lick(なめる)の意味と使い方

lick(なめる)の意味と使い方

lickは動詞で「なめる」の意味になりますが、名詞でも「ひとなめ」といった使い方もできます。またこの「ひとなめ」は少量の何かを指す場合にも用いられます。

日本語では対戦相手などに対して過小評価する、甘く見る、あなどるといった意味で「なめる」が使われますが、英語でどういうべきかも整理してみました。

ここではlickという単語全般の使い方を整理しています。音楽関係でも登場する言葉です。

lickの意味と使い方

lickの意味と使い方

lickは動詞で「~をなめる」または名詞で「なめること」といった意味があります。動詞の活用はそのまま過去形・過去分詞ともに「licked」です。

例文

She licked the ice cream fast because it was melting.

彼女は速くアイスクリームをなめた。なぜなら溶けていたからだった。

例文

The dog jumped up and licked her face.

犬は飛び上がって、彼女の顔をなめた。

以下は名詞の使い方です。日本語の発想からは出てこない英語らしい表現だといえます。

例文

The candy was so sour he quit after two licks.

そのアメはとても酸っぱかったので、彼はふたなめしてやめた。

例文

She gave the envelope a lick and sealed it.

彼女は封筒をなめて、封をした。

打ち負かす、やっつける

「打ち負かす、やっつける」の意味もあり、英語では「defeat」「overcome」が近い言葉です。

なぜこの意味になるのかは、おそらく聖書にそういうエピソードがあるからだろうといった話です。

例文

We won’t give up until we’ve licked this problem.

この問題を克服するまであきらめないだろう。

例文

They totally licked the other team in the playoffs.

彼らは完全にほかのチームをプレーオフで打ち負かした。

日本語の「なめる」との違いについては最後の項目でご紹介しています。

少量、わずか

少量、わずか

ひとなめといった感じから「わずか、少量」の意味があります。ただし、たいていnotを使った「否定文」で使われるので「わずかの〇〇もない」といった意味になります。

例文

There isn’t a lick of truth in what he said.

彼の言ったことに、これっぽっちも真実はない。

例文

He can’t understand a lick of Chinese.

彼は中国語を少しも理解できない。

リック(音楽)

楽器演奏での短いフレーズを指しても使われます。ギターでいう「リフ(riff)」と同じような意味です。印象的な短いフレーズです。

例文

He could play all of Charlie Parker’s saxophone licks.

彼はすべてのチャーリー・パーカーのサックスのリックを演奏することができた。

例文

You need to know these key licks to become a professional drummer.

プロのドラマーになるために、これらの重要なリックを知る必要がある。

相手を「なめる」

相手を「なめる」

日本語では対戦する相手などを過小評価する、見下す、甘く見る、見くびる、あなどるといった意味合いで「なめる」が使われることがあります。

「相手をなめている」「野球をなめている」「仕事をなめている」のような意味や、否定文で「なめるな!」の形で使われることが多いです。

これをそのまま英語でlickと表現すると「打ち負かす、やっつける」の意味があるので、真逆の意味になりかねません。

例文

He licked his opponent.

彼は敵を打ち負かした。

「見下す、甘く見る、見くびる」はいろんな言い方があります。

「take 〜 seriously」が「真剣に受け止める、本気で考える」みたいな意味があるので、これを否定すると「~を甘く見る、~をなめる」の意味に近くなります。

例文

He didn’t take his opponent seriously.

彼は敵を甘く見た(本気で考えなかった)

例文

He doesn’t take business seriously.

彼はビジネスを甘く見ている。

例文

Donald Trump didn’t take the coronavirus seriously.

ドナルド・トランプはコロナウイルスを真剣に受け止めなかった。

underestimate(過小評価する)といった言葉もありますが、これを書くと「負け」を感じさせます。

例文

He underestimated his opponent.

彼は敵を過小評価した。

上の例文だと「彼は負けた」と読む人に感じさせる部分があります。またunderestimateの本来の意味は実際より低く評価することです。必死に考えた末に下回った評価を導きだしてしまうこともあるわけで、それは必ずしも相手をバカにしていたり、なめていたわけではない可能性があります。

ほかにも「mock」や「make light」あたりも類義語の候補になります。

例文

Don’t make light of the coronavirus.

コロナウイルスを甘く見るな。

例文

He mocks his opponents.

彼は対戦相手をバカにしている。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. destroy(デストロイ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    destroy(デストロイ)の意味と使い方

    destroy(デストロイ)は動詞で「破壊する」の意味ですが、これは建…

  2. restの動詞・名詞での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    restの動詞・名詞での意味と使い方

    rest(レスト)は大きく意味をわけると「休憩する、休憩」の意味と、「…

  3. ストレッチ

    英単語の意味と使い方

    stretch(ストレッチ)の意味を考える

    英語のstretch(ストレッチ)は伸びる、伸ばすことであり、カタカナ…

  4. constantlyとconsistentlyの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    constantlyとconsistentlyの意味の違い

    constantly(コンスタントリー)とconsistently(コ…

  5. bring upの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    bring upの意味と使い方

    bringそのものが広い意味があり、それにupがついてもやっぱり広い意…

  6. アコモデーション(accommodation)

    英単語の意味と使い方

    accommodation / accommodateの意味と使い方

    accommodation(アコモデーション)は主に「宿泊施設」を表す…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. タクシー
  3. hack(ハック)の意味と使い方
  4. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  5. ifと仮定法




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. brute / brutal / brutalityの意味と使い方
  2. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方
  3. structure / restructureの意味と使い方
  4. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  5. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  6. spare(スペア)の意味と使い方
  7. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
PAGE TOP