lineとseriesの違いについて

ラインとシリーズ

英語でlineが使われた場合、大きくいくつかの意味に分けることができます。1つは列、線などの意味で、もう1つが文章などのセンテンスの意味です。

さらによく見かけるのが日本語の○○シリーズに相当する言葉としてのlineです。

カタカナになってしまっている「シリーズ」はかなり細かな差ですがlineで表現できるものがけっこうあります。

ほぼ同じ意味で使うケース

突き詰めると細かな差がありますが、以下の2つに関していえばほぼ同じです。

Nike’s new line of sneakers are selling well.
Nike’s new series of sneakers are selling well.
ナイキの新しいスニーカーのライン/シリーズはよく売れている。

Mr. Donut started a line of low-fat donuts.
Mr. Donut started a series of low-fat donuts.
ミスタードーナツは低脂ドーナツのライン/シリーズをはじめた。

しかし、文章を読むと明らかに使い分けがされているケースもあることがわかります。

ミスドの新商品

ニュースで取り上げたのはミスタードーナツの低脂肪のドーナツ3種類です。従来のドーナツより40%脂質が少ない商品で、「きなこ」「紫いも」「プレーン」の3種類が2017年の3月頃に発売され夏まで継続するようです。

ミスド

今回のニュースのドーナツをイメージしてもらいながら、以下の文章を読むとわかりやすいです。

This line will end in late-August but the series will continue.
このラインは8月の下旬に終わるが、シリーズは継続するだろう。

The next line will be in the summer.
次のラインは夏に登場するだろう。

今回の低脂シリーズは「きなこ」「紫いも」「プレーン」の3種類ありますが、これが「line」にあたる商品です。

上の文章は、このラインは8月下旬に販売終了しますが、その次は「かぼちゃ」「すいか」「めろん」などの新味の低脂ドーナツが登場するかもしれません。これは「series」が続いていることになります。

The next series will be in the summer.
次のシリーズは夏に登場予定だ。

上のように書くと「低脂ドーナツ」のシリーズではない、何か次の「ハイカロリードーナツ」「ポンデリング四天王」など別のシリーズが登場することを意味します。

エアジョーダンの場合

Nikeのエアジョーダンは人気のシューズですが、エアジョーダン自体は20年以上も続くシリーズであって、それを「new series」というのは変だという話になります。

▲ Nike’s new series of Air Jordan sneakers are selling well.

エアジョーダンそのものがシリーズであって、個々の新作に対してはシリーズとはいいません。

毎年のように新しいモデルが登場しますが、2017年版のAir Jordan 2017の売れ行きが良いならば以下のように表現するのが自然です。

Nike’s new line of Air Jordan sneakers are selling well.

エアージョーダンの新しいやつは売れ行きが好調だ。

日本人にはなじみのない単語で、細かな差ですが文脈によっては明らかに使い分けがされるべき単語です。

オイルカット

余談になりますが今回のシリーズは「オイルカットドーナツ」とカタカナで表現されていますが、スティーブにいわせると、これも意味がはっきりしないそうです。

通常の油ではなく、例えば脂質が低いサラダ油などでドーナツを揚げても、サラダ油も「oil」なので、これだとオイルカットになりません。

公式ページに小さく注意書きで「※オイルとは栄養成分中の脂質を指します。手づくりですので、多少の誤差があります。」とあります。

この場合、脂質を指しているならばそれはfat(脂質)であり、low-fat donutsと表現はできますが、オイルカットとは英語では表現しません。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. prohibitの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    prohibit(禁止する)/ prohibitedの意味と使い方

    prohibitは「禁止する、禁じる」の意味で、規則やルールによって規…

  2. parlor(パーラー)

    英単語の意味と使い方

    parlor(パーラー)の意味と使い方

    アメリカ英語ではparlor、イギリスではparlourと書かれ、カタ…

  3. putとplace

    Area / 場所・地域・国・方角

    placeの意味と使い方、putとの違い

    動詞で使った場合にはどちらも「置く」で一緒ですが、placeのほうが注…

  4. gratefulとthankful

    英単語の意味と使い方

    gratefulとthankfulの違い

    gratefulとthankfulはどちらも「感謝する、感謝している、…

  5. fly

    英単語の意味と使い方

    flyの過去形と過去分詞は?

    「飛ぶ」の意味で知られる基本単語のflyですが、想像はつくけど意外な意…

  6. deem

    英単語の意味と使い方

    deemとconsiderの違い

    deemは「~と考える、~と見なす、~と判断する」を意味する言葉で、ま…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 眼鏡
  2. ジブリ
  3. ハンバーグ
  4. 保証する
  5. 外国人




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. imposeの意味と使い方
  2. frenzyの意味と使い方
  3. ピーマン / パプリカ / 唐辛子 / ペッパー・胡椒を英語でどう言うか?
  4. otherwiseの意味と使い方
  5. faith / faithfulの意味と使い方
  6. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方
  7. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方
  8. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い




PAGE TOP