lost(ロスト)の意味と使い方

lost(形容詞)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.10.21

「lose(負ける、失う、迷う)」の過去形・過去分詞であるlost(ロスト)は、lostとして形容詞でも使われることも多い単語です。「負けた、敗北した」の意味以外でも「行方不明の」「失われた、無くなった」「途方に暮れた」といった意味でも使われます。

このページではlostの形容詞での使い方を例文にまとめています。

行方不明の、迷子になった

行方不明の、迷子になった

場所が分からないことで、形容詞で「行方不明の、どこにあるか分からない、道に迷った」などを意味します。

例文

I met some lost tourists downtown.

私は繁華街で道に迷った観光客に会った。

例文

My keys have been lost for days.

鍵が数日間、なくなったままだ。

例文

The book was lost for years, but a librarian found it behind a shelf.

その本は数年間、行方不明だったが、司書が棚の後ろで発見した。

同名の人気テレビドラマに『LOST』がありますが、おそらくこの「行方不明の、どこにあるか分からない」などの意味からだと思います。

LOST コンパクトBOX 全巻セット (シーズン1-6) [DVD]

LOST コンパクトBOX 全巻セット (シーズン1-6) [DVD]

15,715円(07/30 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

missingとlostの違い

missingともオーバーラップする部分もあって置き換えられるケースもあります。

missingは行方不明であり謎が残っていない、lostはどこかに行ってしまって戻ってこない「gone」に近いような状態です。

以下は置き換えられるケースです。

例文

My keys have been missing for days.

鍵が数日間、なくなったままだ。

例文

The book was missing for years, but a librarian found it behind a shelf.

その本は数年間、行方不明だったが、司書が棚の後ろで発見した。

しかし「行方不明の、迷子になった」以外の意味で使われるケースもあるので、全部が置き換えられるかといえばそうでもありません。

また以下のように意味が変わる場合もあります。

例文

I met some missing tourists downtown.

私は繁華街で行方不明の観光客に会った。

失われた、無くなった、亡くなった

失われた、無くなった、亡くなった

何かが無くなったり、誰かが亡くなったりして決して戻ってこないことを表します。形容詞で「失われた、無くなった、亡くなった」です。

例文

He regretted the lost opportunity.

彼は失われた機会を後悔した。

例文

When the library was burned, many works were lost forever.

図書館が燃えて、多くの作品が永遠に失われた。

例文

The statue honors the lost soldiers of the war.

その像は戦争で亡くなった兵士たちに敬意を表している。

途方に暮れた、困ってしまった

形容詞で「途方に暮れた、困ってしまった」といった意味もあり、状況に対処できずにどうしていいか分からないことを表します。

例文

I was lost during the whole exam.

私はすべての試験の間、途方に暮れていた。

例文

She felt lost without her parents.

彼女は両親がいなくて、どうしていいか分からなく感じた。

負けた

形容詞で「負けた、敗北した」の意味でも使えます。

例文

He can’t stop thinking about the lost championship game.

彼は負けた決勝戦について考えるのをやめられない。

例文

A book was written about Clinton’s lost election in 2016.

本は2016年のクリントンの敗北した選挙について書かれていた。

これは「lose(負ける)」の過去形・過去分詞と同じです。

例文

He will lose the game.

彼は試合に負けるだろう。

例文

He lost the game.

彼は試合に負けた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. street

    英単語の意味と使い方

    「down the street」と「up the street」の違い

    英語では「walk "up" the street」や「walk "d…

  2. meanの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    mean(意味する・意地悪・平均)の意味と使い方

    mean(ミーン)といえば「意味する」がよく知られていますが、他にも形…

  3. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方

    limit(リミット)はカタカナと同じように「限界、制限」の意味のほか…

  4. virtual(バーチャル)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    virtual(バーチャル)の意味と使い方

    virtual(バーチャル)はよく「仮想の」あるいはそのまま「バーチャ…

  5. raw

    英単語の意味と使い方

    rawの意味と使い方

    rawは「生の」という意味で刺身や生肉を指して使われる以外にも、未加工…

  6. dead, die, deathの意味と違い

    英単語の意味と使い方

    dead(デッド)/ die(ダイ)/ death(デス)の意味と使い方の違い

    死に関連する基本的な単語ですが違いがあり、いまいち日本語の感覚とズレて…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん
  2. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  3. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言
  4. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  5. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)

最近の記事

  1. shoot(シュート)とshot(ショット)の違い
  2. burnout(バーンアウト)の意味と使い方
  3. regardless (of) / irregardlessの意味と使い方
  4. velvet(ベルベット)とvelvetyの意味と使い方
  5. complete(コンプリート)の意味と使い方
  6. cover up(カバーアップ)の意味と使い方
  7. danger / dangerous / endangered / endangerの意味の違いと使い方
  8. pinch(ピンチ・つまむ)の意味と使い方
PAGE TOP