

ほかにも企業にとっては作った製品が出ていく場所という意味で「店舗」といった使い方や、ストレス発散などの「はけ口」といった意味もあります。

アウトレットモールやアウトレットストアといった使い方や、傷物やわけあり品を指してのアウトレットについてもまとめています。

outlet(アウトレット)の意味と使い方

outlet(アウトレット)の意味と使い方

outletそのものは「出口、はけ口、出て行く場所」といった意味で何かが出ていく場所を広くさせます。広い意味では排水溝やエアダクトのようなものも含まれてきます。

日常の生活で最も見かけるoutletの使い方といえば、いわゆる「電気のコンセント」のことです。

正確には「electrical outlet」ですが、だいたいアウトレット(outlet)やソケット(socket)で表現されます。

例文

Don’t stick a fork in the (electrical) outlet.

フォークを電気のコンセントにさすな。

例文

There aren’t enough outlets in this room.

この部屋には十分なコンセントがない。

カタカナの「コンセント」がどういった由来で、何を指しているのかは以下の記事にまとめています。英語でconsentといえば「同意・承認」を意味します。

media outlet

outletは「出口、出ていく場所」の総称でよく見かける言葉では「メディアの支局」を意味するmedia outletなどがあります。

全国ネットの番組を配信する地方局を指すことが多いようですが「支局」や「~局」といった意味になります。情報が私たち一般人に向けて出ていくような場所の総称です。

例文

The company sent the press release to major media outlets.

その会社は大手のメディアの支局にプレスリリースを送った。

例文

China’s state-run media outlet Xinhua unveiled their newest newscaster, an AI controlled avatar.

中国の国営通信社「新華社」が最新のニュースキャスター、AIに制御されるアバターを公開した。

店舗

また「店舗、お店」の意味でもよく登場します。これは業種を問わないので飲食業などにも見られます。

これも作った商品が最終的に外に出ていく場所と考えることができます。

例文

Burger King closed 20% of their outlets.

バーガーキングは店舗の20%を閉鎖した。

例文

The new bag will be available from December 1 at all Mistukoshi outlets.

新しいバッグは12月1日より三越の店舗で入手可能だ。

感情などのはけ口

感情などのはけ口、ストレスの発散方法といった感じでも使われることがあります。

例文

Playing soccer is my outlet.

サッカーをすることがストレス発散なんだ。

例文

He uses painting as an outlet.

彼は絵を描くことをアウトレットにしている。

カタカナのアウトレット / アウトレットモール

カタカナのアウトレット /アウトレットモール

カタカナのアウトレットは傷のついた商品、B品で安く買えるものをイメージしてしまいますが言葉の定義も変わってきているようです。

少なくとも現代の英語において「傷ものの商品」といった意味はなく、そのまま英語にしても意味が通りません。

例文

This chair is outlet.

(この言い方はしない)

しかし「outlet mall(アウトレットモール)」という言葉は存在しています。

例文

This is an outlet mall.

ここはアウトレットモールだ。

Wikipediaの情報ですが、outlet store(アウトレットストア)は1930年代のアメリカで工場で生産する中でできてしまった傷もの商品を、低価格で従業員に販売していたことに起源があるそうです。それが後に従業員でない人にまで拡大されていきます。

さらにそういった工場から直接の出口となるようなアウトレットストアが複数集まってアウトレットセンターができ、やがて大型のアウトレットモールに発展していきます。

現代では工場からの直接の販売窓口となっているだけで、特に傷ものやB品だけを扱っているわけではないので、日本語では「直販」や卸業者を通さない「なかぬき」などが近い言葉じゃないでしょうか。

日本国内に9店舗ある「プレミアム・アウトレット」の公式サイトでは以下のように説明されています。

プレミアム・アウトレットとは?

「プレミアム・アウトレット」は、国内外の著名ブランドが直接出店する、アメリカで完成された本格的アウトレット専業のショッピングセンターです。施設はアメリカの街並みをイメージして作られており、アメリカの街並みを散策しているような、非日常的でかつ開放感あふれる空間で1日中ショッピングをお楽しみいただけます。

この「プレミアム・アウトレット」は国内9店舗、アメリカに30店舗をはじめ世界中にモールがあるので「アウトレットモール」といえば、この会社の運営する「プレミアムアウトレットモール」を指す固有名詞のように聞こえてしまう可能性もあるかもしれません。

factory outlet

factory outlet

特にfactory storeやfactory outletと呼ばれるものは、何らかの事情により工場から直接販売されているような傷ものや型落ち品などを売っていたりします。

factory outlet

オーストラリアのNIKEのファクトリーストア

NIKEでいえばNIKEのストアといえばショッピングセンターや路面店できれいにシューズが陳列されていたりしますが、factory storeやfactory outletになるとちょっと傷んだ箱が無造作に積まれているようなお店になります。

参考:Outlet store(Wikipedia)

傷もの、B品、わけあり商品を英語でどういうか?

明確に傷ものならばscratchedやdamagedあたりでいいんではないでしょうか。

例文

They sell scratched items at a low price.

They sell damaged items at a low price.

彼らは傷ものの商品を低価格で売っている。

ほかにもflawed(不備のある、傷のある)やdefective(正常に機能しない、欠陥のある)、imperfect(不完全な)あたりも候補にあがってきます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. honor / honorable / honorary / honorablyの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    honor / honorable / honorary / honorablyの意味と使い方

    honorは名詞と動詞での使い方があり「尊敬、敬意、名誉」や「敬意を表…

  2. stunt(スタント)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    stunt(スタント)の意味と使い方

    stunt(スタント)は映画などで行われる危険なシーンを指しても使いま…

  3. behave / act

    英単語の意味と使い方

    behavior / behaveの意味と使い方、action / actとの違い

    actionとbehaviorはどちらも「行動・振る舞い」などを意味す…

  4. 英単語の意味と使い方

    correspondの意味と使い方

    correspond(コレスポンド)は「一致する、合致する、対応する、…

  5. 「列に並ぶ」「一列に並んでください」を英語で言うには?

    英単語の意味と使い方

    「列に並ぶ」「一列に並んでください」を英語で言うには?

    ここでは主に「line(ライン)」を使って「列に並ぶ」「一列に並んでく…

  6. リゾート

    英単語の意味と使い方

    resort(リゾート)の意味と使い方

    カタカナでは行楽地・保養地として知られるリゾートの意味もありますが、そ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. ファックについて
  2. 仕事
  3. 日本人と無神論
  4. 支持する
  5. yera-old




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 使役動詞のgetとhaveの使い方の違い
  2. get it doneの意味と使い方
  3. carryとcarry outの意味と使い方
  4. flourishの意味と使い方
  5. 「刑事・探偵」のdetectiveとsleuthの意味と使い方
  6. erupt / eruptionの意味と使い方
  7. up forの意味と使い方
PAGE TOP